海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

駐在・出張 お役立ち情報

元客室乗務員が語る!到着後すぐに移動するために、機内で準備できる事あれこれ

更新日:

海外出張をする際に、つい仕事で疲れていたり時差で眠れなかったりと、機内での時間をうまく活用できていない人も少なくないのではないでしょうか。

今回は、客室乗務員のお勧めする到着後スムーズな移動のためのあれこれをご紹介します。

1.書類作成

1つ目に、機内で必要書類の記入を完成です。

目的地の国によって提出しなければならない書類はさまざまです。

あらかじめどの書類を記載しないといけないのかをしっかり把握しておくようにしましょう。

特に経由地がある場合はその国には入国しない場合、最終目的地の入国カードの記載をしなければなりません。

客室乗務員は全員にすべての書類をお持ちしますが必要なものの記載を早めにしておくことをお勧めします。

税関申告書も忘れずに記載しておきましょう。

もし分からないことがあればすぐに客室乗務員に聞くことができますし、到着してから記載して知ると入国審査にすごく時間がかかってしまう場合があるので必ず完成してから降機しましょう。

2.携帯電話の設定

2つ目に、携帯電話の設定変更です。データローミングをオフにしたり、機内モードに設定したままにしておいたりして、海外での無駄なデータ量を消費しないようにしておきましょう。

また、時差に合わせて現地時刻に時間を合わせましょう。

同時に腕時計の時間も早めに変更することで機内にいる時から現地時刻に合わせた過ごし方ができるためお勧めです。

日付変更線を通過する場合は時間だけではなく、日付もきちんと確かめておきましょう。

3.身支度

3つ目にアメニティセットなどを利用しての身支度です。

ロングフライトや深夜便、特にビジネスクラスでは充実したアメニティセットが用意されています。

パジャマなどまで用意されている場合もあるので、仕事に備えて思い切りリラックスすることができます。

深夜便の際は朝食のサービスが終われば、温かいお飲み物をお持ちして、少しすればすぐに着陸態勢に入ってしまいます。

その後は一切席を立つことはできないので早めに洗顔や、歯磨き、髭剃りやヘアセットなどを済ませておくことをお勧めします。

食事の後や、着陸態勢前はお手洗いが非常に混み合いますのでそれを見越して早めに行動しておくと良いでしょう。

4.現地情報の確認

4つ目にwifi環境のある機内ならインターネットで情報チェックをしておくことです。

最近では機内にwi-fiが搭載されている飛行機が増えています。

有料である場合もありますが無料で使用できるキャリアも増えているのが特徴です。

Wi-fiを利用して仕事に必要なメールチェックなどの確認をしておきましょう。到着空港ではwi-fiがうまく繋がらないこともしばしばあります。

また、現地のクライアントや会社の人が空港でピックアップしてくれるといったケースも多いので、メールを到着後チェックしたりする時間はありません。メールチェックに加え現地の情報など調べておくべき情報を一気に調べることで効率性を上げていきましょう。

5.まとめ

機内での時間を有効活用することによってスムーズかつスマートに現地です具に行動できるように工夫しましょう。そうすることで、よりビジネスに集中することができたり、ゆとりのある行動を取ることができます。

皆さんの快適な海外出張をお祈りします。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

海外在住中に転職するために|転職エージェント各社紹介 3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-駐在・出張 お役立ち情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2021 All Rights Reserved.