ワンランク上の海外駐在、海外出張を実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

雑記

ビジネス英会話を効率よく習得するための具体的なコツと勉強法5選!

更新日:

企業の海外進出など、企業内で英語を必要とする業務が増え、ビジネス英会話を話せる人材への需要も高まっています。

海外で働く人に限らず、国内でも英語力が求められる機会が増えてきました。

皆さんも、その必要性を感じているのではないでしょうか。

ビジネス英会話を身に着けることは、今はビジネス課題の一つとされています。

「英語が話せるようになりたい」でも、「何から勉強したらいいのかわからない」

そんな方のために、ビジネス英会話を身に付ける方法と効率よく英会話を習得するためのコツ5選をご紹介します。

1.ビジネス英会話と日常英会話の違いとは?

まず、ビジネス英会話と日常英会話の違いを説明します。

「ビジネス英会話」という言葉を聞くと思いますが、そもそもビジネス英会話とはどういうものでしょうか。

アメリカなどでは、英語圏のビジネスパーソンが会社で使っている英語、会話をビジネス英会話と呼んでいますが、実際のところは「ビジネス英会話」という種類の英語、会話はありません。

日本語でも「ビジネス日本語」はありませんよね。

それと同じように、ビジネス英会話は、普通の英語、英会話の丁寧バージョンだと考えてください。

つまり、ビジネス英会話を使えるようになるには、普通の英語、日常会話で使う英語を身に付けた上で、それを丁寧な言い方にすればいいというわけです。

2.ビジネス英会話を身に付ける方法とは!

書店に行けば、ビジネス英会話の教材などがたくさんあります。

しかし、そんな教科書通りに会話をする可能性は少なく、お決まりのフレーズを暗記しても何の役にも立ちません。

ビジネス英会話を身に付けるために必要なのは、どんな状況でも柔軟に対応できるように、自分の言いたいことを自分の言葉で表現する英作文力です。

そのため、ビジネス英会話を使えるようになるには、最初に、正しい文法を使って瞬時に英文を組み立てて言うためのトレーニングが必要です。

そのためには、以下の勉強が必要です。

・英作文トレーニングで正しい文法を体で覚える

・ビジネスの現場でよく使われる表現パターンを覚える

・個別のシチュエーションに柔軟に対応する

では、次に、効率よく英会話を習得するためのコツをご紹介します。

3.効率よく英会話を習得するためのコツ5選とは!

では、英会話を習得するためには、何をすべきなのでしょうか。

実践的な練習の積み重ねが重視されているように、語学の勉強だけでは英語を話せるようにはなりません。

英会話力を習得するためには、ジェスチャーやリアクション、表現などの非言語的コミュニケーションも大切な要素です。

文字通り、英会話は英語を使ったコミュニケーションです。

単語帳や問題集だけでは、なかなか習得することはできません。

そのためにも、英会話を習得するコツを知って効率的な英語力を伸ばしていきましょう。

A. 中学校レベルの基礎英語が重要

日本の各観光名所や飲食店などで外国人を見かけることが多くなりました。

その英語圏の外国人たちの会話を聞いていると、7~8割の方が簡単な単語で会話をされていることがわかります。

ネイティブ相手とスムーズな英会話を楽しむには、「語彙(ごい)」と「文法」の基礎が必須です。

語彙(ごい)とは、言葉・単語という意味です。

一般的に、日常会話では2,000~3,000語の語彙量が必要だとされていますが、中学校レベルの英語を習得することで十分話せるようになります。

単語帳や参考書に載っているような難しい英単語を覚えるだけでは、実際に「使える英語」は身に付きにくいので、基礎に立ち返ってみましょう。

B. 単語単体ではなく、文章で話す努力をする

「単語単体で暗記しようとせず文章で覚えなさい」と英語教師から言われたことはありませんか。

単語を覚えるだけでは、英会話は成り立ちません。

単語だけでは、自分の意見を正確に伝えることは不十分です。

また、日本語同様、目上の方や初対面の方に質問されたときには、単語のみで返答するのは失礼な行為にあたります。

マナーにそった実践的な英単語にするためにも、英単語は必ず「文章化」して、「使う場面」と紐づけながら覚えることをおすすめします。

C. 単語は必ず「使うシーン」とセットで覚える

英単語は使うであろうシチュエーションを連想しながら覚えると、実際の場面に遭遇した時にものおじせず、コミュニケーションを取ることが可能です。

たとえば、「make」という動詞は、一般的な意味は「作る」ですが、makeはもともと「何かの状態を変える」という意味合いがあります。

また、「作る」以外にも「する」の意味で多く使われています。

・make + 人 + A   =人をAにする

・make + 人 + 動詞=人を(無理やり)~させる

・make + a + 名詞  =~する

このように、使うシーンと英単語をセットで暗記すれば、会話の幅がグッと広がります。

D. テンポが大切!平易な英語の1問1答で「即答力」を磨く

できる営業マンはトークが上手いですが、ビジネスに限らず、相手に信頼感を与えるコミュニケーションには、適切な「テンポ」が重要です。

会話の度合いや相手が心地よいと思うテンポを見誤ってしまうと、雰囲気が台無しになってしまうこともあります。

相手の言動や迅速なレスポンスが英会話でも求められるのです。

簡単な英語を使った1問1答を練習して、即答力を身に付けましょう。

E. レッスン前の15分間の英語リスニングで効率をUP!

英会話スクールに通っている場合は、自習用のCDやラジオなどの教材は使わず、授業の前に10~15分程度のリスニングを行ってみてください。

英語が耳に慣れ、集中力が高まることで英会話レッスンの内容の定着度が上がります。

4.まとめ

いかがでしたか。

今回は、ビジネス英会話を身に付ける方法、効率よく英会話を習得するコツ5つを選んでご紹介しました。

仕事しながら勉強をしなければならない社会人にとって、ビジネス英語を身に付けること、英語直を上げることは簡単なことではありません。

現在、多くのビジネスマンが英語スキルを上達させるためのサービスを利用していますが、おすすめのアプリを下記ご紹介します。

海外出張者は要チェック

AppStore教育カテゴリランキング\1位/を獲得。リクルートが運営する1日33円からできる英会話サービス『スタディサプリ ENGLISH/日常英会話コース』公式サイト ⇒ https://eigosapuri.jp/promotions/

皆さんの英語力上達の参考になれば幸いです。

-雑記

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2019 All Rights Reserved.