ワンランク上の海外駐在、海外出張を実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

国別情報 東南アジア・インド

バンコクへ家族帯同で行く人へ 日本人子女教育の実情と、評判のインタースクールをご紹介します

更新日:

海外赴任の際、家族を帯同するかどうかは当人と家族の人生に大きな影響を与えます。

なるべくなら家族一緒に暮らしたいと思う反面、安全面や子供の教育環境の有無によっては単身赴任で家族を日本に残して行くという選択肢もありますよね。

タイ、殊にバンコクに関しては、5万人以上の日本人が暮らしているとも言われており、日本人が最も暮らしやすい海外都市の一つと言えるでしょう。生活環境、子供の教育環境も比較的整っており、多くの日本人駐在員が家族と一緒に住んでいます。

今日は、日本人子女の教育にどのような選択肢があるのかを紹介したいと思います。

なお、家族での赴任後に行きたい、バンコクの旅行先についても記事にしています、ご参考まで。

バンコク駐在中の旅行はどこがお勧め?バンコク赴任者必見のおススメ旅行先5選

1.学校の種類

大まかに学校は、

A.タイローカルの学校

B.日本人学校

C.インターナショナルスクール

の3種類に分けられます。

タイローカルの学校は学費が非常に安いのですが、当然タイ語教育オンリーなので日本人家族で通わせる者は殆どいないのが実情です。日本人学校、インター校は費用がかかるが、駐在員の場合は会社による学費補助があります。

2.日本人学校について

一番多くの日本人子女が通うのは日本人学校です。

(日本人学校ウェブサイト http://www.tjas.ac.th/

バンコクの日本人学校は生徒数にして3000人程、世界の日本人学校でも最大規模と言われています。

小学校、中学校が併設、日本の文部科学省が定める「学習指導要領」に沿った教育、すなわち日本の義務教育相当の教育を受けることができ、通常、日本の企業からの駐在員の場合は会社が日本人学校の授業料を負担する為、スクールバス費用などは別途かかるものの、駐在員の自腹負担も少なくて済むのが特徴です。

問題はタイには日本人高校が無いため、高校生に上がる年齢の子供がいる家庭では、家族を帯同しないケースや、途中で家族が日本に帰国するケース、またはインターナショナルスクールに進学するケースに分かれます。

バンコク以外にシラチャにも日本人学校及び日本人コミュニティがあるため、シラチャ赴任の場合も上記は当てはまります。

3.インターナショナルスクールについて

せっかく海外にいるのだからインターナショナルスクールに子供を通わせる、という選択肢もあります。

インターに通っていれば、駐在期間が高校の期間に及んでも家族でバンコクに住めるし、将来英語圏への留学を希望する場合にも有利になる場合もあります。

日本国内ではインターナショナルスクールに通った場合は日本での教育課程修了資格を得られませんが、海外帰国子女の場合はインターから日本の学校への編入が可能であり、進学、就職にその学歴を活かすことができます。

バイリンガル、グローバルな教育を受けさせたい場合や将来留学を希望している場合はいい機会になるでしょう。ただ、インターナショナルスクールの場合は会社が授業料を全額負担してないケースが多い為、日本人学校に比べると学費がかかるのがネックです。会社がどれだけ補助してくれるのか、また学校によっては兄弟割引等が利く場合もあるので確認の上検討されるのをお勧めします。

インター校は数も多いし、値段も質もピンからキリです。

ここでは、高等部まであって学校規模、スポーツ、教育レベルのバランスの良さが間違いないと言われるBig4と呼ばれる4校に絞って紹介します。

Bangkok Patana School

イギリス系。名門で教育レベルは高いが、日本語教育には力を入れていない。

https://www.patana.ac.th/

International School Bangkok

アメリカ系。少しバンコクからの通学に時間がかかるが、日本人部があるので、中学まで日本語教育を受けて英語ができない高校生なども受け入れる。

https://www.isb.ac.th/japanese

NIST International School

日本人が多く住むスクンビット通りにあって通学には一番便利。日本語教育もある。

https://www.nist.ac.th/

Shrewsbury International School

イギリス系。芸術教育に力を入れている。

http://www.shrewsbury.ac.th/

 

この他にも中堅サイズの学校が多くあり、日本人居住区に近くて通いやすいところもあります。各校特色も違うので、インターナショナルスクールを考えているなら早めに情報収集をしっかり行い、将来の進路も見据えて考えたいものです。

バンコクには日本人向けの学習塾や習い事もたくさんあるので、日本に帰国後の進学等のサポート体制も整っています。ある意味では日本にいる時以上に幅広い選択肢があるので、きちんと情報収集を行って、将来子供がどのような道に進みたいのか、良く話し合って決めることが重要になるでしょう。

海外勤務者に人気の転職エージェントは?

1

海外で就職したい又は働き続けたい人に向けてJACリクルートメントやリクルートエージェント、ビズリーチ等のエージェントを20社紹介します。転職サイトはとにかく数が多く、乱立している状況なので海外就職する ...

2

海外赴任から帰国後のキャリアでは、海外の経験を活かしキャリア形成することが可能である一方、自身のポジションが確保されておらず、能力的な評価を受けることが難しい場合があります。 場合によっては、国内での ...

40代で転職歴があっても海外経験があれば転職できる 3

40代で転職歴があったとしても海外経験があれば転職できます。グローバル化が進んでいる社会ですから、海外経験がある人材は40代でも需要があります。しかし、複数の転職歴がある方や職歴が荒れている方は、不信 ...

ビズリーチの海外勤務や海外転職の評判は案件が豊富で良い 4

ビズリーチは国内だけでなく、海外求人案件を豊富に扱っているので、海外勤務または海外転職を考えている人にも評判が良く最適です。国内最大級のハイクラス転職サイトであり、優良企業や一流のヘッドハンターから来 ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 5

海外駐在員は、転職市場では高い評価を得ることができます。その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験が買われるからです。よって、転職活動はスムーズに進めることができ、高確率でキャ ...

6

海外駐在中に退職手続きを行うメリットとしては、極力会社に迷惑をかけないで退職することができます。海外駐在員による退職の手続きは、人事部にとって大きく負担になります。なぜなら、駐在できるレベルの語学力を ...

-国別情報, 東南アジア・インド

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2020 All Rights Reserved.