海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

東南アジア・インド 現地生活情報

バンコクでの接待 食事会 ビジネスマンにおすすめのレストラン13選 

更新日:

毎度恒例の出張時のおすすめレストラン企画です。

今回はバンコクで、仕事の打ち合わせもできて、タイ料理も楽しめるレストランを選んでみました。

上司や同僚との仕事終わりの食事会や、客先とのちょっとしたミーティングにも利用できる店を選んでいます。ビジネスでも活用してみてくださいね。

1.Somboon

「Somboon(ソンブーン)」というタイ料理の定番のシーフードレストラン。

ご存知の方も多いと思いますが、バンコクに来たらココ!と言われるほど有名な店です。

ここは、プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)が有名で、バンコク市内に8店舗ありますが、なかでもおすすめはBTS「プルーンチット」駅直結のCentral Embassy(セントラル・エンバシー)の5階にあるお店。こちらはほかの店舗に比べてとても綺麗ですので、よく接待のときに使います。更にこちらの店舗はクレジットカードが使えたはずです。(ほかの店舗は現金しか使えないのご注意ください。)

http://www.somboonseafood.com/index.php/jp/site/home

2.Baan Khanitha

続いては「Baan Khanitha(バーンカニター)」です。有名な一軒家の高級タイ料理レストランで、Asok Sukhumvit 23にあります。こちらは、BTSのAsok駅から徒歩で行けますし、落ち着いてタイ料理が楽しめるレストランです。(写真はアジアティーク店です。)

日本からの出張者をもてなす際にはおすすめですが、ウォークインでは満席の可能性も高いです。予約は必ずしていきましょう。

一部辛口なレビューもありますが、駐在者の利用客も多くにぎわっています。

https://www.bangkoknavi.com/food/21/

3.The Local by Oamthong Thai Cuisine

こちらのレストランも、Asok Sukhumvit 23にあり、お洒落で雰囲気抜群の一軒家レストランです。タイ王宮料理のお店として有名です。

おすすめメニューは下記のサイトで紹介されています。

お値段は少し高めですが、調度品の展示もあり、雰囲気が良い素敵な一軒屋で、

日本から来た友達や家族をアテンドするときには利用しやすいレストランです。

https://tabilover.jcb.jp/thai/staff/shop_info/cat2/the-local.html

4.COCA

タイ料理が楽しめる手ごろなレストラン。

タイの鍋料理であるタイスキ「COCA(コカ)」がおススメ。リーズナブルな価格なのでみんなで楽しめます。

いろいろなところにありますが、私がよく行くところは、Bアソークにあるタイムズスクエア店です。BTSアソーク駅からスカイウォークを進み連絡通路からTIMES SQUAREビルへ入り、一旦外へ出て階段を下りたところにあります。

https://enjoy-bkk.com/p=528

5.Salathip

チャオプラヤー川沿いの5つ星ホテル「シャングリラ」内(BTSサパーン・タクシン駅下車すぐ)にある「サラティップ」も、現地で人気のレストランです。

川沿いという立地と美しい夜景、建屋、照明や装飾の数々は雰囲気抜群で気分を高めてくれます。こちらは「バンコク・ベストレストラン」にも選ばれたこともあり、数々の一流ホテルでの経験豊かなシェフが調理をしてくれます。

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g293916-d1483174-Reviews-Salathip-Bangkok.html

6.Somboon Seafood

お客さんが是非タイ料理を食べたい、とのことであれば、お勧めはソンブーンシーフード。通りを挟んで向かいのショッピングモールにある。タイに行ったら是非食べたいタイ料理メニューが多い。他にも支店がある。

http://www.somboonseafood.com/index.php/en/branch/9

7.水琴

和食ならば、自家製蕎麦と豆腐で有名な水琴が人気。

Tel: 02-252-2002

営業時間:ランチ11:30-14:00,ディナー18:00-22:00

8.鮨忠 本店

接待に使い易くアクセスも良い。

http://sushicyu.com/shop

9.Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit

バンコクの日本人居住エリアでもあり、飲食店もたくさんある人気のエリア、トンロー。屋上のバーは雰囲気も眺めも良く、人気があるので、食事の後の一杯にお客さんをお連れしてそのまま解散できるのも嬉しい。

http://www.marriott.com/hotels/travel/bkkms-bangkok-marriott-hotel-sukhumvit

10.Baan Khanitha

このホテルの近くのタイ料理ならばBaan Khanithaのスクンビット53支店も美味い。

洗練されたタイ料理が味わえる名店。

http://www.baan-khanitha.com

11.北大路

雰囲気も良く、本格的な会席料理が味わえる接待向けの店である。

http://www.daitohkigyo.com/lp/thai/

天翠もお勧めです。 http://tensui.co/

12.The Sukhothai Bangkok

本当に「おもてなし」をしたい相手には是非このスコータイホテルをお勧めしたい。タイらしくもモダンでスタイリッシュなデザイン、低階層で広々とした庭園になっており、都会のオアシス的ホテル。ビジネス・金融街のすぐ近くにある。

http://www.sukhothai.com/default-ja.html

13.その他

スコータイホテル内のタイ料理レストラン【セラドン】は落ち着いた雰囲気でサービス、料理ともに一流。

セラドン http://www.sukhothai.com/cuisine-ja.html

ホテルのすぐ近くにはあまり和食はないけれど、車で10分くらいのシーロムエリアに行くと和食屋がたくさんある。【笹弥】などセンスが良く美味しいと人気。

笹弥 https://goo.gl/3SfsYC

以上、いかがでしたでしょうか?バンコクには紹介し切れないほどの良質なレストランがあるので、できれば自分の足で探してお気に入りを見つけて欲しいと思います。

 

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-東南アジア・インド, 現地生活情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2022 All Rights Reserved.