ワンランク上の海外駐在、海外出張を実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

ビズリーチの海外勤務や海外転職の評判は案件が豊富で良い

海外への転職

ビズリーチの海外勤務や海外転職の評判は案件が豊富

投稿日:

ビズリーチは国内だけでなく、海外求人案件を豊富に扱っているので、海外勤務または海外転職を考えている人にも評判が良く最適です。国内最大級のハイクラス転職サイトであり、優良企業や一流のヘッドハンターから来るスカウトをきっかけに、非公開案件を含む求人情報を選ばれた方だけにお届けすることがビズリーチの特徴と言えます。 また、プレミアムプランとスタンダードプランがあるので、自分に合った転職活動ができます。

ビズリーチの海外勤務や海外転職の良い評判・口コミ

ビズリーチは、年収1,000万円以上のビジネスマンが最も指示する転職サイトと言われています。事実、ビズリーチの評判は良く、非公開求人やスカウトによって高年収や好待遇の求人に巡り合えたケースが目立ちます。他の転職サイトに比べて海外求人案件も多いため、海外勤務・海外転職を志望している人にも適したサービスと言えるでしょう。

ただし、正式にサービスを利用するには有料登録が必要で、転職エージェントのような転職支援が受けられない点などに不満を感じる人もいるようです。これからビズリーチを利用しようと考えている人は、以下で紹介する良い評判・悪い評判を参考にしてください。

難しい交渉も責任感を持って最後までやり遂げてくれた【★★★★★】

想像よりはるかに親身になって相談に応じてくれ、難しい交渉も責任感を持って最後までやり遂げてくれたので、今ではビズリーチと担当してくれた方に深く感謝しています。

担当者の方から紹介してもらった求人は、経営理念に共感できる部分も多く、仕事の内容も挑戦的で非常に魅力的でした。しかし、現在勤めている会社より給与が10%ほど下がるため、転職をするか長い間迷っていました。

そのことを担当者の方に伝えたところ、採用担当者の方と交渉をしてくれることに。最終的には、月々の営業成績のノルマを少しだけ上積みする条件付きで価格交渉が成功しています。転職によって収入が下がらず、なおかつ今よりもやりがいを感じるであろう企業に入社できたことは私にとって大きなメリットです。

S・Iさん(33歳)

ビズリーチは悪い面も踏まえて仕事を紹介してくれる【★★★★】

一般的な転職エージェントは紹介企業の良い部分しか伝えないが、ビズリーチは悪い面も踏まえて仕事を紹介してくれる。事前に「紹介先の悪い部分も同時に伝えてほしい」と依頼はしていたものの、素直に応えてくれるとは思っていなかった。その意味では、とても中立的な転職エージェントだということで好感を得た。

実際に、悪い部分も聞いて冷静に判断すると、紹介企業の中で志望先から外す案件もかなりあった。その担当者によると、「企業の長所・短所を伝えておいた方が求職者・企業共にミスマッチを防げる」ということらしい(もちろん担当者によって対応は異なるかもしれない)。

A・Hさん(36歳)

年収や待遇が良い案件に巡り合うことが多かったです【★★★★★】

案件数に比べて良質な求人が多かったように思います。ハイクラス向けの転職サイトの中には謳い文句ばかりで、実際の非公開求人を見たらがっかりするサイトも結構あります。しかし、ビズリーチの場合は、年収や待遇が良い案件に巡り合うことが多かったです。

実務経験やスキルなどややハードルの高い条件が指定されているが、スカウトを受ける場合は先方がこちらを求めているだけあって、多少条件に不足があってもマッチングが成立しやすくなります。担当者を介して交渉を行ってくれるため、できるだけ細かい条件を伝えておくと転職が成功する可能性も高くなります。

ただし、求人募集の場合は年収や待遇が低い場合もあったため、すべてが良いとは限らないと思います。表面的には内容があまり良くないことが分かりにくい求人もあるので、自分の方でしっかりと情報収集して信頼できそうなところへ応募するのが良いのではないかと。

T・Nさん(40歳)

総括|ビズリーチの良い評判・口コミ

ビズリーチの良い評判では、担当者の対応の良さが目立っていました。志望先との交渉を担当してくれたり、紹介案件に対する要望に応えてくれるなど、柔軟性の高さや真摯な対応がビズリーチの特徴です。ただし、求職者への対応は担当者ごとに変わる可能性がある点も忘れてはいけません。

良い評判のもう一つの側面は、サイトで掲げられている通り、「ハイクラス向けの求人が多い」ことです。サイトトップページに「年収1,000万円以上の求人が3分の1以上」との謳い文句がありますが、その言葉にウソがないことを実際の利用者が実感していました。

ビズリーチの悪い評判・口コミ

「取り消しをお願いします」とお願いされた【★★】

ビジネス上仕方のないことなのかもしれませんが、他の転職エージェントと応募先企業が被っていると、有無を言わさず「取り消しをお願いします」とお願いされたときは、正直なところあまり良い印象は受けませんでした。

私は複数の転職エージェントに登録しており、時に複数のエージェント間で同じ仕事の紹介を受けることがあります。ビズリーチ以外で気に入った求人があったので応募すると、数日経ってからビズリーチから同様の案件の紹介を受け、それを素直に担当者へ伝えました。すると上記のような返答が返ってきたため、他のサイトで応募した企業の面接を受けることにしました。確かに自社の売上を確保するためにそう言わざるを得ないのは分かりますが、もう少し言い方があるだろうと感じたのが正直な気持ちです。

K・Sさん(38歳)

無料プランではろくな仕事が見つからない【★】

無料プランが用意されているものの、無料プランではろくな仕事が見つからない。まず有料会員にならないとスカウトメッセージが見れないので、サービスを利用するために確実に月3,000円の会費を支払わざるを得なくなる。

しかし、いざ有料プランに登録した後も、本当に月3,000円も払うべきサービスなのか疑う場面が多い。実際、今より年収が3~4割もダウンする求人を何度も紹介された時は、「こんなことなら無料の転職エージェントでも良いじゃん」と感じてしまった。

ビズリーチのスカウトは企業から直接コンタクトが届くのではなく、担当者が間に立って紹介を行う。煩わしい手間が増えるだけでなので、できれば企業と直接連絡を取らせてほしかった。

M・Tさん(37歳)

他の転職エージェントに比べて転職サポートが受けられない【★★】

ビズリーチを使った感想として、「転職サポートもしてほしかったなぁ」という点が挙げられます。企業からのスカウトやヘッドハンティングのサービスでも十分にも思えますが、やはり他の転職エージェントに比べて転職サポートが受けられない点に不満が残りました。

ビズリーチは担当者が職務経歴書の書き方や面接対策などを行ってくれるわけではありません。もともと他社エージェントのように上記のことを行ってくれると期待していた私は、「えっ、面接対策ないの」と戸惑ってしまいました。

確かにビズリーチは非公開求人が多く、なおかつ年収が高めな求人が揃っているように感じます。ただ、転職サポートについては他社エージェントに頼らざるを得ず、個人的には親身になってそうしたサポートを行ってくれた転職サイトで転職を成功させたいと思ってしまいます。

K・Yさん(31歳)

総括|ビズリーチの悪い評判・口コミ

ビズリーチの悪い評判では、有料サービスに対する不満が目立ちました。ビズリーチは無料で登録することができますが、スカウトの閲覧や返信、ヘッドハンターへの相談など一部の機能を利用するために有料会員へアップグレードが必要です。有料会員は月額3,278円と5,478円(いずれも税込)の2つのプランに分かれますが、金銭的な価値をどう感じるかは人によって異なるので、中には不満が出る人が出ても仕方ないと言えます。

また、ビズリーチでは転職エージェントのように、充実した転職サポートを受けられるわけではありません。サービス内容はあくまでスカウトや非公開求人の紹介となっているため、職務経歴書のチェックや添削、面接対策などは自分で習得する(または他社エージェントを使う)必要があります。転職経験が少なく自信が持てない人は、ビズリーチと他の転職エージェントを併用するとそれぞれのメリットを同時に活かすことができます。

ビズリーチの海外案件数

海外案件数の豊富さにおいて、ビズリーチは業界でも群を抜いています。

 

海外案件数

ビズリーチ

約2,400件

リクルートエージェント

約600件

dodaエージェントサービス

約400件

パソナキャリア

約250件

※2020年2月21日時点

時期にもよりますが、ビズリーチの海外案件数は常にトップクラスです。海外案件数はリクルートエージェントが豊富ですが、ビズリーチはその約4倍の数を誇ります。

案件数が多いということは、メリットとデメリットの両面があります。

まず、案件数が多いと志望先の選択肢の幅が広がり、自分の条件に合った複数の案件を見つけることができる点がメリットです。案件数が少ないと希望する条件に対する選択肢が少なく、さらに好条件の求人を見つけられていた可能性を潰してしまいます。

一方、案件数が多いと好ましくない求人に出会うリスクも高まります。ビズリーチはハイクラス向けの優良な求人のみを厳選しているとはいえ、中には現在より収入が下がってしまう案件や、決して待遇が良いとは言えないものまで含まれていることもあります。

案件数が多いことは良いことですが、デメリットの面にも注意して情報収集を欠かさないようにしておきましょう。

ビズリーチの海外求人事例

ビズリーチに登録することで、海外向けの求人を見ることができます。

検索条件は職種や業種、勤務地、求人タイプによって表示を変えることもできます。海外の求人情報を検索する場合は、地域によって表示を変更します。中国や香港、シンガポールといったアジア圏の他、北米、オーストラリア、ヨーロッパの指定条件で検索することができます。

新興国の場合は年収500~600万円ほどが基本となりますが、北米やヨーロッパ地域で年収1,000万円を超える案件が目立ちます。

ビズリーチの料金プラン紹介

▲ビズリーチの料金プラン

スタンダードプラン

スタンダードプランとは、ビズリーチのサービスを無料で利用できるプランのことです。

スタンダードプランでも一般公開の求人情報を見ることはできますが、非公開求人やヘッドハンターへの相談サービスは利用することができません。ただし、ビズリーチに在籍するヘッドハンターが求職者にスカウトを送る「プラチナスカウト」の閲覧・返信が可能です。

プレミアムプラン

プレミアムプランとは、月額会員制でビズリーチの全ての機能を利用できるプランのことです。プレミアムプランの中でも会員ランクは2種類に分かれ、現在の年収に応じて自動的に決定します(変更不可)。

  • タレント会員(現年収750万円未満):月額3,278円(税込)
  • ハイクラス会員(現年収750万円以上):月額5,478円(税込)

年収1,000万円以上の案件に関してはハイクラス会員しか登録できないので注意してください。また、タレント会員は、一部の高年収案件などに関してヘッドハンターに相談できない縛りがあります。

ただし、どちらの会員種別でもスカウトの閲覧や返信、求人の閲覧・応募、ヘッドハンターへの相談などサービスの全てを利用できます。初月は利用料が無料になっているため、無料期間を活かしてビズリーチを徹底活用してみましょう。

ビズリーチの利用方法

会員登録

まずはビズリーチの公式サイトにアクセスしてください。

トップページ左側に「会員登録(無料)」というボタンがあるのでクリックします。

登録画面では、メールアドレスとパスワード、現在の年収を入力します。現在の年収額は有料会員になった際のグレードに関係するため、慎重に選んでください。「同意して会員登録(無料)」のボタンを押して次に進みます。

登録したメールアドレス宛てに認証コードが記載されたメールが届きます。その認証コードを画面上に入力し、「認証する」のボタンを押して次へ進みましょう。

次に基本情報を入力していきます。13ページに及びますが、住所や氏名、電話番号など簡単な個人情報の入力が多く、基本的に画面の指示に従って入力を進めていけます。

基本情報の入力の12ページ目で、「直近の在籍企業での業務内容を教えてください」という質問があります。50文字以上であればどんな内容でも構いませんが、この部分は職務経歴書に近く、スカウト率にかかわる重要な要素です。できるだけ詳しい職務経歴を記載してスカウトが届きやすくしておきましょう。

基本情報が全て入力し終われば、次に詳細情報の入力画面に移ります。こちらも基本的に画面の指示に従って内容を入力していくだけです。

途中で「これまでのキャリアの職務要約を教えてください」という質問があります。こちらもスカウト率に大きく影響するため、できるだけ簡潔に、かつ詳しい情報を記載するようにしてください。時系列に沿って400文字程度にまとめることがポイントです。

最後に「特記事項がある場合は教えてください」という質問があります。入力は自由となっていますが、ヘッドハンターは特記事項を見てスカウトの送信を決めることもあるため、できるだけ記載しておくことをおすすめします。たとえば、仕事外での活動実績や出版実績など、仕事に繋がりそうな内容を記載しておきましょう。

上記の質問を全て答えると会員登録は完了です。自動的に会員ページに移動するため、求人情報などを探すことができます。

職務経歴書を詳細に記入する

ビズリーチでは、テンプレートに沿って職務経歴書を作成する機能が備わっています。会員登録後に行う作業なので作成は自由ですが、時間のある時に完成させておくことを推奨します。

基本的に、ヘッドハンターや企業の採用担当者は、直近の経歴だけでなく、最低でも2つ以上の経歴を見たいと感じています。そのため、詳しい職務経歴書を登録しておくことで、ヘッドハンターや採用担当者が興味を持ってくれる可能性を高め、スカウト率を向上させることができます。

ただし、今までの業務経験をダラダラと全て書けば良いというわけではありません。職務要約は約400文字、スキルは多くても5~10個、職務経歴詳細は最低でも2つ以上の項目に分け、それぞれ200文字前後でまとめることが適切です。簡潔さを意識して記載することで相手にとっても情報が端的に分かりやすく、まとめ能力の高い人材というアピール材料にもなります。

海外転職を考えているならまずはビズリーチに登録しよう

ビズリーチは海外案件が多く、リクルートエージェントやdodaエージェントサービスの数倍の案件数を取り揃えています。更に年収の高い優良案件も多いため、海外転職を考えている人はまずビズリーチに登録することをおすすめします。

無料プランでも求人の検索ができますが、必要に応じてプレミアムプランもご検討ください。ヘッドハンターへの相談やスカウトに対する返信、より好待遇の求人の紹介など有利な転職活動を進めていくことができます。

海外勤務者に人気の転職エージェントは?

1

海外で就職したい又は働き続けたい人に向けてJACリクルートメントやリクルートエージェント、ビズリーチ等のエージェントを20社紹介します。転職サイトはとにかく数が多く、乱立している状況なので海外就職する ...

2

海外赴任から帰国後のキャリアでは、海外の経験を活かしキャリア形成することが可能である一方、自身のポジションが確保されておらず、能力的な評価を受けることが難しい場合があります。 場合によっては、国内での ...

40代で転職歴があっても海外経験があれば転職できる 3

40代で転職歴があったとしても海外経験があれば転職できます。グローバル化が進んでいる社会ですから、海外経験がある人材は40代でも需要があります。しかし、複数の転職歴がある方や職歴が荒れている方は、不信 ...

ビズリーチの海外勤務や海外転職の評判は案件が豊富で良い 4

ビズリーチは国内だけでなく、海外求人案件を豊富に扱っているので、海外勤務または海外転職を考えている人にも評判が良く最適です。国内最大級のハイクラス転職サイトであり、優良企業や一流のヘッドハンターから来 ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 5

海外駐在員は、転職市場では高い評価を得ることができます。その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験が買われるからです。よって、転職活動はスムーズに進めることができ、高確率でキャ ...

6

海外駐在中に退職手続きを行うメリットとしては、極力会社に迷惑をかけないで退職することができます。海外駐在員による退職の手続きは、人事部にとって大きく負担になります。なぜなら、駐在できるレベルの語学力を ...

-海外への転職
-, , , , , , ,

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2020 All Rights Reserved.