海外経験を活かして年収アップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

海外で働く(日本→海外) 現地採用向け情報

【手順付き】海外の求人・現地採用情報を手早く、簡単に見つける方法

更新日:

海外転職に憧れを感じ今後のビジョンとして検討しているという方向けに『海外の転職情報手早く、簡単に手に入れる方法』をお届け致します。

憧れはあるけど、「どうやって海外転職先を探せばいいんだろ?」や逆に情報がありすぎて「どの情報を参考にすればいいんだろう?」と初期段階で、調べる前からつまずいてしまうこの状況の直面することもあるかと思います。

そこで今回は私自身日本企業から海外企業に転職した時に実際に活用していた情報収集法ををご紹介致します。この記事を読むだけで海外の転職情報手早く、簡単に手に入れる方法が身につくように画像解説付きでご紹介致します。

1:SNSの徹底活用

海外転職とは十人十色。就きたい職種や業種も違うし、就職先の希望国によっても転職の仕方はかなり異なります。そうなると全員が同じ情報を掴んでもその情報が有益かどうかな人にとって変わってきます。

特に現地採用を目指す場合はどの求人サイトよりも一番使えるのが【SNS】!!

自分色にカスタムすることが出来るSNSの活用は海外転職の情報を収集するのに欠かせないツールです。特に世界中にユーザーがいる『Facebook』『Twitter』に関してはどの国に就職するときにでも役に立ちました。

誰しもがアカウントくらいはもっている超有名コニュニティーツールではありますが、ただぼーっと閲覧していても意味がありません。現地の情報を素早く手に入れるために実際に活用していたそれぞれの具体的な活用方法を説明します。

1−1 Facebook

Facebookの活用方法は主に現地採用を探す時に使います。国よってばらつきはありますが、平均的にどの国においても求人情報を手に入れることができます。

活用方法①検索欄に現地の言語で【地域】+【リクルート】と入力。今回はアメリカ シアトルで求人を探す時の例をあげました。

今回の場合は【英語】で【Seattle recruit】と入力します。

すると、下記のように求人情報が表示されます。


このように実際たくさんの求人を検索結果を閲覧することが出来、そのまま【応募】をタップすると会社概要も閲覧可能でこのタイミングで履歴書送付することもできてエントリーまでも完了させることが出来る優れもの。

応募をタップした後の会社概要・詳細画面

「応募する」をクリックして、履歴書を添付して応募完了!

1−2 Twitter

Twitterに関しては直接求人情報を得るというよりは、実際の社風や勤務状況を知るための情報収集のために活用します。上記のFacebookの求人で目ぼしい転職先を見つけたら、実際にその企業で働いている社員のアカウントを探してフォローします。

Twitterに関しては作業はこれだけ。情報収集のためだけに活用するので無駄な情報は詰め込まない方が頭が整理出来るので海外転職用の専用アカウントを作成してもいいかもしれません。

2. 海外転職・アルバイト情報に特化した専用求人サイト(アブログ)

海外転職活動初期段階では現地の最新情報はFacebookをチェックしているだけでも十分得られるため掲示板においては日本人移住者向けに発信されている情報だけを参考にします。

掲示板も現地別のものから1つのサイトで各地域が検索出来たりするものまでたくさん存在してるため、どれを見たらいいかわからなくなるので、そ実際に私が活用している掲示板は現在1つに絞っていて、それで十分な情報を得ているのでそちらの掲示板をご紹介します。

留学コミュニティサイトや海外在住の日本人向け無料掲示板「クラシファイド」の運営会社が2016年より海外転職・アルバイト情報に特化した専用求人サイトです。

アブログ:https://kaigai-bbs.com/job/

世界28ヶ国・140都市の日本人を対象に募集している求人情報を公開しており、グーグルマップと連動していることが特徴で各求人情報が海外のどこの勤務地なのかを予めチェックしながら出来ることが最大の魅力です。(※2019年8月10日現時点でGoogleMAPとの連動検索結果が表示出来なくなっていたので、それ以外の主な機能を紹介致します。)

アブログ検索窓

今回もシアトルの求人を例にあげました。検索方法は日本語で【シアトル】と入力するだけ。

アブログ検索結果
現地採用情報でありながら、このように日本語で検索結果を閲覧することが可能です。ただ残念なのが、シアトルと検索しても全米情報が検索されるので地域においては概要を確認するしかありません。

ちょっと大変ではありますが、日本語で検索出来るのは安心感があります。また、求人情報だけでなく掲示板なので自分が求職中の書き込みを残すことも可能です。

まとめ

ここまで【海外の転職情報手早く、簡単に手に入れる方法】をご紹介しました。このご時世情報が多いのに本当に自分に役立つ情報は限られています。

自分のために必要は情報をうまく取捨選択してより良い海外転職活動を目指してください。正しい情報を得ることが出来ないと、スタート地点に立つことができません。せっかく海外転職を検討しているのであればいち早く良い情報をゲットしすぐさま行動に移せることがベストです。

今回紹介したFacebook,Twitter,アプログをうまく活用して限られて時間の中で海外転職情報を手早く簡単に手に入れてください♬

この記事を書いた人 nsaonfeさん

日本国内になるごく平凡な4大(文系)を卒業後、ファッション業界に入社PR担当として8年経験を積み、その後海外転職開始し、東アジアにあるITベンチャー企業へ入社。
移住をきっかけにファッション業界からIT業界へ移行し、その魅力に気づき次なるキャリアップとして欧州諸国を移住地に決定。
現在はヨーロッパにある国で英語学習をしながら海外企業から海外企業への転職活動中!

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

-海外で働く(日本→海外), 現地採用向け情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2022 All Rights Reserved.