海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

帰任関連

海外から帰任した家族が抱えるメンタル不調とは?課題と実例

更新日:

この記事を書いた人

西原タオル

ライター・編集者。東南アジア各国で約9年間、日系企業のサラリーマンとして駐在生活(シンガポール、マレーシア、ベトナムなど)。現在はフリーランスの「何でも屋」に。

海外赴任生活が終わった元駐在家族で、帰国後にメンタルヘルスの調子を崩してしまう事例が多いことをご存知ですか。

海外生活に順応した反動から、母国の環境がストレスになってしまうからです。

メンタル不調が悪化して休職してしまったり、時には入院してしまったりすることもあります。

駐在者本人、帯同した妻(夫)、子ども、それぞれのメンタル問題の特徴や対処法を学びましょう。

帰国後の環境変動に耐えられるようになります。

1.駐在者本人のメンタルヘルス

海外駐在からの帰任、多くの企業では出世コースですから駐在者本人もうれしいはず…なのですが、海外に順応してきたがゆえに、日本のビジネス環境に慣れないこともあります。

1−1.本帰国は「新しい海外赴任」と思え

帰国した元駐在員たちの多くが、「日本はまじめすぎる」と不満を漏らします。

でも本人は海外赴任の当初、現地スタッフの勤務態度や仕事成果を「ルーズすぎる」と言っていたはず。

現地に慣れるにつれ、現地のルーズさは「臨機応変さ」に置き換わってしまったのですね。

また、赴任先では現地法人の責任者であっても、本社では主任や課長でしかない場合も。(現地でボスと呼ばれてきたのに…)と不満が溜まり、メンタルもゆっくり削られてしまいます。

 

南米駐在から帰任したWさんは、そうした環境の変化から不眠症になってしまいました。

現地の元部下に悩みをメールしたところ、「ボス、それは新しい海外赴任じゃないか」と返信が。

それ以来、「これは帰任じゃなくて横異動=新たな海外赴任」と気持ちを切り替えたところ、日々のストレスも「赴任地での課題」と思えるようになり、スーッと楽になったとか。

帰任は凱旋ではなく、新たな挑戦だとの心構えが必要です。

1−2.転職も選択肢に

帰任後の職場にどうしても慣れない、メンタルの不調は限界だと思った方は、転職も考えてみませんか。

海外赴任できたのは会社のおかげかも知れません。家族の生活を考えると我慢して定年までじっとしていたほうがいいと思うかも知れません。

でも、ストレスで本人がつぶれてしまっては家族に大きな心配をかけてしまう上に、貴重な海外経験を社会で生かすこともできなくなってしまいます。

ストレスが減るならば、多少は待遇が低下しても長期的にはプラスになります。

さらに海外赴任の経験は、転職市場で大きな評価ポイントなんです。

転職エージェントに登録してみたところ、思わぬ大手企業から声がかかった人も大勢います。

つらくなったら、ぜひ転職も考えましょう。

海外駐在経験は転職に有利で年収アップも可能!企業が海外経験者を求める理由

海外駐在経験はキャリア転職に非常に有利であり、また海外駐在経験が未経験でもエージェントを使えば転職できます。 海外駐在経験を経て転職した方は、現地の人脈や外国人との交渉経験、また語学力を持ち合わせてい ...

続きを見る

2.帯同した妻(夫)のメンタルヘルス

駐在者本人に帯同して海外に住んだ妻または夫にとっても、帰国は大きな負担になります。

2−1.最初は家政婦サービス利用も

帯同した妻(夫)にとって帰国の負担になるのが、家事です。

海外駐在中、掃除や洗濯を代行してもらえるサービスアパートメントに住んでいた方や、掃除と洗濯に加えて炊事まで代行してくれるメードさんを雇っていた方も多いでしょう。

海外赴任手当があって、物価も違うからこその利点です。

ところが帰国後、海外に比べてこじんまりとした日本の家で、日々の家事に追われるようになると、「ああ、海外生活はよかった…」と、後ろ向きの思いで心が満たされてしまいます。

そこで、最初の数か月だけでも、家政婦サービスを利用しましょう。

海外時代を懐かしみながら、ゆっくり家事に慣れていくのです。

家政婦さんを雇うのも…と躊躇されるかも知れません。

Cさんご家族は帰任後、奥様の負担を軽減するため、食材の宅配サービスに加入しました。

海外で家事をメイドさん任せだった奥様にとっては、日本の狭いスーパーでの買い物が大きななストレスだったのです。帰国後しばらくは家事を軽減して下さい。

2−2.悪口はSNSで発散しちゃダメ

帰国のストレスを、ブログやツイッターなどのSNS(交流サイト)で発散してしまう帯同妻(夫)がいます。

朝から晩まで「日本はここがダメ、あれがダメ」と文句を言い、決まり文句は「海外では○○なのに日本はダメ」。

海外の例を引き合いに出して日本をクサす「海外出羽守(かいがいでわのかみ)」と揶揄される対象ですが、出羽守になって不満を吐き出すと、一瞬、スーッとなってストレス解消したつもりになれるんですよね。

ただ、匿名であっても、SNS上で日本社会やご近所、親戚や友人知人の悪口を書き連ねるのは絶対止めましょう。

海外赴任は昔よりも珍しくないとはいえ、まだまだ海外生活はレアな体験。

何気なく書いたキーワードを頼りに、すぐ誰が書き込んだのか特定されるものです。

近所や駐在者本人の会社に知れ渡ると、ますます日本に居づらくなりかねません。

愚痴りたいときは、カウンセリングを利用して下さい(後述します)。

3.子どものメンタルヘルス

海外生活は、大人よりも子どものほうが素早く順応できたかも知れません。

でも、母国である日本に素早く馴染めるかというと…苦労するケースが多いのです。

3−1.「勉強がわからない」を絶対責めない

現地校やインター校に通っていた子どもの場合、日本の学校に編入すると「授業がわからない」という子が多くなります。

同じ教科でも所変わればカリキュラム(教育課程)はもちろん、各教科の背景にある教育哲学も違います。

たとえば、日本の算数は基礎固めとして「計算問題」を解くことを重視しますが、欧米では「文章題」が比較的多くなります。

帰国子女の中には、日本の子どもたちがスラスラと計算問題を解く姿にショックを受ける子も多いのです。

こうした教育スタイルや内容の違いから不登校になる子も多くいます。

こんなとき、子どもには「場所によって教育方法は変わるもの」「現地で受けた教育は間違ったものではない」ことを繰り返し伝えましょう。

学校評価が下がってしまっても責めないこと。

もちろん、このまま日本の教育スタイルに慣れないのも辛いもの。

塾に通うのが恥ずかしい子もいますから、家庭教師をつけるのもいいですね。

近年では、スタディサプリのようなオンライン講義を活用する例も増えています。

帰国後の子どもの教育については、こちらの記事でまとめていますので、ご覧ください。

帰国子女必見!帰任後の子どもの英語力を維持する方法や、帰任後の進学で注意点したいこと3選

この記事を書いた人 西原タオル ライター・編集者。東南アジア各国で約9年間、日系企業のサラリーマンとして駐在生活(シンガポール、マレーシア、ベトナムなど)。現在はフリーランスの「何でも屋」に。 家族帯 ...

続きを見る

4.メンタル不調が続くなら治療も必要

本帰国のストレスも時が経てば軽減されるはず…ですが、どうしてもつらいとき、しんどいときは、専門家の力を借りてみませんか。

精神科と聞くとハードルは高いですが、いまは地方にも心療内科、メンタルヘルス専門外来などが多くあります。

専門医だけでなく、心理カウンセラーでも大いに役立ちます。

カウンセリングで先生に悩みを打ち明けるだけでも、こころが軽やかになる場合が多いのです。

さきほど指摘したように、匿名でSNSに罵詈雑言を書き連ねるくらいなら、カウンセリングを受けて下さい。

専門家に診てもらったほうがいい状態の目安は、睡眠と食欲です。

眠れない、食べれない、これはメンタル不調の明らかなサインです、

帰任後、不眠が続いたFさんは、奥様の勧めで心療内科を受診しました。

アラフィフにして初めて遭遇した「こころのトラブル」、最初は緊張していましたが、先生に不満を話すだけで楽になったと言います。

睡眠導入薬も処方されました。

薬には抵抗があったものの、先生は「今はとにかく寝ないと、さらにメンタル悪化するよ」。

その後、徐々に投薬量を減らし、半年の通院で治療は終わり。今では元気に勤務しています。

子どもの場合は要注意!

ただ、子どもの場合、「不登校になったから通院」は絶対だめ。

まず親だけで専門家に相談して下さい(各自治体には不登校支援の窓口がありますし、「不登校支援センター」のような全国規模の専門機関もあります)。

不登校の子どもはとても繊細です。

「自分は病気だと思われてるんだ」と感じることで、さらに傷つくことがあるんです。

そして、お酒やギャンブルでのストレス発散はやめましょう。

過度な飲酒はさらに精神状況を悪化させますし、ギャンブルはこころだけでなくお財布も壊してしまいかねません。

5.まとめ

海外赴任からの帰国で、駐在者本人、帯同した妻(夫)、そして子どもに起こりかねないメンタルヘルスの問題とその対応方法でした。

心安らぐはずの本国での生活が、海外生活を経験したがゆえに苦しくなってしまうのは悲しいですが、紹介した対処方法を実践して見て下さい。

そして自分や身内だけの力に頼らず、時には専門家も活用しましょう。

頑張りすぎず、自分と家族をいたわりながら、帰任後のこころの問題と付き合っていきましょう。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

海外在住中に転職するために|転職エージェント各社紹介 3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-帰任関連

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2021 All Rights Reserved.