駐在・出張 お役立ち情報

Uber・Grabなど国別の配車アプリ利用状況まとめ 海外出張で使える配車アプリは?

更新日:

皆さんは海外出張時に、タクシーが捕まらず困った経験は無いでしょうか?

タクシーの乗り場が近くにない

・急いでいるときに限って捕まらない

・大通りまで出ないとタクシーが通らない

・正規タクシーではないタクシーに違法な料金を請求された

など、海外ではこのようなシュチュエーションに落ちいった経験がある方も多いと思います。

しかし、それも今や昔の話です。

最近では、アメリカ発の有名な配車サービスやモバイルアプリとネットさえあれば、どこにいてもタクシーを手配できる便利な世の中になっています。

近年、世界各国で都市圏を中心に、その競争が激しくなっており、新規配車サービスが続々と登場するなど急激に成長している事業です。

今回は、国別に人気の配車サービスアプリを、ご紹介します。

1.配車サービスアプリとは?

?一般的には、一般のドライバーが空き時間と自家用車を使って行うタクシーのような配車サービスです。

配車の予約から決済までスマホアプリで行うことができ、一般的なタクシーよりも割安なので、海外出張、海外駐在時の強い味方です。

海外へ渡航した際には、街中でちょっとした移動にタクシーを使いたい、そんなシーンは多いもの。

スマホで気軽に使える「配車サービス」を覚えておくと、何かと役立ちます。

アメリカ(ニューヨーク・サンフランシスコ)

?ニューヨークでは、一般的に「Uber(ウーバー)」と「Lyft(リフト)」の2サービスがあります。

では、どんなサービスなのか説明します。

メモ

Uber(ウーバー)

Uberとは、2009年にアメリカで誕生した自動車配車プラットフォームです。

読み方は「ウーバー」。

Uberのシステムを一言でいうと、一般人が空いた時間を利用してタクシー運転手のような仕事を行い、スマホアプリを通じてマッチングした一般人が利用するというライトシェアリングサービスです。

アプリで簡単に車を手配できるという手軽さが受け、近年のシェアリングエコノミーの普及とともにサービスを拡大、2017年3月現在、世界70か国、450都市以上で展開しています。(アプリは日本語にも対応)

メモ

Lyft(リフト)

今、アメリカで「Uber」と並んで、そのシェアを伸ばしているのが、米国サンフランシスコで2014年に開始されたライトシェア型のオンライン配車サービス「リフト」です。

アメリカでは、もう当たり前のようになっている配車サービスで、現在1000万回以上の乗車があり、利用者は現在も増加を続けています。

20期連続の100%増以上となることが確実視されている、ノリにのっているアプリです。

ドイツ

my Taxi(マイタクシー)

2009年にドイツ・ハンブルグで生まれた「my Taxi」は、タクシーアプリのパイオニアとして世界的なマーケットリーダーとして知られています。

ドイツの大都市でサービスを開始後は、欧州全域、大陸を超えたオーストラリア、アメリカと順調にサービスを拡大し、現在1000万人以上のユーザー数と登録タクシー数45,000台以上を誇っています。

特に都市圏で人気があり、ロンドンではイギリスの伝統的なタクシー「Black Cab」を呼ぶことができます。

正式なライセンスを持つドライバーを呼べるため、旅行者でも安心して利用することができ、アプリ上で入力することで料金を安くすることができる割引コードがもらえたり、利用者に多くの利点があります。

イスラエル

Gett(ゲット)

イスラエル発の配車アプリ「Gett」は、世界各国で急激に成長している配車アプリで、現在、アメリカ、イギリス、ロシア、イスラエルの100以上の都市でサービスを提供しています。

有名なドイツ車メーカーである「フォルクスワーゲン」や「トヨタ自動車」の投資を受けたことでも話題となったベンチャー企業です。

創業当初は、Get Taxi社を名乗り、サービスを展開してきましたが、配車アプリサービスとして急成長し、配車アプリサービス最大手Uberに引けを取らないほどの勢いで拡大を続けています。

それから2年後の2011年8月にはロンドンでのサービスを開始しています。

アジア(インドネシア他)

Grab(グラブ)

東南アジアでもっとも普及されていると言われているのがGrab(グラブ)です。

タイ、インドネシア、シンガポール、ベトナムと利用者が拡大してきました。

使い方も簡単で、アプリを開いて行き先と目的地を入力し、金額を確認して配車依頼するだけです。

特にインドネシアでの普及率は目覚ましく、インドネシアのジャカルタのスカルノ・ハッタ空港に到着すると、イミグレに向かう途中で、まず」目に留まったのは「Grab」の広告の数々です。

とにかく右も左も「Grab」であふれています。

また、近年、急速な成長を遂げてきたのが、Grabのバイタクシーサービスです。

インドネシアやタイでは、移動手段としてバス・電車・タクシーとともにバイクタクシーが一般的で、ジャカルタは渋滞が世界一ひどいため、混雑や渋滞を少しでも避けるために利用されていることが多いようです。

しかし、企業の出張者や駐在者は、事故のリスクも高いので、バイクタクシーはあまり利用していないのが実情でしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。国によって人気の配車アプリも異なるようですね。

是非、参考にしてください。

ビジネス出張者向け!おススメ記事!

1

海外に行く時、いつでも連絡を取れるようにしておきたい! そう考える方にとって必須なのが海外Wi-fiですよね。 しかし、海外Wi-fiサービスが普及した今では比較や検討が正直面倒くさく、情報が分からな ...

2

海外出張の際、外出時やどこでも連絡を取るために必要なのが海外Wi-fiですよね。 しかし最近では、多くの会社が海外Wi-fiを提供しており、「どこの会社のものが一番良いか分からない...」というのが実 ...

3

「また来週から2週間ジャカルタだ」、「今月は3回も海外出張が入っている」 近年、企業の海外出張の件数が軒並み増加しており、こんな海外出張者も多いのではないでしょうか?出張準備と移動と現地での食事会と、 ...

4

企業の海外進出など、企業内で英語を必要とする業務が増え、ビジネス英会話を話せる人材への需要も高まっています。 海外で働く人に限らず、国内でも英語力が求められる機会が増えてきました。 皆さんも、その必要 ...

5

海外駐在を経験した、あるいは現在、駐在中の方は、「この経験って有利なのか」「どれくらいの市場価値があるのか」ということを一度は考えたことがあるのではないでしょうか。 海外駐在中に転職を考えた際には、「 ...

-駐在・出張 お役立ち情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2019 All Rights Reserved.