海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

駐在・出張 お役立ち情報

Uber・Grabなど国別の配車アプリ利用状況まとめ 海外出張で使える配車アプリは?

更新日:

皆さんは海外出張時に、タクシーが捕まらず困った経験は無いでしょうか?

タクシーの乗り場が近くにない

・急いでいるときに限って捕まらない

・大通りまで出ないとタクシーが通らない

・正規タクシーではないタクシーに違法な料金を請求された

など、海外ではこのようなシュチュエーションに落ちいった経験がある方も多いと思います。

しかし、それも今や昔の話です。

最近では、アメリカ発の有名な配車サービスやモバイルアプリとネットさえあれば、どこにいてもタクシーを手配できる便利な世の中になっています。

近年、世界各国で都市圏を中心に、その競争が激しくなっており、新規配車サービスが続々と登場するなど急激に成長している事業です。

今回は、国別に人気の配車サービスアプリを、ご紹介します。

1.配車サービスアプリとは?

一般的には、一般のドライバーが空き時間と自家用車を使って行うタクシーのような配車サービスです。

配車の予約から決済までスマホアプリで行うことができ、一般的なタクシーよりも割安なので、海外出張、海外駐在時の強い味方です。

海外へ渡航した際には、街中でちょっとした移動にタクシーを使いたい、そんなシーンは多いもの。

スマホで気軽に使える「配車サービス」を覚えておくと、何かと役立ちます。

アメリカ(ニューヨーク・サンフランシスコ)

ニューヨークでは、一般的に「Uber(ウーバー)」と「Lyft(リフト)」の2サービスがあります。

では、どんなサービスなのか説明します。

メモ

Uber(ウーバー)

Uberとは、2009年にアメリカで誕生した自動車配車プラットフォームです。

読み方は「ウーバー」。

Uberのシステムを一言でいうと、一般人が空いた時間を利用してタクシー運転手のような仕事を行い、スマホアプリを通じてマッチングした一般人が利用するというライトシェアリングサービスです。

アプリで簡単に車を手配できるという手軽さが受け、近年のシェアリングエコノミーの普及とともにサービスを拡大、2017年3月現在、世界70か国、450都市以上で展開しています。(アプリは日本語にも対応)

メモ

Lyft(リフト)

今、アメリカで「Uber」と並んで、そのシェアを伸ばしているのが、米国サンフランシスコで2014年に開始されたライトシェア型のオンライン配車サービス「リフト」です。

アメリカでは、もう当たり前のようになっている配車サービスで、現在1000万回以上の乗車があり、利用者は現在も増加を続けています。

20期連続の100%増以上となることが確実視されている、ノリにのっているアプリです。

ドイツ

my Taxi(マイタクシー)

2009年にドイツ・ハンブルグで生まれた「my Taxi」は、タクシーアプリのパイオニアとして世界的なマーケットリーダーとして知られています。

ドイツの大都市でサービスを開始後は、欧州全域、大陸を超えたオーストラリア、アメリカと順調にサービスを拡大し、現在1000万人以上のユーザー数と登録タクシー数45,000台以上を誇っています。

特に都市圏で人気があり、ロンドンではイギリスの伝統的なタクシー「Black Cab」を呼ぶことができます。

正式なライセンスを持つドライバーを呼べるため、旅行者でも安心して利用することができ、アプリ上で入力することで料金を安くすることができる割引コードがもらえたり、利用者に多くの利点があります。

イスラエル

Gett(ゲット)

イスラエル発の配車アプリ「Gett」は、世界各国で急激に成長している配車アプリで、現在、アメリカ、イギリス、ロシア、イスラエルの100以上の都市でサービスを提供しています。

有名なドイツ車メーカーである「フォルクスワーゲン」や「トヨタ自動車」の投資を受けたことでも話題となったベンチャー企業です。

創業当初は、Get Taxi社を名乗り、サービスを展開してきましたが、配車アプリサービスとして急成長し、配車アプリサービス最大手Uberに引けを取らないほどの勢いで拡大を続けています。

それから2年後の2011年8月にはロンドンでのサービスを開始しています。

アジア(インドネシア他)

Grab(グラブ)

東南アジアでもっとも普及されていると言われているのがGrab(グラブ)です。

タイ、インドネシア、シンガポール、ベトナムと利用者が拡大してきました。

使い方も簡単で、アプリを開いて行き先と目的地を入力し、金額を確認して配車依頼するだけです。

特にインドネシアでの普及率は目覚ましく、インドネシアのジャカルタのスカルノ・ハッタ空港に到着すると、イミグレに向かう途中で、まず」目に留まったのは「Grab」の広告の数々です。

とにかく右も左も「Grab」であふれています。

また、近年、急速な成長を遂げてきたのが、Grabのバイタクシーサービスです。

インドネシアやタイでは、移動手段としてバス・電車・タクシーとともにバイクタクシーが一般的で、ジャカルタは渋滞が世界一ひどいため、混雑や渋滞を少しでも避けるために利用されていることが多いようです。

しかし、企業の出張者や駐在者は、事故のリスクも高いので、バイクタクシーはあまり利用していないのが実情でしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。国によって人気の配車アプリも異なるようですね。

是非、参考にしてください。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-駐在・出張 お役立ち情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2022 All Rights Reserved.