ワンランク上の海外駐在、海外出張を実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

駐在・出張 お役立ち情報

経験者が語る!海外出張時に持参すべきマストアイテム・便利グッズとは?

更新日:

海外出張が決まって、「何を準備すればいいのだろう」とお悩みではありませんか。

出張する際には、事前の準備が大切です。

特に、海外出張ともなれば、いろいろなアイテムが必要になります。

海外は何かと日本とは勝手が違うので、不便さを感じ、予期せぬトラブルにあうことも多々あります。

今回は、海外出張時に持参すべき1.ストアイテムと、2.便利グッズに分けてご紹介します。

 

1.海外出張で必要なマストアイテム

・パスポート

もちろん海外出張の場合はパスポートが必要になります。

パスポートは手続きから発行まで1週間程度かかるので注意してください。

注意ポイント

また、すでに持っている方は、パスポートの「有効期限」に注意してください。

国によっては、6か月以上の有効期間が無いと、入国できない、ビザが下りない、というケースもあります。有効期間は必ずチェックしておきましょう。

・ビザ

また、渡航先の国や渡航の機関などによっては大使館にビザの申請をしなければなりません。

ビザの発行のルールは国ごとに違うので、出張先のルールを確認してください。

・スケジュールのコピー

海外出張において、スケジュールの管理が非常に大切です。

現地での時間はもちろん、飛行機の時間に合わせて家、ホテルを出る時間は必ず事前に確認してほしいです。

ただでさえ慣れない海外ですので、想定外のことは必ず起こる可能性があります。

そんなときでもスケジュールを把握して余裕をもって行動していれば、慌てずじっくり対策を考えられます。

行きの飛行機に乗り遅れることだけは本当に注意してください。

また、海外の入国審査では滞在予定はほぼ確実に聞かれますので、「仕事」「観光」「どこに泊まるの」「いつまでいるの」「何しに来たの」という質問をされます。

そんなとき、手元に旅程・スケジュールのコピーがあれば、最悪それを見せれば大丈夫です。

ポイント

なお、旅定表はできればコンパクトに、さっと取り出して確認できるように縮小コピーしておくことをお勧めします。

できれば手帳に張り付けておけるサイズをお勧めしています。

例えば、旅先でバッグからフォルダを出して、いかにも旅慣れていない旅行者とわかると、犯罪被害のターゲットにされてしまうこともあるので、注意が必要です。

・航空券

イーチケットの登場により、今や「航空券」自体はさほど重要ではなくなってしまいました。

もし航空券を忘れてしまっても、イーチケットのデータがあれば、で空港カウンターで発券可能です。

別の視点になりますが、航空券取得時に注意が必要な点は、現地到着時間を考慮する、という点です。

特に治安のあまりよくない国の場合は重要です。

仮に深夜に現地に到着するような場合、駐在者が空港まで迎えにくる際にはリスクを負うことになります。できるだけ、明るい時間帯にホテルに入れるよう、時間を考慮してチケットを取るようにしましょう。

・ホテル予約のバウチャー

これが役立つのは、タクシーで行き先を伝えるとき、電車の乗り方がわからないとき、ホテルのチェックインのときです。

特に、現地のタクシードライバーに英語を話せないこともしばしばあります。

そんなとき、ホテルの予約表にあるホテル名と住所を見せれば確実に到着できます。

 

2.海外出張で持参すべき便利グッズ

・海外で使えるWi-Fi

Wi-Fiも用意した方が良いでしょう。

日本の携帯電話、スマホを海外で使用できる設定にすると、高額の利用料が発生しがちです。

また、渡航先によっては、十分な通信環境がない場合もあります。

空港でもWi-Fi機器をレンタルできる店があることが多いので、出張先でのWi-Fi環境についても調べておきましょう。

・薬

現地の食生活が体に合わなかったり、現地の環境に慣れなかったりして体調を崩してしまうこともしばしばあります。

そのような場合に頭痛や腹痛の薬などは必要ですが、「現地では調達できない」「現地で調達した薬は少し不安を覚える」という場合もあります。

そのようなときのための薬は日本から持って行った方が安全です。

もちろん、処方されている薬は忘れずに持って行きましょう。

・変換プラグ

日本では四角い金属が2枚突出している電源プラグが一般的ですが、海外では必ずしもその電源プラグを使用していない場合があります。

もちろん、電源プラグの規格が違うとコンセントが使えず充電できません。

渡航先の国の規格に合わせた変換プラグを要しておいた方が良いでしょう。

いくつかの型を1台にまとめたマルチタイプが便利です。

・充電セット

最近はUSBや電源を備える飛行機も多くなってきました。

現地についてからも目的地に着くまで携帯電話・スマホは使える状態にしておくと何かと安心かと思いますので、是非、充電のための一式はポーチに入れることを、おすすめします。

・アダプタ

・ケーブル(長くても1m程度あればOK)

・モバイルバッテリー

・クレジットカード

最近は、日本国内でもクレジットカードがどこでも使えるようになりました。

海外でも国にもよりますが、クレジットカードが便利です。

レートの面でも、セキュリティの面でも、クレジットカードの使用をおすすめします。

現金という話もありますが、カードが使えれば現金がたりなくても大丈夫です。

タクシーもカードで使える国が多いようです。ちなみに、海外で使用するならVISAかMasterが無難です。

まとめ

ご紹介した海外出張時に持参すべきマストアイテム、便利グッズはいかがだったでしょうか。

ここでご紹介したアイテム、グッズが皆さんの役に立つと良いですね。

海外勤務者に人気の転職エージェントは?

1

海外で就職したい又は働き続けたい人に向けてJACリクルートメントやリクルートエージェント、ビズリーチ等のエージェントを20社紹介します。転職サイトはとにかく数が多く、乱立している状況なので海外就職する ...

2

海外赴任から帰国後のキャリアでは、海外の経験を活かしキャリア形成することが可能である一方、自身のポジションが確保されておらず、能力的な評価を受けることが難しい場合があります。 場合によっては、国内での ...

40代で転職歴があっても海外経験があれば転職できる 3

40代で転職歴があったとしても海外経験があれば転職できます。グローバル化が進んでいる社会ですから、海外経験がある人材は40代でも需要があります。しかし、複数の転職歴がある方や職歴が荒れている方は、不信 ...

ビズリーチの海外勤務や海外転職の評判は案件が豊富で良い 4

ビズリーチは国内だけでなく、海外求人案件を豊富に扱っているので、海外勤務または海外転職を考えている人にも評判が良く最適です。国内最大級のハイクラス転職サイトであり、優良企業や一流のヘッドハンターから来 ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 5

海外駐在員は、転職市場では高い評価を得ることができます。その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験が買われるからです。よって、転職活動はスムーズに進めることができ、高確率でキャ ...

6

海外駐在中に退職手続きを行うメリットとしては、極力会社に迷惑をかけないで退職することができます。海外駐在員による退職の手続きは、人事部にとって大きく負担になります。なぜなら、駐在できるレベルの語学力を ...

-駐在・出張 お役立ち情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2020 All Rights Reserved.