海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

海外で働く(日本→海外) 現地採用向け情報

【体験談】私が海外経験ゼロから海外就職した手順とノウハウ公開します

更新日:

海外留学経験、語学力ないと海外では働くことができない。。と海外転職を諦めていませんか?正直大半の場合は英語力又は現地の言語が必要になります。

しかしそれよりも日本での経験・スキルを欲している企業が世界を見渡せばたくさんあります。条件に合う求人情報をいかに素早く掴み取るかが一番重要ポイント!

実際私も語学力ゼロの状態で日本企業から現地採用でアジア外資企業に転職を果たし、実際の業務も翻訳機や通訳さんを活用して勤務していた経験があります。
今回は実際海外留学経験なし、語学力ゼロで日本企業から海外企業に転職した私がおすすめする海外留学経験、語学力ゼロでも海外転職できる方法をお伝え致します。

1:職種の需要、転職したい国の求人リサーチ

職種の需要、どの国に転職したいか、職種と転職したい国について調べてみましょう。

特に飲食、IT、工業、医療関連のスキルは需要があり日系企業や日本人オーナーが求人を出していることが少なくないため、語学力よりご自身の実力を評価してもらえれば転職出来る可能性があります。

その中でも東南アジアエリアでは日本企業の進出も多く日本で管理職に就いていた方へのヘッドハンティングも盛んなため、たくさんの語学力不問の求人を見つけることができます。まずはその求人情報を探すことから初めてみましょう。

参考

海外転職を取り扱っているエージェントやサイトも無数に存在しているので、慣れるまでは3つ程度、気になるサイトが多く見つかった方でも最大5つ程度に絞ってサイト登録することを推奨します。

求人情報が多すぎても何が自分に合っているのか混乱するため、第一ステップとして自分の希望条件に当てはまりそうな転職案件を握っているエージェントやサイトを見つけることがポイントです。

2:語学力不問求人を多く取り扱っている海外転職サイトに登録しよう

第二ステップのポイントは「ビズリーチ」や「JAC リクルートメント」など大手サイトは語学力を問われることが多いので、語学力がなくても経験やスキルを海外転職の評価ポイントとおいてくれる求人を扱っている中規模サイトを中心に登録を進めましょう。

実際に私も登録して活用しているおすすめサイトをいくつか紹介します。

GJJ海外就職デスク

https://www.kaigai-shushoku.com/jobs-industry/healthcare/
東南アジアがメインですがアメリカや欧州までの求人が一気に検索でき、語学力不問の求人を多くみかけます。

GREEN

https://www.green-japan.com/
IT関連の転職サイトですが海外に拠点を置く企業の掲載もあり、日系企業では語学力より経歴重視の求人があります。実際私もGREENを通して数社オファーを獲得した経験があります。

Linkedin

https://www.linkedin.com/
世界最大級のビジネス特化型SNS。日本語の履歴書を登録しておいただけで何件も問い合わせ、オファーをもらった経験があります。世界最大級だけあって世界中の仕事を探すことができ、実際にオファーしてくれる企業も桁違いに多く理想の企業に出会うことができます。

しかし実際選考が進むと英語力を問われることがほとんどなので、Linkedinを活用して海外転職活動は難易度高めです。しかし語学力不問でスカウトくることが稀にあるので登録しておいて損はありません。

3:海外転職、就職者と繋がろう

海外転職者はアクティブな人が多いためTwitterやFacebookで情報発信している方が多くいらっしゃいます。

就職したい国や実際にご自身と同じ職種に就いて海外で働いている日本人を探し直接コンタクトを試みて下さい。

コメントやDMを使って詳しい転職事情を聞いてみましょう。

実際私も必ず転職したい国の現地日本人を探してコンタクトをとっています。一番最新情報を掴んでいますし、『日本人にとってどうなのか』というリアルな声は今後ご自身が転職先を決める時にとても役に立ちます。

海外転職の現実を直接聞くことで転職サイトやエージェントが発信している広告情報とはまた一味違った生の現状を把握することはとても重要です。

情報が限られている海外転職においては『実際はどうなのか』の情報を仕入れることは今後のご自身の進路を大きく左右することになるでしょう。

海外転職経験者の話しを聞いて、それでも海外転職したいと気持ちが強ければ海外で働いている日本人にどんどん売り込んでおきましょう。

実際その場で仕事を紹介してもらえなくてのちのち有力な現地の求人情報を共有してくれる可能性があります。

メモ

リプライやDMを何度かスルーされてもへこたれないで何度もチャレンジすることがこの第三ステップの肝となります。

4:まとめ

ここまで海外転職初心者に向けた『まず何から準備する?海外留学ゼロでも海外転職できる方法』をお届け致しました。

ただし、この情報通りに海外転職の準備をしても希望通りの転職先がすぐ見つかるとは限りませんので準備には時間に余裕を持って進めていくことがおすすめです。

全く語学力ゼロよりは英語又は現地の言葉が理解できるに越したことはないので、転職活動と平行して独学やオンライン学習でもいいので自分に合った方法で語学学習も平行して進めましょう。

日本企業に勤めていたころは「自分の人生なんてこんなものか。。」と枯れ始めていた私の人生も海外転職によって収入アップも自由な時間も得ることが出来て、今は毎日とても楽しく過ごしています。

海外転職して良かった!としか思えません。人生一度きりなので海外転職や移住に憧れをもっている方はぜひ一度は挑戦する勇気をもって一歩踏み出してはいかがでしょうか?

この記事を書いた人 nsaonfeさん

日本国内になるごく平凡な4大(文系)を卒業後、ファッション業界に入社PR担当として8年経験を積み、その後海外転職開始し、東アジアにあるITベンチャー企業へ入社。
移住をきっかけにファッション業界からIT業界へ移行し、その魅力に気づき次なるキャリアップとして欧州諸国を移住地に決定。
現在はヨーロッパにある国で英語学習をしながら海外企業から海外企業への転職活動中!

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-海外で働く(日本→海外), 現地採用向け情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2022 All Rights Reserved.