海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

海外転職支援エージェント

アジアに強い転職エージェント-各都市に拠点ありのおすすめサービス

更新日:

拠点が転職先の都市にありスタッフが現地に常駐している転職エージェントなら、日本ではわからない現地の様子や最新情報が手に入ります。

求人情報もリアルタイムで豊富に入手できるほか、何かあったときもすぐに相談できる点が強みです。

アジアは、語学力やキャリアなどのハードルが比較的低く、欧米諸国と比べてビザも取りやすいため転職先として人気があります。日本企業が多数進出しており、就職先も数多。

アジアでの転職には、非公開求人を多数抱えている就職エージェントの活用が不可欠となります。エージェントの拠点が現地都市にあると、現地に住んで事情をよく知る専門のコンサルタントが対応してくれるので、安心して相談ができる点もおすすめのポイントです。

転職では、最新の情報をとれだけ早く手に入れるかがポイントとなります。現在進行形で情報が入ってくる、現地拠点のあるエージェントを使って転職を成功させましょう。

アジアでの転職には就職エージェントの活用が必須-事務手続きなど削減可能

アジアでの転職で失敗しないためには、平行して現地情報を含め十分なリサーチが必要です。

そのためには、アジアに強い転職エージェントの力を借りる必要があります。

なぜなら、個人で求人に応募するよりも、転職エージェントを活用したほうがより効率よく転職することが可能だからです。

アジアに強い転職エージェントを活用したほうがいい理由

  • 現地の正しい最新情報を持っている
  • 最適な仕事を提案してくれる
  • してくれる

現地での正しい最新情報は、個人ではなかなか入手することができません。しかし、アジアに強い転職エージェントを活用することで、最新情報からリアルな問題まで入手することができます。
現地にある自分に合った仕事を提案してもらえるほか、必要な手続きなどを削減することも可能です。

エージェントを利用することは、個人での転職活動に比べてメリットが多いといえるでしょう。

アジアに強い転職エージェントおすすめ7選

順位

名前

拠点

リンク

1


iconicJob

アジア中心

2


RGF HR Agent

アジア中心

3


Reeracoen

アジア中心

4


JACリクルートメント

アジア~英国、欧州

5


ビズリーチ

アジア~全世界

6


リクルート・エージェント

アジア~全世界

7


doda

アジア~全世界

アジアに特化、現地に強い-アジアメインのエージェント

以下の3つのエージェントは、アジア領域の求人案件に特化しています。

日系企業の求人に特化していたり、大手企業が運営していたりと、利用するうえで安心できるサービスが魅力です。

1. 年収1000万円超えのハイキャリア求人もあり-iconicJob


iconicJob

iconicJobは2008年5月に設立されたICONIC Co., Ltd.が運営する転職支援サービスです。拠点はベトナム(ホーチミン)、ベトナム(ハノイ)、インドネシア、マレーシア、日本、シンガポールにあります。求人のおよそ80%は非公開求人となっております。その為ホームページ上で見られる求人は僅か20%程度であり、登録してキャリアアドバイザーから提案を受けられるようにすれば自身にあう案件に出会える可能性が大幅に増えます。取り扱っている案件はベトナム、インドネシア、マレーシア、シンガポールのほかタイ、ラオス、ミャンマー、バングラデシュ、インドや中国などがあります。

2. 大手企業のリクルートが母体-RGF HR Agent


RGF HR Agent

 RGH(Recruit Global Family)はリクルートホールディングス の海外事業会社として香港、シンガポール、ベトナム、インドネシア、日本、タイ、中国(上海)、中国(蘇州)、中国(北京)、中国(天津)、中国(大連)、中国(広州)、中国(深圳)、インドに支社(オフィス)を所有しています。日本でNo.1のアジア向け人材紹介のサービスエージェントですがアジアNo.1へ向けて挑戦しています。国ごとに日本人向けにそれぞれ事務所とHPを所有しており、転職する国を決めている人や特定の国で決めてから案件に狙いを定める人には大変向いているサービスです。例えば、タイの求人を見てみたい人はRGF HR Agentのホームページの「RGF HR Agentについて」の中の「運営会社」に移動しタイの紹介にあるURL「http://www.rgf-hragent.asia/thailand/」からタイのHPへたどることができます。そこから特定の職種を選ぶとどのような公開求人案件があるか分かります。

業界トップクラスで案件も多く非公開求人案件も所有しているため、登録して面談後にアドバイザーから案件紹介を受けるようにしましょう。

3. ネオキャリアが海外で展開しており日系企業の求人が多い-Reeracoen


Reeracoen

 Reeracoen(リーラコーエン)は2011年にシンガポール設立からスタートしアジア全域に拠点を広げ、2020年7月時点においてはタイ(バンコク、チョンブリ)、インドネシア(ジャカルタ、チカラン)、フィリピン(マニラ、セブ)、ベトナム(ホーチミン、ハノイ)、マレーシア(クアラルンプール、ペナン)、シンガポール、台湾、香港の8ヵ国(13拠点)に支社を所有するにまで展開中。主に日系企業の案件を取り扱っています。親会社は日本での転職を支援する株式会社ネオキャリア。案件でもっとも多い業界は製造業で、次いで卸売業及び小売業となっています。英語や現地語に自信がない人でも応募可能な案件あり。しかしながら英語力としては全般的にシンガポール、フィリピン、インドでは基本的に高めの英語力が求められると考えてよいです。求人案件総数としてはあまり期待しないほうがよいでしょう。他のエージェントと併用することをオススメします。

世界各地で展開しており転職ノウハウが豊富-アジア各地に拠点があるエージェント

以下の4つのエージェントは、アジアに主な拠点を持っており、グローバル案件を所有しています。

「アジア地域への転職を希望しているけれど、とくにアジア地域に拘らず、案件の内容との兼ね合いで決めたい」という人であれば、こちらも併用するのがおすすめです。

1. 年収800万円以上のハイクラスの求人あり-JACリクルートメント


JACリクルートメント

株式会社JAC Internationalは、ネイティブ・バイリンガルコンサルタントによる外資系企業のハイクラス転職サービスであり、主に日本国内の外国人向けのサービスを行っています。株式会社 シー・シー・コンサルティングは、外資系転職サイトである「キャリアクロス」を運営しています。JAC Recruitment International Ltdは、JACリクルートメントの海外向け案件を扱っているサービスであり正にココで意図しているサービス会社。株式会社バンテージポイントはコンサルティングファーム、金融機関での管理職及びそのパートナーなどエグゼクティブ人材・若手幹部候補向け転職支援コンサルティングサービスです。このように、傘下に国内国外問わずビジネスの領域を拡大しています。

 JACの会社概要によると、その海外拠点は次のようになっています。(2021年2月時点)

  • シンガポール
  • マレーシア(クアラルンプール/ジョホール/ペナン)
  • インドネシア(ジャカルタ)
  • タイ(バンコク/チョンブリ)
  • 中国(上海/香港特別行政区)
  • 韓国(ソウル)
  • ベトナム(ホーチミン/ハノイ)
  • インド(グルガオン)
  • 英国(ロンドン)
  • ドイツ(デュッセルドルフ)

日本も含め世界に11ヵ国、計24拠点あります。4つ所有している子会社は次の通りです。

  • 株式会社 JAC International
  • 株式会社 シー・シー・コンサルティング
  • JAC Recruitment International Ltd
  • 株式会社バンテージポイント

JAC全体として、年収800万円以上の案件を多数所有しており、およそ60%は非公開求人となっています。2019年のアンケートによると外資系・グローバル転職の取引実績は4000件とのことになっておりこの実績が多いのか少ないのかは微妙なところです。現時点2021年3月時点としては更新が望まれるところです。

2. 年収アップも狙えるミドルクラス向け-ビズリーチ


ビズリーチ

 検索できる海外としては、中国、韓国、香港、シンガポール、タイ、ベトナム、その他アジア、アメリカ・カナダ、ヨーロッパ、オーストラリア、その他海外となっています。

適切なヘッドハンターを見つけるために、コンサルタントのランキングと同時にプロフィールをしっかりチェックしてみるとよいでしょう。ビズリーチ独自のスコアとして写真と共にヘッドハンタースコアがトップからボトムまで計3700名以上1位からS、A、B、Cのようにランキングされています。

ビズリーチの転職活動の流れは大きく分けて次の通り2つあります。

  • 採用企業と直接コミュニケーションをはかる
  • ヘッドハンターから支援を受けながら進める

したがって、幾つかの海外案件から紐づいている担当者から2.で海外案件に強いヘッドハンターを見いだしアドバイスを受けるようにするかヘッドハンター検索から勤務地を選び出してみるとよいでしょう。但しプレミアムステージ(有料プラン)で利用する必要があります。

3. 経験なしで英語がダメでも求人あり-リクルートエージェント


リクルート・エージェント

 現時点2021年3月において海外案件の総数として公開求人が165件、非公開求人が148件となっています。すべての案件が経験なし、英語がダメでも採用してもらえるかは個別に確認が必要です。インド、中国、ベトナム、フィリピン、タイ、シンガポールなどアジアを中心にアメリカなどグローバルに案件があります。より多くの案件に出会うため、登録して、非公開求人を紹介してもらえるようにしましょう。

4. 幅広いキャリアで全世代対応し英語力に自信がなくても大丈夫-doda


doda

以前より名の知れたdoda(デューダ)は、現在パーソルキャリア株式会社が運営する転職支援サービスです。2017年7月に株式会社インテリジェンスが商号変更し、会社名がパーソルキャリア株式会社になっています。
2021年3月時点において、海外案件の総数として公開求人が300件ほどあります。非公開はどの程度か公表はしていないようですが、リクルートエージェントよりも多く案件を保有。未経験から幅広い人材を対象にしていると言えます。また「英語を生かす仕事」「外資系企業」「英語を活かせるプラスアルファの転職」などテーマごとに検索可。dodaは転職サイトと転職エージェントの両方を合わせ持つ、転職支援サービスであります。

複数のサービスに登録して情報を集め、転職を実現させよう

海外案件は国内案件と比較すると、求人案件だけでも情報が限られてしまいます。

なるべく多くの転職エージェントサービスに登録することで、情報集の量と質が共に高くなるでしょう。

案件の数が増えれば、その分スカウトの機会も掴みやすくなります。

複数のエージェントサービスに登録し、より合う求人やサービスを提供できるエージェントを見つけることが、転職成功への鍵となるのです。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

海外在住中に転職するために|転職エージェント各社紹介 3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-海外転職支援エージェント

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2021 All Rights Reserved.