海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

東南アジア・インド 現地生活情報

バンコク赴任者・出張者が気を付けたいトラブル5選

更新日:

海外赴任中にはトラブルに遭いたくはないですよね。日本ではなかなか経験できない()トラブルもあります。。

今回はバンコクでの邦人ビジネスマンに多い実際のトラブルを紹介します。

外務省 海外安全ホームページで確認しよう!

トラブル体験談の前に、外務省の「海外安全ホームページ」を確認してみましょう!

タイは邦人居住者も多く、微笑みの国と言われますが、実は犯罪もかなりの件数発生しています。

外務省では、海外安全ホームページ内の「安全対策基礎データ」にて、その国での邦人被害の実例、犯罪情報をウェブサイトで掲載しています。

出典:外務省「海外安全ホームページ タイ  安全対策基礎データ」

タイの治安概況

  • バンコクは危険情報レベル1「十分注意してください」が発出されている。
  • 邦人被害の実例は、スリ、ひったくり、詐欺が多いが凶器による犯行が目立つ。
  • 交通事故の死亡率が高い。車に乗る際はシートベルトを必ず着用する。
  • 王室に対する言及は避けるなど、風習、習慣に留意する。
  • 医療環境は整っている。

渡航前に、上記サイトにて概況を確認してから渡航するようにしましょう!

1.タクシーのトラブル

ここからは実際のトラブル実例をご紹介します。(以下の事例はすべて、バンコク在住経験のあるLISAさんの体験談です。)

バンコクではメータータクシーが一般的ですが、タクシーでのトラブルは尽きません。最近は配車アプリも普及しつつありますが「まだ使えない」という意見も。

以下、タクシートラブル事例と対策をご紹介します。

メータータクシーが遠回り

タクシー運転手による意図的(?)な遠回りはよく聞ききます。慣れない頃や、知らない道の場合は、タクシーの登録番号を確認する仕草などしておけば悪質な事がされにくくなります。

女性は性犯罪に巻き込まれる危険もあります。乗車中に携帯電話で誰かと話しているフリをするだけでも有効です。

雨天時や渋滞時、値段交渉になる

タクシーの値段交渉はタイではまれにあることで、ある程度は仕方ないです。「値段交渉するタクシー=悪」と決めつけずに、タクシーを求めてウロウロする労力に比べて妥協可能な料金か検討する柔軟性も必要。日本円にしたら100円や200円の高めの料金なら気持ち良く払って乗ってしまった方が気分いいこともあります。

メーター改造

私の知人が遭遇したケースなのですが、空港からホテルまで地図アプリを見ながら行ったのに、メーター料金が相場より高かった、ということがあったようです。空港のカウンターにて発行の車両番号が書かれた紙を受け取っていたが、よく分からずに運転手に言われるがまま渡してしまった(後で思うと証拠隠滅?)。本人曰く、メーターが改造されていたとしか思えない状況だったとのこと。

ガイドブックにも書かれていない、かなり珍しい事象ですし、真相は不明のままですが、バンコクでタクシーに乗るときはナンバープレートや社内の登録証等を控えておくのが間違いないな、と改めて思いました。

遅い時間のタクシー利用は控えるべき

深夜11時以降から朝5時頃までは、バンコク市内でもタクシーの利用は避けたほうが無難です。

現地に駐在されている奥様なども、このようなルールで生活している人が多い印象です。

理由としては、やはり犯罪被害が多いとのこと。

タクシー運転手は、職業差別ではないのですが、比較的生活に困っている人も多く、車のダッシュボードから鉈や拳銃を出されて脅された、という邦人の方もいます。

特に深夜の時間帯は人目も少なく、被害が多いという話を聞きます。注意して利用するようにしてください。

2.ひったくり、スリの被害

路上を歩いているときにバイクによるひったくり被害に遭ったという人は、私の周りでも何人もいます。

電車の駅やエスカレーターなどでスリに遭う人も多いです。思っているよりもずっと身近に起こっているので常に気を付けましょう。

特に、道路側にバックを下げない、リュックで移動するなどの対策が必要です。

3.スキミング、清掃スタッフや家政婦による盗難

クレジットカードのスキミング被害は出張者がホテルでよく遭っている被害です。

これは、できるだけ会計の際にカードから目を離さないことと、毎月のカード請求をこまめにチェックすることである程度防止できます。あと、カード利用を知らせるメールを携帯電話で受け取るように設定しておく、等で被害を抑えましょう。

部屋の清掃スタッフによる盗難もたまに聞きます。ホテルには貴重品や大金を置いたままにしない、財布を目につく場所に置かない等シンプルな予防策を講じましょう。

家政婦に日用品の買い物を任せていたら、預かったお金で私物も買っていたというケースもありました。レシートはチェックしましょう。

4.恋愛トラブル

タイ人異性とのトラブル、実は多いです。

主にお金、嫉妬、不倫の3点です。 詳細は長くなるのでココでは簡単に述べておきます。

お金にまつわるトラブル

日本人男性にタイ人彼女ができると「親の医療費」や「弟の学費」、「結納金」をおねだりされることがあります。嘘ではないとしても、金額高めに要求されることも。「夜の商売」では無くて、「普通のマッサージ師」「普通の店員」だから良い子とは限りません。同情してお金を出す前に冷静に。

恋愛トラブル

タイ人女性は嫉妬心が激しい人が多いです。愛情や嫉妬の表現、まるでドラマのようです。仕事関係の男性から携帯電話からの着信があったので出て見たら、その男性の妻から「あんた誰よ?」と疑われたこともありました。

軽い気持ちで付き合って別れた後にストーカー化なんてこともありますので慎重に。

また、日本に奥さんを残して単身赴任で来ている男性の不倫も多いです。タイでの愛人はバレないと思うのでしょうが、タイ人の女性は「日本人の彼氏」を見せびらかしたくて仕方ありません。SNSでデートの様子を投稿されて、会社中に知れ渡り、降格・帰国させられたなんて話も実話です。

5.交通事故

日本に比べると路上モラルが低いです。日本人の死亡事故も多々あります。仕事ではドライバーの運転する車での移動が多いですが、ドライバーのモラルに関しては会社の業務規定でしっかり管理させ、乗車中に「危ない」と思ったらきちんと運転手や担当部署に伝える、シートベルトは締めるなどして自衛しましょう。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

海外在住中に転職するために|転職エージェント各社紹介 3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-東南アジア・インド, 現地生活情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2022 All Rights Reserved.