海外経験を活かして年収アップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

東南アジア・インド 現地生活情報

【マレーシア】クアラルンプール空港からのタクシーの利用方法とマレーシア出張時の心得あれこれ

更新日:

来週初めてのマレーシア出張だけど、ホテルまでどう行ったらいいんだろう?そもそも治安は良いのか?インフラはどうなっているんだ?など、初出張には色々と不安は付きものですよね。

そんな方々へ、現在クアラルンプールに在住のkaneさんに、マレーシア初出張(クアラルンプール編)の心得を記事にして頂きました。

KL(クアラルンプール)出張時の参考になれば幸いです。

1.空港

日本、クアラルンプール間の航空便が発着する空港は2つあります。

クアラルンプール国際空港(KLIA)とクアラルンプール国際空港2(KLIA2)です。

二つの違いは、KLIAの方はマレーシア航空やJALなどのフルサービスキャリア(FSC)用の空港で、

KLIA2の方が最近話題のエアアジアなどのローコストキャリア(LCC)用の空港になっています。

距離的には車で5分もかからない位置にあるのですが、間違った方に行ってしまうとフライトに乗り遅れる可能性もあるので確認しておきましょう。

2.現地通貨の換金

海外出張に付きものなのが、現地通貨の換金です。

現在マレーシアリンギットは1マレーシアリンギットにつき27-28円で推移しています。

マレーシアに出張の際は、日本では一切換金せずに来た方がいいです。日本国内での換金比率とマレーシア国内での換金比率が全然違います。

そして、マレーシアには街中やショッピングモール内など色々な場所に換金所があります。

ポイント

街中の換金所は、空港よりも更に良い換金率なので、空港で100リンギ(約3000円)程換金して、残りを街中で換金するという方法が一番おすすめです。

街中の換金所は、現地の日本人に聞けばこの辺だとあそこの換金所のレートがいいなど教えてくれます。

(KLIA1のマネーエクスチェンジ)

3.空港までの交通手段

空港までの交通手段は、主に電車・タクシー・バスの3つです。

電車

KLIAエクスプレスという市内中心地の駅(KLセントラル)と空港の直通特急があります。

メモ

料金は55リンギで、KLIAまでは約30分、KLIA2までは約35分です。

KLIA、KLIA2、KLセントラルの3つの駅しか止まらないので、初めての方でも間違えることなく利用できます。チケットは各駅の改札の前で買えますが、両空港とKLセントラルには日本語の標識もあるのでその通りに行けば大丈夫です。(慣れていないと若干わかりにくい可能性もあります)

料金はタクシーと比べると割高になるのですが、帰りのフライトなどの際には渋滞の可能性があるタクシーとは違い確実に予定した時間に空港につけるので、帰りのフライト時に利用することをおすすめします。

タクシー

空港からのタクシーは主に

・クーポン制

・メーター制

・タクシー配車アプリGrabの3つです。

空港からクアラルンプール市内までは約1時間、料金は70-80リンギです。

到着時の空港からの移動は、クーポン制がおすすめです。

クーポン制とは、空港にあるタクシーチケットカウンターで目的地を伝え、その場所に応じた料金を前払いで払いチケットを購入するシステムです。ぼったくられる心配もないので初めての出張の方にはおすすめです。

ポイント

各空港のチケットカウンターですが、KLIAは到着ロビーの所にあるので、到着してから出口に向かっている途中に見つけれます。

KLIA2はターミナルビル1階(Level 1)にタクシーチケットカウンターがあります。

両空港ともチケットを受け取り、案内されたタクシー乗り場で運転手にチケットを渡せば完了です。空港から最初に向かう目的地(ホテルなど)の名前と住所を控えてカウンターで見せるとスムーズに手続きができます。

次にメーター制ですが、いわゆる流しのタクシーです。日本ではメジャーなシステムですがマレーシアで利用するのは、治安の観点からおすすめできません。

最後に配車アプリGrabです。

このアプリを使えるようになると非常に便利です。

現在地と目的地を入れるだけでタクシーが来る優れものです。ただ登録や使い方が少しややこしいので、現地の日本人に使い方を教えてもらうのがいいです。

料金もアプリ上で決まるのでぼったくられる心配もないです。普通のタクシーと違うのは、軽自動車などの普通の乗用車が来ます。その辺りが気にならない人には非常に便利なアプリです。

4.治安

治安は、東南アジアの他国と比べると安全です。夜など人通りのあるところは一人で歩いても問題ありません。

ただ少し人気のない場所などは危険なので避けてください。スリや置き引きは普通にあるので、トイレに行くときなどは必ず荷物やパソコンは持って行ってください。

あとパソコンを空港の預け荷物に入れると、盗まれる可能性があるので必ず手荷物の方で持ち歩いてください。

5.インフラ

ネット、電気、水などのインフラについてです。

ネットは各公共施設やカフェ、飲食店には必ずWifiがあるので困らないです。

郊外に行く予定があるのであれば、日本の空港でポケットWi-Fiなどを借りておく方がいいです。現地の方安いのですが、少し英語力が必要になります。

ポケットWi-Fiについては、下記の記事にまとめていますので一度ご覧ください。

http://kaigai-susume-com.check-xserver.jp/wifi-hikaku/

なお、電機は電圧が違うのですが、パソコンとスマホは変圧器なしでも使えます

その他の家電を使う場合は変圧器が必要になってきますので用意しましょう。コンセントの形状が違うので変換機が必要ですが、最悪現地で買うことも可能なので忘れてもどうにかなるレベルです。

最後に水ですが、飲み水はミネラルウォーターを飲んでください。飲食店や屋台で出る飲料なども問題なく飲めますが、水道水は飲めません。歯磨きやシャワー程度なら大丈夫なので、神経質になるほどではないです。

以上がマレーシア初出張の心得です。皆さんの参考になれば幸いです。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

-東南アジア・インド, 現地生活情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2022 All Rights Reserved.