海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

中国 現地生活情報

中国 パスポート紛失時の出国ビザについて 上海総領事館の領事さんに電話で問い合わせしてみた

更新日:

以前下記の記事で、海外でパスポートを紛失してしまった時の対応について書かせてもらいました。紛失時は、現地の日本大使館(総領事館)を訪問して、パスポートの再発行もしくは、「帰国のための渡航書」を発行してもらわないと、帰国できない、という話でした。

参考記事:海外でのパスポート紛失時の発給方法について  帰国のための渡航書とは?

一方、中国は出入国にビザが必要ですが、パスポートを紛失してしまった場合、ビザの再発行も必要なのでしょうか?このあたりの流れはどうなるのでしょうか?

実は、以前外務省の担当官のセミナーを聞いたことがあるのですが、その国に関する相談や心配な点があれば、現地の日本大使館(もしくは領事館)に電話して問い合わせると、かなり丁寧に回答してもらえるという話を聞いたことがありました。

折角ですので、この機会に上海総領事館に、中国でのパスポート紛失時の流れについて、電話で教えてもらいたいと思います。ちょっとドキドキしながら、日本から上海総領事館に電話してみました!

1.中国でのパスポート紛失時のフロー

予備知識なく、いきなり電話するのも悪いので、事前に上海総領事館のウェブサイトから、「中国でのパスポート紛失時の対応の流れ」を確認しておきました。下記のサイトから確認できます。

上海日本国総領事館  旅券を紛失(盗難)、破損(焼失)した場合のフローチャート

このフロー図を見ると、以下の流れになるようです。

  • まず、公安(派出所)でパスポート紛失に関する「事案発生証明」を貰う
  • その後、「公安局出入境管理処」(?)で「旅券紛失証明」を貰う
  • そのあと、ようやく日本大使館(領事館)を訪問し、再発行手続き
  • 再度「公安局出入境管理処」を訪問して手続き
  • 日本大使館(領事館)でパスポートの再発行、帰国

パッと見ると、訪問先が多く、直ぐに発給してもらえるのか、少し心配になりますよね。そもそも、「公安局出入境管理処」というのはどんな機関なのでしょうか?そのあたりを、電話で確認してみたいと思います。

2.上海総領事館への電話のかけ方

私は、総領事館のウェブサイトのトップページに記載されている、この番号に日本からiphoneで電話しました。

上海日本国総領事館 領事部門 Tel:+86-(0)21-5257-4766

ちなみにですが、この「+」マーク、どうやってスマホで入力するかわかりますか?

実は、「+」マークは「0」ボタンを長押しすることで表示されます。

続いて「+」以降の番号を入力してコールすれば海外にも簡単に発信できます。

それでは、実際の流れに沿って説明します。

まず、プルルルルと2,3コールすると、日本語の自動音声に切り替わり、「オペレーターに取り次ぎます」という説明が流れます。その後数秒間、プップッという音のみが聞こえました。(対応可能なオペレーターを自動で探している?)

「空いているオペレーターが見つかりませんでした。オペレーターとの通話をご希望の方は0を押してください」とのこと。

0を押すとまた対応可能なオペレーターを自動で探している状態に戻り、これを2回ほど繰り返しました。(この間約3分くらい)

その後すぐ電話がつながり、女性の方が電話口に出られました。「ハイ、上海総領事館、交換係です。」(大変流ちょうな日本語でしたが、おそらく中国の方だと思います。 )

「パスポートを紛失した際の手続きについて、確認したいのですが、、、」

「わかりました、担当にお繋ぎします。」

その後パスポート担当係に回され、「ハイ、上海総領事館です。」と男性の日本人の方(領事さん?)とつながり、相談することができました。

質問についても丁寧に回答頂き、安心感を覚えました。やはり現場で日々対応されている人は回答も具体的で詳しく、アドバイスもかなり明確にいただけました。

3.中国では出国ビザが必ず必要!

電話口で対応頂いた領事さんからも、事前に確認したフローチャートを見るよう促され、フロー図を見ながら解説してもらいました。

基本的な流れはフローチャートのとおりですが、領事さんからの説明には非常に重要なポイントが多々ありましたので、その点を説明したいと思います。

まず重要なポイントとして、中国では出国ビザが必ず必要で、どれだけ急ぎでもビザが出るまでは出国できない、という点です。

また、「公安局出入境管理処」というのは、日本で言う入管(出入国管理局)になるとのこと、パスポート紛失時は、このビザ再発行の手続きのために、上記の「公安局出入境管理処」に何度も訪問することになり、発効までに非常に時間がかかるとのことでした。

再発給までの通常必要日数としては、なんと7日間とのこと。当然この間は出国できません。めちゃくちゃ時間かかるんですね。

なお、時間がかかる大半は、上記中国入管でのビザ手続き時間がかかるようで、フロー図の「2」のステップで、公安局出入境管理処で紛失証明をもらう必要があるとの記載がありますが、まずこれに2日間ほどかかるようです。。。

比較的スムーズに発行が受けられる「帰国のための渡航書」であっても、原則は出国ビザが必要ですので概ね上記フローとなるようです。(所要日数や必要資料は各大使館や外国政府の判断となる部分もありますので、詳細はご本人から大使館・領事館にご確認頂くようお願いいたします。)

ちなみに豆知識として、上海領事館管轄でも、だいたい1日1件はパスポート紛失の届出があるそうです。結構皆さん紛失されるんですね。。現地在住者や、企業の駐在者ならまだしも、出張者の場合はパスポートの紛失は命取りです。私も中国でパスポートは絶対に紛失しないように気を付けようと思いました。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-中国, 現地生活情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2022 All Rights Reserved.