海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

欧州 現地生活情報

【中高編】フランスに家族で赴任!子供の学校はどうする? フランス教育の一般常識と日本人に人気の学校

投稿日:

突然フランスに一家で赴任が決まったら、一番に気にかけるのが子供の教育です。

特に中学校、高校選びとなれば、どんな学校を選べばよいのか、悩まれる方も多いのではないでしょうか?

今回はパリに長く在住されているufeoさん(女性)に、現地日本人子弟の教育について記事を作成頂きました。駐在が決まった方のご参考になれば幸いです。

なお、パリでの子女教育の小学校編は下記記事をご覧ください。

http://kaigai-susume-com.check-xserver.jp/paris-cp/

1.中学校

早速、フランスの中学校の教育制度から見ていきましょう。

1.基本情報

日本の中学校にあたるフランスの中等教育は、日本の小学6年中学3年にあたる4年間の過程で、以下のような学年呼称となります。

日本フランス
小学校6年生6ème
中学校1年生5ème
中学校2年生4ème
中学校3年生3ème

参考

フランスの中等教育は前期をコレジュ、後期をリセと区別し、日本の中学校は前者に、日本の高校は後者に相当します。

フランスの中学では高校受験はありませんが、4年間の成績に基づいて、高校の進学先や過程に振り分けられます。コレジュ修了後には「BEPC」と呼ばれる修了証明書が与えられます。

2.日本と異なる点

(1)授業

フランスの地理的、政治的条件から言語の選択肢は英語の他、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、アラビア語など幅広い選択肢があります。また小学生もそうですが、昼食は給食の他、自宅に戻って取ることも可能です。

(2)行事

中学最終年の3 èmeに職業体験制度があり、興味のある仕事の職場で1週間研修を受けることができます。社会勉強の一環でこの経験で自立心を育みます。この時期、近隣の外国への修学旅行もあります。

3.学校選び

中学は自立心も芽生え、社会への関心も膨らむ多感な時期で、将来の目標や夢を実現するための礎となる過程です。

また深い友情が築けるのもこの時期。小学校から進学し既にフランス語が話せる日本人の子弟は、存分に現地フランス人たちと交流を深めて欲しいものです。

(1)現地の公立中学校:

住んでいる地区の公立の中学校には自動的に入学できます。フランス語が不安な場合は、地区に数か所ある外国人受け入れ体制完備の公立中学校に入るといいでしょう。フランス語の補習クラスも設置されています。

(2)現地の公立中学校1:リセ・ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ

パリ高級住宅地16区とブローニュの境にある中高一貫の国立校で、パリで日本語が第一外国語として正規時間内に学習できる唯一の公立校です。

ポイント

日本語セクションがあり、フランス語が母国語でない生徒のための補習クラスも充実し、日本人家庭や日仏家庭の子弟も多く在籍しています。

日本語図書館が設置されていたり、派遣教師を含め日本人教師も10名ほど配置するなど、日本人学生にとって安心して学習できる環境に配慮が行き届いています。

毎年開催される日本祭も人気で、フランス人との交流も盛んです。

【リセ・ジャン・ド・ラ・フォンテーヌの基本情報】

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/world_school/05europe/sch5360000106.html

その他、「小学校」の章でご紹介した私立校、パリ日本人学校は小中一貫、リセ・インターナショナル、パリ・アメリカンスクール、パリ・インターナショナルスクールは、小中高一環の学校なので、そのままコレジュに進学することも可能です。

2.高校

1.基本情報

日本の高校にあたるフランスの中等教育後期はリセと呼ばれ、日本の高校1年3年にあたる3年間の過程で、以下のような学年呼称となります。

日本フランス
高校1年生2nd
高校2年生1ère
高校3年生Terminale

リセには以下の3種類の過程があり、自分の進路に合ったコースを選びます。

(1)普通教育課程

大学進学を目指す学生のための、大学入学試験(バカロレア)に向けた教育を受けます。

文系のLクラス、理系のSクラス、社会経済系のESクラスの3クラスに分かれ、最終学年でバカロレアの試験を受けます。合格すれば書類選考などにより、希望の高等教育機関に入学が許可されます。

(2)工業リセ

実用的な専門技術を習得する教育過程で、工業と言っても経営科学から実験科学、音楽、ダンスなど様々な工業高校があります。この過程で技術バカロレアを取得すると大学への進学も可能となります。

(3)職業リセ

就職希望者を対象に、職業資格の取得を目的とする教育を行う2年制の課程で、国家試験に合格すれば、「職業適格証(CAP)」と「職業教育免状(BEP)」を取得できます。

前者は料理や工芸など職人技に関する証明書で、後者は経理や秘書などの事務職に与えられる免状です。近年は、より多くの学生が大学入学資格を取得できるよう、教育資格と職業資格の共通化を図る政策が検討されています。

2.国際バカロレアとフランスのバカロレアの違い

日本人がフランスの国際学校などで取得するバカロレアは「国際バカロレア」と呼ばれ、「世界で承認登録されている高校の卒業証明書」であり、この証明書で海外でも大学入学権利を取得できます。

ただし、フランス国内でもグランゼコールなどのエリート校ではこの証明書は通用しないところも多いので、フランスでの高等教育を希望する場合は、一般のバカロレアを取得する必要が生じます。

3.学校選び

(1)現地の公立高校:ラシーヌ高校

公立の小中学校と同じく、居住地区の公立の高校にフランス語を母国語としない外国人受け入れ可能な高校では、自動的に入学できます。

パリ8区にあるラシーヌ高校は国立高校で、音楽、美術、演劇などの芸術を学べる特別授業の他、課外授業に設定されている日本語講座も人気の高校です。

日本から教師も派遣され、親日家の学生も多く日本人との交流にも積極的です。

【ラシーヌ高校の基本情報】https://www.ac-paris.fr/serail/jcms/p2_72834/fr/accueil

その他、「小学校」「中学校」の章でご紹介した私立校、リセ・インターナショナル、パリ・アメリカンスクール、パリインターナショナルスクールは、小中高一環の学校なので、そのままリセに進学することも可能です。

以上、フランスでの子女教育のご参考になれば幸いです。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-欧州, 現地生活情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2022 All Rights Reserved.