海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

海外転職支援エージェント

海外転職エージェントを徹底比較!各社スカウトサービスや案件の傾向を紹介

更新日:

海外転職スカウトサービスの多くは、年収によって、役職や職種など扱う求人のターゲット層を絞っています。

年収に関係なく幅広い案件を扱っているサービスもありますが、現在の年収に合った求人を多数扱っているサービスを選ぶことが転職への近道です。

サービスの質が高く、紹介件数や企業規模で評判がいい海外転職スカウトサービスを利用し、あなたの海外転職を成功させましょう。

目次

評判のよい海外転職スカウトサービスとは-必要な情報を入手しやすくリスクが少ない

海外転職では、国内転職と比較してなおさらスカウトサービスを使うべきと言えます。なぜなら、紹介できる仕事の情報のみならず、現地への渡航に必要な手続きや生活にまつわることなど、必要な情報をより入手しやすいためです。公開されていない非公開求人も所有しており、場合によっては掘り出し案件に遭遇するかもしれません。一方、スカウトサービスを使わずに、個人で海外の求人広告に直接応募する場合、案件を広く選別できないだけでなく、何か問題が起きたときに個人ですべて責任を負わなくてはなりません。

それでは、具体的に評判のよいスカウトサービスとはどのようなサービスでしょうか。明確にいままでの自分のキャリアを打ち出しているのであれば、以下をチェックしましょう。

海外転職スカウトサービスの選び方

  1. 自身の市場価値や、転職時のアドバイスに関してどの程度提案を受けられるか
  2. マッチングのとれる企業をどれだけ紹介してくれるのか
  3. しっかりと仲介役として、企業との調整を行ってくれるか
  4. 渡航準備や渡航時には不安要素をどの程度解決そしてケアしてもらえるか

転職するにあたりさまざまな面からアドバイスを受けられるサービスかつ、マッチングしやすいサービスは評判がいい傾向にあります。

仲介役として企業との間に立ち、不満のないスムーズな調整をおこなってくれるかどうかもポイントです。

不安を抱えがちな海外転職においてさまざまな情報を広く入手するためには、エージェント型転職サイトを使うことをおすすめします。

 

注意!マッチする駐在案件が無い場合も多い!

転職エージェントが扱う海外勤務案件は、基本的に将来的な駐在員としての採用案件であり、いわば即戦力が求められます。

つまり、これまでの海外勤務経験や、海外生活経験、外国語での業務経験が高く評価される求人が中心になります。海外勤務案件は難易度が高く、誰でもすぐに案件が出てくるわけではありません。

経験によっては紹介が難しいケースも多いことを理解しておきましょう。

紹介される求人が年収別に異なる理由-転職スカウトサービスの狙い

海外転職スカウトサービスの多くが、年収別にターゲットを絞り込んでいます。

主に、経験の少ない500万円以下、中堅社員の500~800万円層、管理職の800万円以上の3種類に分けられるのです。

これらの年収別にこれまでのキャリアや役職を判断し、それぞれに合った求人を絞って紹介するため、扱う案件が年収ごとに変わります。

よりマッチングしやすく、満足のいく転職活動を提供することが狙いといえるでしょう。

そのため、高キャリアの管理職が、若い年代の転職を得意とするスカウトサービスを利用しても、満足できる転職先はみつかりません。

年収に合った海外転職スカウトサービスを利用すれば、自分にピッタリの転職先が見つかりやすくなります。

海外転職スカウトサービス年収比較表

サービス会社

ターゲット年収

対応国

リンク


ランスタッド

年収800万円以上

全世界


エンワールド・ジャパン

年収800万円以上

インド、タイ、ベトナム、オーストラリア


キャリアカーバー

年収600万円以上

アジア~全世界


JACリクルートメント

年収600万円以上

アジア~英国、欧州


ビズリーチ

年収600万円以上

アジア~全世界


リクルート・エージェント

下限ナシ

全世界


doda

下限ナシ

全世界


マイナビエージェント

下限ナシ

不明

年収800万円以上求人の情報が掲載されている転職サービス一覧

キャリアとスキルに自信がある年収800万円以上のハイキャリア向けのサービスについて記載します。
学歴、語学力、海外勤務経験、特定スキルなどにある程度自信があり、これから海外で挑戦できる境遇であるならば、海外に住む新たな経験に加えさらなるキャリアアップと年収アップを狙えるため、ぜひとも挑戦してみてはいかがでしょうか。

1. 年収1000万円以上の外資系求人が豊富-ランスタッド


ランスタッド

ランスタッドは、1960年にオランダで設立された総合人材サービス会社で、世界39カ国、4,700以上の地域に拠点があります。1999年に日本に上陸した世界に展開する人材派遣会社であり、海外求人に強い点が特徴です。

グローバルでは、世界第2位のシェアを誇るサービス会社であり、求人数は全体としてあまり多いとは言い難いですが、外資系に強みがあります。

年代は20代から30代向けであり、求人ボリュームを補うために他のエージェントとの併用がオススメです。

2. グローバル求人が豊富-英語力と高いスキルを活かせるエンワールド・ジャパン


エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパンは、海外の正社員案件が豊富な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは、海外の正社員案件が豊富な転職エージェントです。

登録してからしばらくすると、コンサルタントから紹介する企業とのマッチング確認のために面談をリクエストされます。そのあと、質の高い求人案件をいくつか紹介してもらうことが可能です。

所有している案件数はそれ程多いわけではありませんが、コンサルタントの間でも情報が共有されます。そのため、面談を受けてからしばらく経過していても、たまに別のコンサルタントからメールで求人案件を案内されることがあります。案件に興味があれば、応募に向けて進めていくことになります。高いスキルを持ち合わせていれば案件を多くもらえますが、これも企業とのマッチング次第。外資企業、国内企業問わずグローバル案件に強く国内案件であれば主要都市部での案件が多くなり地方での案件はあまりありません。

かし、面談時に希望勤務地を限定していなければ、職種にもよりますが、思いがけず来るメールでの案件には地方のものもあり。特定地域の地方を限定して案件をもらうことは、難しいでしょう。ちなみに、案件の9割は正社員案件です。平均的にキャリアアドバイザーは親身であり、転職後のサポートもしっかりしています。

3. 大手企業への転職でキャリアアップと年収アップが可能-キャリアカーバー


キャリアカーバー

キャリアカーバーは、株式会社リクルートキャリアが運営するエージェントサービスの一つ。リクルート・エージェントがカバーしていないハイキャリア人材向けのヘッドハンティング型の転職サービスです。

ハイキャイリア向けでビズリーチと比較されやすいですが、ビズリーチと異なりキャリアカーバーは転職者の利用料が掛からないメリットがあります。

その他のメリットとしては、1000人以上の中から自分にあうプロフィールのコンサルタントを選ぶことが可能です。求人案件は大手企業を主に扱っているため、中小企業、ベンチャー企業も応募領域に含める場合には、他のエージェントサービスと併用することで案件の領域を広げる必要があります。

案件は、求めるレベルが高すぎると感じるかもしれません。

デメリットとしては、求人総数が限られていることによってスカウト待ちとなり、転職が決まるまで時間を要するため、直ぐに転職を目指す人は他の転職サービスとの併用が必須となる点です。転職決定年収平均はおおよそ900万円となっています。

キャリアとスキルを持つミドル層向け-年収500~800万円対象の転職サービス

ある程度の経験とスキルを所持している、30代以上が対象となります。海外に行き日本国内では得られないような経験を積むことで、さらに潰しが利くキャリアアップを目指しましょう。

1. 30~50代のミドル層に人気の語学力で年収アップ-JACリクルートメント


JACリクルートメント

ロンドン発祥の日経転職エージェントであるJACリクルートメントは、外資系に強く一定以上のキャリアを所有する30代から50代に強いサービスです。グローバル転職ノウハウを持ちそのサポートが充実しています。

各コンサルタントは専門領域で担当が分かれており、企業と密接に情報共有することで、マッチングのとれる人材を企業に紹介しています。つまり、両面型と言われる、一人のキャリアアドバイザーが企業側と紹介人材側とコミュニケーションを取る方式です。案件は年収500万円以上からあり、登録は現在年収500万円程度以上であれば問題ありませんが、主流は600万円以上となっています。

2. 年収アップが狙える高年収案件が豊富‐ビズリーチ

ビズリーチは、基本的には有料会員にならないと企業に応募できません。求人サーチは無料でも行えるため無料の会員登録しておき、応募するとなった場合に有料会員になるのがいいでしょう。有料であれば、コンサルタントとも相談ができるようになります。

無料サービスの場合における報酬は、すべて採用した企業側から得ているため、有料サービスはその分応募者寄りとなります。同じハイキャリア向け案件を紹介する、無料のキャリアカーバーを併用するとよいでしょう。登録に関して、あまり職歴が浅い人や現行の年収が低めの人は審査が通らず利用できないこともあるようです。これは優秀な絞り込んだ人材を紹介するということを企業へアピールするためでもあります。

キャリア・海外経験・英語能力なしOK-年収500万円以下対象の転職サービス

キャリアや海外経験などがない20代でも、利用できるサービスと言えます。将来的な目指すべきキャリアプランをしっかり見通し、ある程度は計画に基づき海外で出来る経験を想定しながら挑戦してみるのがよいでしょう。

1. 20代でもチャレンジできる-リクルート・エージェント


リクルート・エージェント

経験の少ない20代のみでなく幅広い年代向けの案件があり、さらに求人案件数は非公開求人も合わせると20万件以上と業界最大です。年代問わず登録しておけば、求人の紹介があります。エージェントのため登録すると、企業とのマッチングのため面談を受けてから具体的な案件の紹介を受けることになります。転職を急がずエージェントとのやりとりが煩わしいのであれば、直接的にコンサルタント(キャリアアドバイザー)を介さないリクルートキャリアの別のサービスであるリクナビNEXTに登録するのがよいでしょう。

案件数が多い点をメリットとするなら、デメリットとしては仲介を量産して業績を上げるために企業側と求職者側で分業しているという点が挙げられます。ハイキャイリアを扱うJACリクルートメントなどと比較すると、採用マッチング精度はあまりよくないケースもあります。

2. 職歴が浅く海外転職未経験でも大丈夫-doda


doda

dodaも幅広い年代向けのサービスとなっており、求人案件数はリクルート・エージェントについで多く、非公開案件を入れて凡そ10万件以上。地方での転職に強いといわれているため、とくに主要都市以外での案件を求めているのであれば登録しておくべきと言えます。

エンジニア求人案件を多く取り扱っています。

あえてデメリット一つあげるとすればリクルート・エージェント同様に採用マッチング精度はあまりよくないケースもあります。

3. 新卒の就職実績No.1のマイナビが運営‐マイナビエージェント


マイナビエージェント

キャリアの少ない20代から30代向けのエージェントと言えます。中小企業の案件を比較的多めに扱っています。他のエージェントが取り扱っていない独占案件あり。優秀なキャリアアドバイザーも多く経験が少なく若手なら頼るべきエージェントの一つと言えます。

自分向けのスカウトサービスを選ぶ-条件を決めて相談

情報を集めて、自分にあうエージェントを幾つか登録しましょう。

事前に確認しておくこと

  1. 海外で働く目的はなにか
  2. どの地域で働きたいか
  3. いままでの経験から生かせるスキルはあるか

これらの点を明確にしたのちに、エージェントにすべて伝えましょう。

自分で所有している情報には限りがあるため、エージェントのアドバイザーからも情報提供をお願いすることがポイントです。

複数のサービスに登録し、情報を集めよう―選択肢の数を増やす

応募できる案件は多いほど選択肢が広がるため、年代や経験度合いに応じて相性のよさそうな、1つから2つのエージェントに登録しましょう。5つや6つなどあまり多く登録することは、情報管理が大変になってしまうのでおすすめしません。例えば、経験があまりない20代であれば、リクルート・エージェント、マイナビキャリア、そしてdodaなど併用するとよいでしょう。

スカウトサービスを使って転職を成功させよう

現在の年収と経験値から、転職先での目標の年収ターゲットレンジをある程度決めます。年収が経験値と比較し低めであれば、大幅な年収アップが見込めるかもしれません。エージェントと相談し、狙えるレンジのポジションを提案してもらいましょう。

同時に、幾つかのエージェントのアドバイザーと相談していくと、自己のキャリアでの立ち位置が少しずつ明確になって来ることもあります。ある程度明確になってくれば、的外れな案件に応募して時間を無駄にすることがなくなるでしょう。

場合によっては、採用側企業の採用関係者の都合もあり、面接でマッチングがとれないことがあるかもしれません。マッチングが取れない場合、エージェント担当者の問題もありえますが、採用企業側の問題であることも多々あります。

諦めずに継続して活動を行い、転職を実現させましょう。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

海外在住中に転職するために|転職エージェント各社紹介 3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-海外転職支援エージェント

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2021 All Rights Reserved.