転職エージェント活用法

海外転職求人、外資系求人、英語求人に強い?ロバートウォルターズの特徴まとめ

更新日:

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、バリバリの外資系求人を紹介されると評判の、「ロバートウォルターズ」の口コミ、評判を集めてみました。

本格的な英語を使う求人や、海外関係のポジションも多いと言われる、ロバートウォルターズ、果たして本当なのか?

海外経験者にお勧めできるエージェントか、確認しましたので報告したいと思います。

 

1.ロバートウォルターズの利用者傾向

では初めにロバートウォルターズとはどのような転職エージェントなのかを確認しておきましょう。

ロバートウォルターズは、イギリス発祥の人材紹介会社で、世界中の28ヵ国に営業所を構えているグローバル企業になります。日本国内では、東京と大阪にオフィスを構えています。

外資系企業の案件や、英語を使った求人案件、海外勤務案件を多く抱えている転職エージェントになります。

ロバートウォルターズの特徴まとめ

利用者の年齢層 30代以降 利用者の男女比 6:4
利用者の年収層 700万円?
利用者の役職 実務クラスから部長クラスまで
利用者の海外歴 海外経験者割合は高い
海外拠点の有無 世界約30都市で展開 国内は東京・大阪にオフィスがある
海外案件の有無 あり
国内案件の特徴 外国語を使うポジション、外資系企業の案件多い
得意な業種 管理職など

 

海外勤務経験へのお勧め度 ⇒ 4点

登録はこちらから

「ロバートウォルターズ 公式サイト」 ⇒ https://www.robertwalters.co.jp/

2.ロバートウォルターズの評判と口コミ

まずは、ロバートウォルターズについて、ネット上の評判や口コミ、自身の周りの利用経験談をまとめてみました。

ロバートウォルターズの特徴

・外国語のスペシャリスト案件が多い

・外資系案件が多い

・コンサルタントの質がよい、対応が素早い

・提供するサービスの質が高い

・市場価値をきちんと教えてくれる

・選考を突破できる確率が高い

では、それぞれのメリットについて確認していきましょう。

 

A. 外国語のスペシャリスト案件が多い

ロバートウォルターズの最大の特徴は、

外国語(特に英語)スキルの高い人材が好まれる

という点です。

ネットの口コミなどでは、TOEIC780点程度だが、案件もさほど受けられなかった、という声もありました。

今までの経験や実績があれば別ですが、キャリアがない方で案件の紹介を受けようと思う方は、ビジネスレベルの語学力は「必須」と思われます。

ここでいう「ビジネスレベル」の語学力とは、海外企業との交渉、折衝、打ち合わせなどの経験が豊富で、外国語を日本語とほぼ同じように使える、というレベルを想定しています。

なかなかハードルが高そうですよね・・・

ただ、そのような方には希望する案件が多数受けられる可能性が高いです。

海外での経験が長い人や、帰国子女の方には、是非お勧めしたいエージェントです。

B. 外資系案件が多い

2つ目の大きな特徴としては、外資系企業の案件が多いということ。

ロバートウォルターズが持つ外資企業間のネットワークやノウハウは強力なものがありますので、現在も外資系企業にお勤めの方には、是非お勧めしたいエージェントです。

一方で外資系での勤務には、向き不向きがあります。

日系には特有の考え方、文化がありますので、日系企業に長くお勤めの方だと、外資には合わない部分もあるかもしれません。

C. 自身の市場価値をきちんと教えてくれる

外資系企業の場合には、あくまで仕事を任せて給料を支払うという契約の概念が非常に強い傾向にあり、当人のキャリア、スキルを非常に細かく査定されます。

そのため、自身の市場価値はシビアに、しかし確実に教えてくれます。

市場価値を精査することで、面接までの選考のスピードが速いという特徴もあります。

これは、外資系企業の選考は面接を重視しているという側面もありますが、企業側もロバートウォルターズの厳しい「1次審査」をパスした人には積極的に会いたい、と思うためです。

ネット上のコメントなどを確認すると、書類選考は比較的簡単に通過し思ったよりも簡単に面接にたどり着くことができてびっくりした、といった内容のコメントが散見されました。

 

D. コンサルタントの質が高い

まずコンサルタントの対応が素早いことが挙げられます。面接のセッティングや、書類選考の合否は、早ければ1日か2日程度で結論がでることも多いです。

また基本的に年収800万以上の外資系企業の案件を積極的に扱っているため、登録者もハイレベルな人材が多くなります。

そのためコンサルタント自身も業界の動向や情報収集に日々自己研鑽しており、コンサルタント自身も日英は共通言語として、満足なレベルに使いこなすことができる、という方が多いようです。

 

E. 強引に案件を紹介される?

これは外資系企業の特徴でもありますが、コンサルタントの営業の側面が強いという口コミが目立ちました。

転職エージェントにとっては、内定後の仲介料が売上ですので、ある程度強引にでも転職希望者を企業に採用させたいという心理も働きます。

そのため、コンサルタントによっては多少強引に求人案件を紹介されることもありますので、この点には注意が必要です。

 

3.まとめ 外資系からの転職や、語学力に自身のある人におすすめ!

ロバートウォルターズに関する特徴と、メリット、及びデメリットについてまとめましたが、外資系企業のハイレベルな年収案件を扱っている転職エージェントであると言えます。

ポイント

・現在も外資系企業で勤務しながら年収アップを狙っている方

・ビジネスレベルの外国語力がある方

にとっては、最適な転職エージェントになります。

登録はこちらから

「ロバートウォルターズ 公式サイト」 ⇒ https://www.robertwalters.co.jp/

ビジネス出張者向け!おススメ記事!

1

海外に行く時、いつでも連絡を取れるようにしておきたい! そう考える方にとって必須なのが海外Wi-fiですよね。 しかし、海外Wi-fiサービスが普及した今では比較や検討が正直面倒くさく、情報が分からな ...

2

海外出張の際、外出時やどこでも連絡を取るために必要なのが海外Wi-fiですよね。 しかし最近では、多くの会社が海外Wi-fiを提供しており、「どこの会社のものが一番良いか分からない...」というのが実 ...

3

「また来週から2週間ジャカルタだ」、「今月は3回も海外出張が入っている」 近年、企業の海外出張の件数が軒並み増加しており、こんな海外出張者も多いのではないでしょうか?出張準備と移動と現地での食事会と、 ...

4

企業の海外進出など、企業内で英語を必要とする業務が増え、ビジネス英会話を話せる人材への需要も高まっています。 海外で働く人に限らず、国内でも英語力が求められる機会が増えてきました。 皆さんも、その必要 ...

5

海外駐在を経験した、あるいは現在、駐在中の方は、「この経験って有利なのか」「どれくらいの市場価値があるのか」ということを一度は考えたことがあるのではないでしょうか。 海外駐在中に転職を考えた際には、「 ...

-転職エージェント活用法

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2019 All Rights Reserved.