ワンランク上の海外駐在、海外出張を実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

海外経験者の転職

E2 VISAで働いていた会社が倒産、どうやってアメリカに残るか

投稿日:

1.E2ビザのポイント

E2ビザには2種類あり、大きく分けて投資家ビザとマネージャービザです。

前者は自ら米国で法人を設立したうえで、その会社と日本での業務を遂行するために取得するためのビザ。後者は企業がスポンサーとなり、その企業の管理職を対象として支給されるビザです。

どちらも基本的にスポンサーとなる企業が存在し、その企業からのみ給与を受け取ることができます。

よって、E2 VISAで働いていた企業が倒産した場合、基本的には米国に残ることができませんが、それでもまだ米国に残りたいという人に、考えられる方法を解説していきます。

2.E2 VISAとは

まずE2 VISAとは、通称、投資家ビザや貿易ビザ、また、マネジメントビザと言われています。

実際に細かく分けると投資家ビザ・貿易ビザがE1ビザとなります。E1ビザを取得する人は日米間において、ある一定の投資額や貿易取引額が企業活動のなかで必要となります。

架空ではなく、実際に米国大使館へその詳細、組織構成、税務申告書類や取引先との関係性などを証明する書類を事細かに提出し、大使館での面接を経て、ビザを取得します。

マネジメントビザを取得する人は、主に会社の従業員や役員で管理職に就いている人が取得するビザです。管理職という意味で、会社の代表もおなじく取得することが可能です。

管理職として就業していた履歴や、担当してきたポジション、マネジメントするスタッフの数や役職数など、ビザを取得するにはかなりの実績を残していることが求められます。

ここでは細かな違いについて割愛しますが、総じてEビザと言われるこのビザは就労ビザであり、米国に滞在しながら所得を得ることが可能です。

期間についてはいずれのE2ビザも期限は5年で、更新は何度でも行うことができます。

更新の際には日本へ一時帰国しての更新となることが一般的ですので、最低でも大使館の面接から10日間は日本に滞在しないといけません。

新規取得の場合でも更新の場合でも、米国大使館が面接後にパスポートを預かってしまうので、面接後、所定の住所にパスポートが返送されてくるまでは出国ができない為です。

3.帰国するか、米国に残るか

さて、本題の米国のスポンサー企業が倒産した場合において、どうやって米国に残ることができるかについてお話をしていきます。

結論からいえば、基本的にはできません。

あなたの米国滞在の権利はスポンサー企業が支えており、スポンサー企業が倒産した場合には、その後ろ盾が無くなってしまうため、あなたが米国に滞在する権利は剥奪されてしまいます。

よって、基本的には帰国しか道は無いのですが、人によっては米国に引き続き滞在したい人もいると思います。理由はそれぞれですが、たとえば恋人がいて離れたくない。日本よりも生活が肌に合っている。もっと現地で英語を勉強したい。など、色々な事情が存在することでしょう。

しかし、気持ちだけでは米国は滞在を許してくれません。期限を超えての滞在や、スポンサー企業が倒産したなどの理由により、たとえ期間を満了せずとも後ろ盾がなくなってしまい、米国とのかかわりが証明できなくなってしまった場合には、当然のことながらあなたは不法滞在とみなされてしまいます。

その状況が発見されてしまった場合には移民局により強制退国と、場合によっては米国における資産の放棄もあり得ます。強引な選択は避けた方が良いでしょう。

4.考えられる選択肢

さて、上記2のようになってしまった場合でも、まだ米国に滞在し続けたいという人が選択できる対処法がいくつかあります。

ひとつは現地企業への転職です。

取引先や新規設立法人などで管理職を探している場合、すでに現地での就業経験のあるあなたのスキルと経験は、受け入れる側の企業にとっては即戦力として非常に役立つはずです。

そのような企業がないか、独自のネットワークを使ってひたすら探してください。

管理職の人は一般従業員と違って、他社の動向や、新規の企業案件に出会う確率が高いですから、常日頃からアンテナを張って、ネットワークを構築しておけば、いざというとき効果を発揮します。

常日頃からの仕事ぶりは常に他社から評価されています。評価が高ければ高いほど自らの未来の支えとなりますので、目の前の仕事で日々成果を出し続けること、パートナー企業の力になり続けることが、あなたの将来を作ります。

また、次に、学生になってしまうことも滞在期間を延ばすひとつの方法です。

学生の場合、入学手続きのタイミングが問題になることと、学生ビザでは就業できませんので、経済的な問題がクリアになるかどうかも重要なポイントです。

いざビザが取得できれば不法滞在にはなりませんが、生活にはお金が必要です。

上記の理由から、学生ビザの可能性はかなり限定されてしまうと言えます。

そして、最後にご紹介するのが、

現地のビザ保有者(グリーンカードや市民権保有者)と結婚してしまうというレアケースです。

結婚はご縁です。スポンサー企業の倒産により日本へ帰らないといけない状況が、パートナーの結婚願望を加速させるかもしれません。遠距離恋愛はつらいものです。ましてや海を越えての遠距離恋愛は時差もあり、なかなか持続しないということをよく耳にします。ピンチをチャンスに、明るい未来が待っているといいですね。

まとめ

結論として、E2ビザで働いていた企業が倒産した場合に、継続して米国に残ることは大変難しいです。

万が一の状況に陥ってしまった場合には、違法な選択肢は忘れ、いったん帰国することも考えてください。あなたの未来はここで終わりではありません。

将来またチャンスを掴んで米国戻ってくることも一つの選択肢です。可能性はゼロではありませんので、ご自身の状況をしっかりと見極めたうえで、最善の選択をして頂けることを心より願っています。

海外勤務者に人気の転職エージェントは?

1

海外で就職したい又は働き続けたい人に向けてJACリクルートメントやリクルートエージェント、ビズリーチ等のエージェントを20社紹介します。転職サイトはとにかく数が多く、乱立している状況なので海外就職する ...

2

海外赴任から帰国後のキャリアでは、海外の経験を活かしキャリア形成することが可能である一方、自身のポジションが確保されておらず、能力的な評価を受けることが難しい場合があります。 場合によっては、国内での ...

40代で転職歴があっても海外経験があれば転職できる 3

40代で転職歴があったとしても海外経験があれば転職できます。グローバル化が進んでいる社会ですから、海外経験がある人材は40代でも需要があります。しかし、複数の転職歴がある方や職歴が荒れている方は、不信 ...

ビズリーチの海外勤務や海外転職の評判は案件が豊富で良い 4

ビズリーチは国内だけでなく、海外求人案件を豊富に扱っているので、海外勤務または海外転職を考えている人にも評判が良く最適です。国内最大級のハイクラス転職サイトであり、優良企業や一流のヘッドハンターから来 ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 5

海外駐在員は、転職市場では高い評価を得ることができます。その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験が買われるからです。よって、転職活動はスムーズに進めることができ、高確率でキャ ...

6

海外駐在中に退職手続きを行うメリットとしては、極力会社に迷惑をかけないで退職することができます。海外駐在員による退職の手続きは、人事部にとって大きく負担になります。なぜなら、駐在できるレベルの語学力を ...

-海外経験者の転職

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2020 All Rights Reserved.