海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

欧州 現地生活情報

【フィンランド】ヘルシンキの天気、気温は?季節は?出張時に必須の持ち物あれこれ

更新日:

日本から7548kmと遠く離れた北欧の地フィンランド。一体どんなものを持参したら出張も集中して良い結果を出すことが出来るのでしょうか?

今回は現地在住のhoooasaさんに、出張に持参した方が良いものをラインアップしてみました!

1.変圧器・変換プラグ、wi-fi

まずは変圧器。ヘルシンキ・フィンランドは電圧が220Vと日本よりも電圧が高いので、日本の電化製品を使うなら変圧器が必要です。

例えば髭剃り・ドライヤー・またはヘアアイロンを使用には変圧器は必要になります。

そして変換プラグも必需品。フィンランドのプラグのはCプラグで日本はAプラグになります。

最近のパソコン・スマートフォンの充電器のinputの表示に注目してください。

例えば充電器に書いてあるinputの表示が100240Vと記載されていれば変換プラグを使うだけで充電は楽々とできます。

参考

ちなみにWi-Fiはヘルシンキ市内ならほぼ無料のWi-Fiがあるので便利です。メトロもWi-Fiは完備されています。

常にインターネットが接続してあることを希望の方は日本で契約したモバイルデータ通信の契約を結んでおくか、SIMフリーのスマートフォンを持参しR-Kioskiというフィンランドのコンビニでモバイルデータ通信ができるプリペイドSIMカードを購入してください。

でも電話番号が変わってしまうのが難ですが。

R-Kioskiのショップ

2.ヘルシンキの気候

そして、やはりここは北欧で寒い地域。

天気によっては夏でも肌寒いフィンランドは気候の変化に甘くありません。

春・夏は比較的晴れていますが秋の11月には雨が沢山降る時期、冬はもちろん雪が降ります。

ちなみにヘルシンキは海沿い。風が強く吹く日もあります。

雨が降った時には傘を持っている女性は多くなってきましたが、傘を持っても傘がひっくり返ってしまうことがあるのが現状。早いときは11月の後半に雪が降ることもあります。

そしてヘルシンキ市街は昔の街並みを生かした構造になっています。昔は馬車を使っていたため、道路が馬車の為に石をいくつも並べた形式の道路になっています。靴は歩きやすい靴をひとつは持参することをお勧めします。

3.持参したほうが良いもの

次に季節別にどんなものを持参した方が良いのか紹介します。

春と言えばやはり花粉ですよね。こちらの春は3月後半から段々と晴れている日が増えて、4月には暖かくなり6月には一気に夏へ変わります。

ココに注意

しかし!春の森林大国のフィンランドでは色んな種類の花粉が飛んでいます。杉花粉はありませんが、白樺の花粉は大量です。

時期はだいたい3月下旬から猫柳の花粉から始まり、4月の中旬には白樺の花粉が大量です。もちろん名前は不明ですが毛虫のような花粉が大量に落ちていてびっくりすることも。

フィンランドにも花粉の薬はありますが、花粉症の方は使い慣れている薬を持参し、また出発前から服用することをお勧めします。

写真:ヘルシンキ・ストックマン前、アレクサンテリ通り(Aleksanterikatu)

そして夏。六月半ばになると白夜があるフィンランド。

夜中も明け方と同じように明るいため、明るさの為に寝れない方へはアイマスク持参がお勧めです。

そして暑さのピークになると風は少しひんやりとし、日影に行けば肌寒く感じることも。もしも雨も降ることも考慮すると防水性能がある薄手のジャケットは持参することをお勧めします。

そしてフィンランドの夏の日差しは以外と強いです。お天気がいい日に一日中外にいるとびっくりすることに日に焼けます。

女性の方、日焼けが気になる方は日焼け止め対策をすることをお勧めします。

秋の始まりは8月半ばごろから、秋の天候へと変わっていきます。

フィンランドの秋は雨が多くなります。10月から綺麗な紅葉が始まり11月には雨が続く日が多くなります。早いときは11月の後半に雪が降ることも。

寒さに敏感な方には中に着れる薄手の下着を持参し気温に対応できる服装の準備をお勧めします。

もちろん防水性能があり風を通さないジャケットは必需品です。そして女性の方は雨が急に降った時のためにブーツのような長靴等もお勧めです。

そして北欧の冬です。驚くことに気温がプラスの時はマイナスの時よりも体感温度は気温がプラスの方が寒く感じます。なぜなら空気中の水分が凍っていない為、気温がプラスの方が寒く感じてしまいます。

靴下は二重に、上下で着ることが出来る肌着・下着を着ることをお勧めします。

女性の方はブーツがお勧めです。ストッキングだけでは防寒対策はできないので厚めのタイツなどがお勧めです。現地の方は毛糸の靴下を履いたり、セーターも着用します。やはり毛糸の暖かさは現地の方も頼るほどの暖かさが得られるようです。

これで北欧の国フィンランド・ヘルシンキへの出張準備は完了です!ご出張時の参考になれば幸いです。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-欧州, 現地生活情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2022 All Rights Reserved.