海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

東南アジア・インド 現地生活情報

【ミャンマー】ヤンゴンのWi-Fi、通信環境は?出張時に準備しておきたい通信グッズあれこれ

更新日:

2011年3月、民政移管を果たしたミャンマー。東南アジア最期のフロンティアとして世界中から注目されており、日本のみならず外国企業もこぞって進出を計画しています。

テイン・セイン大統領の下で民主化と経済改革が進められ、主力である縫製産業の拡大が顕著に見られ、繊維関連企業の進出が目覚ましい新興国です。

約5000万人の人口があり、マーケットとして非常に魅力があります。

更には周辺諸国の東南アジア、インドなどに向けた輸出分野においても人件費等の生産コストが低く、非常に生産コストを低く設定できるという点もミャンマーの魅力と言えるでしょう。

これからミャンマーに出張・赴任する方もかなり多くなるのですが、今回は最も重要な通信環境について、現地在住のgrtpoさんに記事を書いて頂きました。

1.wi-fiは使える環境なのか?

ミャンマー出張時、日本との連絡手段や国内での通信について懸念される方も多いと思います。

ヤンゴン等の都市圏ではwi-fiインフラが整っていますので、ホテル等でインターネット接続ができないという事はありませんが、基本的にADSLを利用しており、通信速度は日本のFTTHよりかなり見劣りします。

CAD図など、大容量データをアップロードするのはかなり時間がかかると考える方が良いですし、途中で通信が途絶えた時、再度アップロードを初めからしないといけないという事態も大いに考えられます。

更にミャンマーは頻繁に停電が起きますのでモデムの電源が切れて通信自体が途絶えることもしばしば起きます。

データが送信できず、業務に支障が出る可能性がありますので、その点では注意が必要でしょう。

しかし、メールを送受信する、webサイトの閲覧程度ですと全く問題は無いという印象です。

2.現地でSIMカードを手に入れる

郊外や屋外での通信も必須の方には現地でプリペイドのSIMカードを利用し携帯の電波で通信した方が安定していますし、日本の携帯電話会社より格安で使用できますので非常にメリットがあると言えるでしょう。

現地でエリアを重視した場合、最もお勧めできるのがTelenor(テレノール)という通信会社になります。

 (テレノールのロゴ)

最も高いプランで有効期限30日、15GBのデータ容量で約1500円です。
7GBのプランもあり、半額の700円です。

出張時にノートパソコンを使う場合が多いと思いますが、スマートフォンからのテザリングでパソコンと接続すれば使用可能ですし、テザリング規制がありませんので、心配する事は全くありません。

注意点としては、日本で使っているスマートフォンを使用する場合、SIMロックが解除されていることが必要です。

なお、通話に関しては現地駐在員でもViber等通話アプリを利用し対応しているようです。

3.日本で海外用Wi-Fiルーターをレンタルする

SIMカードを現地空港で作るのは容易にできるのですが、到着が夜間であった場合には受け取ることができない場合があります。

空港から宿泊先や出張先まで通信環境が無いのは不安になるものです。

多少金額的に割高になりますが、日本のWi-Fiルーターをレンタルするという方法もあります。

これはミャンマーで使用可能なルーターを日本で事前にレンタルするもので、到着してすぐに使用することも可能ですし、万が一トラブルがあった場合でも日本語でサポートが受けられるのは非常に安心できますね。

ミャンマーで使える!ポケットWi-Fiはこちら!

日本であれば当たり前にできていた事でも、海外では予期せぬトラブルで全く機能しない事もよくあります。時間帯によって突然インターネット接続が不安定になったり、停電でWi-Fiが使えなくなったりという事は頻繁に起きます。

特に出張先で連絡が取れないという問題は致命的ですので、二重三重に対策をして置くことが重要です。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

海外在住中に転職するために|転職エージェント各社紹介 3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-東南アジア・インド, 現地生活情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2021 All Rights Reserved.