海外人事・海外労務全般

海外出張で本当にあったトラブル実例!強盗や入国トラブルなど邦人被害まとめ

更新日:

海外出張中のトラブルって怖いですよね。

犯罪系のトラブルから、ちょっとしたミスまで、海外のトラブルは、やはり同じ邦人出張者の実体験が参考になります。

今回は海外駐在経験の豊富なNICKさんに、海外でのトラブルについて、ご自身の実際の体験談を語っていただきました。今後海外に行かれる方のお役に立てれば幸いです。

1.スキミング被害

最近では日本でも被害に合った方の話を耳にしますが、海外では頻繁に起こります。私の場合は家族含めて実に香港で1回、アメリカで3回被害に合いました。

スキミングとは、普段使用しているクレジットカードやデビットカードの情報を何かしらの形で入手されて、自分の知らないところで勝手に使用されるという犯罪です。

一般的に急に普段行かない外国や地域で大きな金額の引き落としがあった場合、カード会社から連絡がその場で来るため、そこで食い止めることができますが、小さい金額をちょこちょこと使用されているとカード明細が来るまで気付きません。

スキミングされてから1ヶ月以内であれば、大体のカード会社や銀行で使用された金額を補償してくれますので、対策としては必ず毎月のカード明細を細かくチェックすることです。見に覚えの無い支払い明細がありましたら、すぐにカードを止めて、新しいカードへの変更をしなくてはなりません。

どこでカード情報が盗まれるのかは分かりませんので、対策としてはカード明細の毎月のチェックを怠らない、ということのみです。

また、デビットカードはセキュリティ機能が弱いと言われておりますので、海外での支払いは現金もしくはクレジットカードで行うのが無難です。

アメリカでも頻繁に被害に遭うのですね!先進国で発生頻度は多そうです。最近はスキミング防止カードなども売ってますね。海外出張の際は、スキミング防止カードを持っていこうと思います。

なお、スキミングについては別記事でも扱っていますので、こちらもご参照ください。

2.スリ、置き引き、強盗

当たり前のことですが、海外は日本とは違い、治安の概念自体が全く異なっております。アジアの一部地域(香港やシンガポールなど)では日本よりも治安が良い、と言われておりますが、やはり日本人ということだけで目立ちますし、軽はずみな行動や、無防備な状態でいることは決して避けて下さい。

アジアなど人ごみで過ごすことが多い地域で多いのがスリや置き引きです。カフェやフードコートなどでの場所取りの荷物置き、などはかっこうの獲物ですのでご注意ください。

スリはカバンやポケットを知らぬ間にナイフで切り裂いて持って行ってしまう例もあるので、貴重品や財布はカバンの奥の方、ポケットでも体にしっかり密着する部分で持ち歩くことをお勧めします。

また、凶悪な地域でなくても、特に欧米などでは凶悪犯罪も発生します。私はイギリスで自宅が強盗に入られた経験があります。自宅玄関のドアが叩き割られ、家電からパスポートから全て持って行かれました。

日本人が住むような安全な地域でも発生しますので、特に一軒屋に住む方は必ず防犯アラームを設置するようにして下さい。

3.持込禁止物(アメリカ)

アメリカでは肉類、植物、生き物の持込が禁止となっております。かなり厳しいです。

それを知らずにアメリカに出張や旅行で入国すると税関で止められて多額の罰金(荷物一個につき500ドル)を支払う上に没収されてしまいます。

どのくらい厳しいかと言うと、ソーセージなどの加工肉類はおろか、「肉エキス」が入っている製品でさえ持込不可です。例えばカップラーメンですが、あの中には乾燥肉やエキスが入っています。また、コンビニなどで売っているおにぎりの具で、中に肉が入っているものも見付かるとアウトです。

知り合いで牛肉入りおにぎりを機内で食べ忘れて、アメリカ入国時に2個見付かってしまい、1000ドル支払うことになってしまいました。ポテトチップスなどお菓子でも肉エキスが入っていると駄目ですので、持ち込む際は必ず成分表をチェックして下さい。

アメリカの税関でも肉エキスの漢字が読める職員がかなりいて、日本語だから大丈夫と思っていると見付かってしまいます。

4.車の運転(アメリカ)

一般的にアメリカの運転マナーは酷く、日本とは比べ物になりません。しかしながら、アジアと違って公共の交通機関が充実しているとは言えないアメリカでは車の運転での生活が必須となっています。

そこで注意しなくてはならないのが、運転時の防御とマナーです。

基本的にほとんどの運転手が制限速度を守りません。そのため、制限速度で運転していると鬼のように煽られたり、追い抜きざまに罵声を浴びせてきたり、時には中指を立てられることもあります。

普段分別ある大人を装っている米人も車の運転となると豹変する人が多いので注意して下さい。

これら対策は基本的にありません。ただ、一つ言えることは、自分の運転が正しければ絶対に無理して速度を上げたりしないこと、相手にいちいち反応しないことです。

ここで何か言い返したり、歯向かったりすると、銃社会である米国では何が起こるか分かりません。自分は日本人、外国人である、ということを強く意識し、何事も冷静に流す、という気持ちが何よりトラブルや事件を避ける近道となります。

車の運転で人が変わってしまうのは万国共通でしょうか。焦らず冷静な対処が重要ですね。

5.水周り、備え付け家電その他

出張者や旅行をする方は気にする必要はありませんが、駐在や留学などで海外に在住する方で注意したいのが、家を選ぶ際の水周りや設置されている家電のチェックです。というのも、日本と違い非常にトラブルが多いです。

例を挙げると、漏電、風呂や洗面台の水詰まり、エアコンや洗濯機の故障、など日常茶飯事です。これはアジアでも欧米でも同じです。

従いまして、海外で住む家を選ぶ際には見た目のきれいさや立地、新旧などだけではなく、水周り(水を出して勢い良く流れるか、お湯はすぐに出るか)、備え付けの家電は古くないか(古い場合は新しく設置してくれるか交渉)などのチェックを必ずするようにして下さい。

後でトラブルが起きて何度も大家と交渉する羽目になります。また日本と違ってすぐに修理や対策に来てくれないので辛い思いをすることになります。

 

いかがでしたか?皆さんのご参考になれば幸いです。

NICKさん、ありがとうございました!

ビジネス出張者向け!おススメ記事!

1

海外に行く時、いつでも連絡を取れるようにしておきたい! そう考える方にとって必須なのが海外Wi-fiですよね。 しかし、海外Wi-fiサービスが普及した今では比較や検討が正直面倒くさく、情報が分からな ...

2

海外出張の際、外出時やどこでも連絡を取るために必要なのが海外Wi-fiですよね。 しかし最近では、多くの会社が海外Wi-fiを提供しており、「どこの会社のものが一番良いか分からない...」というのが実 ...

3

「また来週から2週間ジャカルタだ」、「今月は3回も海外出張が入っている」 近年、企業の海外出張の件数が軒並み増加しており、こんな海外出張者も多いのではないでしょうか?出張準備と移動と現地での食事会と、 ...

4

企業の海外進出など、企業内で英語を必要とする業務が増え、ビジネス英会話を話せる人材への需要も高まっています。 海外で働く人に限らず、国内でも英語力が求められる機会が増えてきました。 皆さんも、その必要 ...

5

海外駐在を経験した、あるいは現在、駐在中の方は、「この経験って有利なのか」「どれくらいの市場価値があるのか」ということを一度は考えたことがあるのではないでしょうか。 海外駐在中に転職を考えた際には、「 ...

-海外人事・海外労務全般

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2019 All Rights Reserved.