海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い

海外経験を活かす(海外→日本)

海外駐在帰りの人が転職市場で求められる理由

更新日:

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。

その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出るほど欲しいものです。

海外経験者の転職活動は、比較的スムーズに進めることができ、高確率でキャリアアップ、年収アップの転職が実現できます。

今回は、海外経験者が転職市場で価値が高まる理由や、海外経験を正しく評価してくれる転職エージェントについて、ご紹介したいと思います。

帰国後の仕事内容に満足いかず、転職を考える人は是非一度ご覧ください。

参考海外駐在経験は転職に有利-海外未経験でも転職は可能

海外駐在帰りのビジネスマンは転職市場において市場価値が高い

海外駐在帰りのビジネスマンは、転職市場で高い評価を得やすいことが特徴です。

海外で新たなビジネスを生み出すのは、海外市場において現場のスキルを学び、現地人を活用したマネジメントスキルと持つ実績が必要です。

しかし、グローバル人材の需要に対する供給は限られています。企業が求めるグローバル人材に必要なスキルを備えた人が少ない点も、海外駐在帰りのビジネスマンの市場価値を高めている理由の一つです。

海外駐在は、日本の企業である程度の経験を積んだ後に派遣されることがほとんどです。現場では積み上げた実績を活かして現地開拓を進めたり、複数の現地人を生かすマネジメントに従事することも珍しくありません。

いずれも即戦略を目的とする転職において求められる能力と言えるでしょう。このように、海外駐在帰りのビジネスマンの市場価値が高い理由の3つ目は、海外駐在で培ったスキルは転職市場で評価されやすいからです。

駐在帰りの海外駐在員が転職市場で高評価な理由

海外駐在を経験したビジネスマンほど、転職市場で人気を集めます。転職エージェントサービスを提供するJACリクルートメントの調査によれば、上場企業が海外駐在経験者を求める求人数は、2009~2010年と2011~2012年の間に約1.5倍に増加しました。

上場企業が海外駐在経験者を求める求人数

上場企業が海外駐在経験者を求める求人数

海外駐在によって得られるスキルは付加価値が高く、なおかつ誰でも駐在員に選ばられるわけではないので人数には限りがあります。一方で、駐在によって得たスキルは即戦力で役立つものばかりなので、転職市場において評価が高まる最大の理由となっています。

駐在先で得られるスキルは希少価値が高い

駐在員として得られるスキルは、日本に居てはなかなか獲得することはできません。

たとえば、異なる文化を持つ様々な人たちを上手にまとめて一つのプロジェクトを完成させるマネジメント能力や、高度な語学力を駆使し現地の人と対等に交渉できるスキルなど、いずれも駐在員だからこそ得られる能力と言えるでしょう。

海外駐在員に選ばれる人材は優秀な人材

海外駐在は誰でもできるというわけではありません。基本的に、社内の厳しい選考を勝ち残った、ごく限られた人数しか海外駐在員の資格は与えられません。海外駐在員に選ばれれるのは優秀な人材と言えます。

海外駐在員の資質として、異文化環境に適応できる順応力が必要です。人は誰しも環境の変化によって不安やマイナス感情を抱きがちですが、精神的に強ければ自らを奮い立たせ、常に前向きな行動を心掛けていくことができます。

駐在先ではプロジェクトをまとめるリーダー的な存在を期待されることが多く、自社の仕事への理解度や豊富な知識・技術が求められます。

海外駐在経験者はそもそも母数が少ない

海外駐在員は社内でも選りすぐりの人のみがなれるため、そもそもの母数は決して多くありません。一方で、JACリクルートメントの調査のように、大企業を中心としてグローバル人材の採用ニーズが高まっていることから、供給に対する需要は多いと言えるでしょう。

労働市場は新卒・キャリア採用に関わらず、需要と供給によって人の市場価値を決定します。よって、供給が少なく需要の多い海外駐在経験者は、労働市場において市場価値が高いということです。

駐在帰りの海外駐在員が転職する理由

駐在帰りのビジネスマンは高度なマネジメントスキルや高い市場価値を持つ一方、帰国後に別の会社へ転職してしまう人も珍しくありません。これまで海外というグローバルな現場で活躍していた人なだけに、帰国後の仕事に価値を見出しづらくなるからです。事実、海外駐在員が帰国後2年以内に転職してしまう割合は、4人に1となります。

日本の仕事で権限がない

海外駐在では慣れない環境で高度な知識・技術を発揮することが求められるため、非常に過酷な現場とも言えます。しかし、駐在中に現地の子会社の社長を任されるなど、強い権限を持つポストに就けるメリットもあります。

海外赴任中に強い権限を持っていた駐在員ほど、帰国後のポストに不満を覚えやすいことも事実です。帰国後は数百人~数千人の一人に戻り、中間管理職など権限が限定されたポストに就くことが多いからです。

帰国後の仕事に権限が少なくなったように感じると、今度は転職して海外駐在中に経験したポストを求めようとするでしょう。転職を繰り返してキャリアアップを遂げるのは悪いことではありませんが、仕事の権限にばかり気を取られてしまうと天井のない出世競争に埋没してしまいやすい点に注意してください。

日本の仕事に新鮮味を見出せない

海外駐在中は、良くも悪くも常に新鮮な経験ができます。自分たちで新しいプロジェクトや事業を立ち上げたり、未開拓の分野にも積極的にチャレンジしなければなりません。

新鮮な仕事にやりがいを強く感じる人ほど、帰国後の仕事に疑問を感じることも多くなってきます。帰国後は駐在中ほど新鮮な仕事は少なく、日々の管理やルーチンワークに忙殺されてしまうからです。仕事に新鮮味がなくなると業務がつまらなく感じてしまい、転職によって駐在中のワクワクする感覚を取り戻そうとする人も少なくありません。

駐在帰りの海外駐在員におすすめな転職エージェント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイクラス向けの求人紹介を得意とする転職エージェントです。30~50代のマネジメント層をターゲットにしているため、駐在帰りの高度なスキルを持ったビジネスマンに適しています。

世界8ヶ国に提携先企業があるため、海外駐在中に現地で新しい志望先の情報を集めることもできます。海外駐在中に転職活動の準備を進めておくことで、帰国後によりスムーズな手続きを行えるでしょう。

JACリクルートメントの評判はこちら

ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズは、外資系や日系グローバル企業の求人を多数取り揃える転職エージェントです。JACリクルートメントと同様、海外駐在経験によって高度なスキルを備えた人材をターゲットとしており、年収1,000万円を超える求人もたくさんあります。

ロバートウォルターズの本拠はイギリスです。ヨーロッパを中心に世界30ヶ国に拠点を持ち、様々な地域で転職サポートを行っています。もちろん海外駐在中でも仕事の検索や応募ができるため、早めの転職準備をするには最適です。

ビズリーチ

ビズリーチもJACリクルートメントやロバートウォルターズと同じく、ハイクラス層向けの求人情報を得意とする転職エージェントです。特に中国や香港、タイ、シンガポールなどアジア圏の人材紹介に強みを持ちます。

ビズリーチはヘッドハンティングによる転職活動が一般的です。転職成功者の8割はスカウトによって新しい職を見つけています。ビズリーチには詳しい自己紹介ができるページがあるため、海外駐在中に得た経験やスキルなどを記載しておくことでスカウト率が高まります。

ビズリーチの評判はこちら

駐在帰りの海外駐在員は転職エージェントに登録してみよう

駐在帰りのビジネスマンは、転職市場において高い人気を集めています。今すぐ転職する予定がなくても、駐在帰りの海外駐在員が市場でどれだけの評価がされるのか、早いうちに知っておくに越したことはありません。

よって、この記事を読み終えた後は、さっそく転職エージェントに登録してみましょう。希望条件や志望業界をエージェントに伝えると、自身の市場価値はすぐに分かります。

また、転職前に以下の情報をしっかりリサーチしておくことをおすすめします。

参考海外駐在者は駐在中に退職手続きすると円満退職しやすい

参考海外赴任者が帰国後対処しなければならない3つの課題

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

海外在住中に転職するために|転職エージェント各社紹介 3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-海外経験を活かす(海外→日本)
-, , , , , ,

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2021 All Rights Reserved.