ワンランク上の海外駐在、海外出張を実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

転職ノウハウ

海外駐在中の転職活動 まずは何から始めるべきか?

投稿日:

海外駐在員の方が転職を希望する場合、現地に居ながらにしてできる転職活動とは、どんな方法があるでしょうか?

基本的には、以下の2パターンがあると考えて下さい。

A:「別の日系企業に転職する」方法

B :「現地ローカルの企業に、現地採用として転職する」方法

海外駐在中の転職というと、ほどんどの方がパターンAを想定されるのではないでしょうか?

今回は、上記A、Bの転職活動の方法について、見ていきたいと思います。

1.駐在中の転職活動の方法

海外駐在員としてその国で働き成果を出してきたことにより、数多くの経験とスキルを身につけられているはずです。それを活かして転職に向けた準備、面接対応をしていけば、そのような経験・スキルを求めている日本企業に対しては非常に有利です。

結論から申し上げると、転職を検討する海外駐在者が、

まずは行うべき転職活動は、「情報収集」です!

自身の経験や実績は他社からどのような評価を受けるのか?

どのような会社が自分の経歴を買ってくれるか?

まずはこのあたりの情報を収集しましょう。

そのためには、日系の転職エージェントに登録をして、スカウト(ジョブオファー)を受けてみることをお勧めします。海外駐在者の中には、このようなスカウトを利用して、いい案件があればいつでも転職を検討できるよう情報収集をしている方が、実は非常に多いです。

下記記事で、駐在者が利用しているスカウト型の転職エージェントをピックアップしていますので、ご参考までご覧ください。

転職エージェント活用法

2018/11/13

【ビズリーチ】海外駐在中でもスカウトが届く?転職経験者の評判・口コミは?

海外経験者の中には、既にヘッドハンティングされて海外に赴任した、という方も少なくないかもしれません。 ハイキャリアのビジネスマンにとって、ヘッドハンターからのスカウトサービスは今や随分一般的になったと思われます。 実は海外経験者は転職市場でも価値が高く、国内勤務者に比べてスカウトを受けられる件数も多いというデータがあり、海外経験者はこのようなスカウトサービスに登録を済ませている人が多いのも実情のようです。 今回は、ヘッドハンティング型の転職サービス「ビズリーチ」についてまとめましたので、ご紹介します。 & ...

ReadMore

転職エージェント活用法

2018/11/13

超ハイクラスポジションのスカウトが届くと評判のキャリアカーバー 特徴・口コミまとめ

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、ヘッドハンターから「超」ハイクラス案件のスカウトが届くと評判の、「キャリアカーバー」の口コミ、評判を集めてみました。 海外関係のポジションも多いと言われる、キャリアカーバー、果たして本当なのか? 海外経験者にお勧めできるエージェントか、確認しましたので報告したいと思います。   目次1.キャリアカーバーの利用者傾向2.キャリアカーバーの特徴、メリデメとはA. 自らヘッドハンターを選ぶことができるB ...

ReadMore

転職エージェント活用法

2018/11/29

【パソナ】海外駐在者の利用率No.1?パソナが海外に強い転職エージェントと言われるワケ

私の海外駐在中の友人曰く、海外駐在者の多くは転職エージェントに登録している、とのこと。 その中でも比較的パソナが人気なのだそうです。 他にも転職エージェントは多数あるのに、なぜ海外経験者にはパソナが人気なのか・・・? 今回は、海外経験者が転職を検討する際に、パソナが人気の理由を見ていきたいと思います。   目次1.パソナキャリアの利用者傾向2.パソナキャリアの特徴、口コミや評判は?A.駐在者の登録率が高い?海外駐在者向けエージェントB.業界屈指の万能型エージェントC.条件交渉や採用後のサポート体 ...

ReadMore

 

企業やエージェントとの面談については、私の知り合いの実例では何人かが海外にいながらSkypeなどを利用してWEB面接をするケースがいくつかありました。

エントリーシートなどはメールなどで提出できますが、面接もインターネットの力を借りてそのような対応をしている企業が数多くあります。

最後は日本に帰国して最終面接だけを受けるパターンが割りと多いことに驚きました。

なお、転職先の候補が見つかった段階で、どのような手順で採用試験を受けられるのか、先に日本に帰国せずに海外にいながら採用になるまで試験を進めることができるのか、などを事前に確認しておくことをお勧め致します。

2.現地ローカル企業への転職

海外駐在員という立場をやめて、現地採用として別の会社に転職するというパターンもあります。

このケースは本社採用の海外駐在員の採用よりも、ぐっとハードルが下がります。

現地採用は基本的には現地法人が人事権を握って採用可否を決定できるため、試験や面接も海外現地法人が行うことが一般的です。

現地採用の場合は海外駐在員とは違い、給与も現地法人から支払われます。

また海外駐在員のような海外手当、日本人学校の学費などは一切つかず、住宅補助、保険なども駐在員とは別の簡易なものとなります。

つまり現地に暮らしている外国人、いわゆるローカルスタッフと同じ位置付けの従業員として採用されることになります。

私が今までお付き合いのあった方々でも、現地採用で転職される方は多くいらっしゃいました

海外駐在員として赴任し、数年そこで働いていくうちに、その国が好きになった方が、本社から帰任命令が出た際に会社をやめて新しく別の会社にその国で現地採用として転職するという例が非常に多く見受けられました。

しかしながら、前述しました通り、海外駐在員時代のような手厚い手当てや給与は望めなくなり、生活レベルが一気に下がってしまうことがほとんどです。

日本本社とのつながりも無くなるため、年金や税金なども自分で管理していかなくてはなりません。駐在員時代とは全く違う生活環境、収入状況になるという覚悟が必要です。

また、現地採用の人材は日本本社とのコミュニケーションよりも現地のローカルスタッフ(取引先含む)とのコミュニケーション能力が問われるため、語学力は駐在員よりも求められることがあります。

この転職のメリットとしては、転職後、確実にその国で働けるということと、帰任などが無いため、解雇されない限り、退職までずっとその国で働くことができるという点です。

このようなケースは、欧米や中国、タイなど、駐在しているうちに、現地が住みやすくなってしまい、また、現地取引先から強く転職を希望されて、、、という方が多いように感じます。

 

ポイント

いずれにしても、駐在中の転職活動の基本は、まずは「情報収集」です。

そのためには、日系の転職エージェントの支援が必要になりますので、まずは、担当者から情報を収集されることをお勧めします。

-転職ノウハウ

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2019 All Rights Reserved.