海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

北米・南米 現地生活情報

【コロンビア】ボゴダの最近の治安動向と安全対策まとめ

更新日:

2016年に邦人男性が殺害被害にあっているコロンビア。

危険なイメージをもつ人が多いと思いますが、安全に過ごすためにはどんな点に留意すればよいでしょうか?

今回は、現地在住のgrgreさんに、ボコタの情勢を記事にして頂きました。

1.コロンビアの治安 最新情勢

2016年以降は、邦人の殺害例は見当たりません。

しかし、スリや置き引き、強盗等の被害は受けているそうです。

コロンビアの国防省の発表では、2018年1月から10月までの殺人事件被害者数は、人口10万人当たり21.2人だったとのこと。

2008年比で41.6%減少しており、過去10年で最も低い水準と言えます。

昔が酷かったようなので警戒はまだまだ必要ですが、治安は徐々に向上しているようですね。

コロンビアの首都ボゴダは、普通に過ごしていると一見、とても平和で陽気な雰囲気です。

魅力的な観光エリアもあり、ぜひ最低限の対策を行って、楽しく滞在してください。

2.スリに合いそうになっても、抵抗しない

コロンビアだけでなく、南米エリアでは特に、スリや強盗に合いそうになっても、絶対に抵抗しないでください。

自分の貴重品は、誰でも取られたくはないものです。

しかし、コロンビアでは抵抗すると命まで奪われてしまうケースがあります。

そのため、抵抗したい気持ちを抑えて、大人しく物を渡してください

ダミーの貴重品を携帯していて、遠くに投げて取りに行かせるというテクニックもありますが、慣れている人以外あまりお勧めしません。

(※2016年に被害に遭われた邦人の方も、強盗に抵抗した結果殺害されてしまったそうです。)

3.危険なエリアを確認しておく

コロンビアのボゴダは、特に平和なエリアと危険なエリアで分かれています。

危険なエリアは昼間の大通りであっても、現地人が「絶対に行くな」というほど。

一般的には北部が安全で、チャピネロから旧市街(ラ・カンデラリア)までに行く大通りが危険です。

しかし、動向は変化するので、近くの現地人やホテルのスタッフ等に確認をとって移動してください。

また、コロンビアに限りませんが、危険エリアは夜が特に危険です。夜に1人で細い路地に入るというような、明らかに危ない行動は避けましょう。

4.ドラッグの誘いに乗らない

コロンビアでは、ドラッグを売ろうとしてくる人が多く見受けられます。

近づかなければ、向こうから何か直接危害を加えてくることは、ほとんどありませんが、仲良くなってから巧みに誘ってくるパターンもあるので、安易に信頼しすぎない方が良いでしょう。

また、稀に飲み物の中に睡眠薬を盛られるというケースもあります。特に現地で仲良くなった人の自宅に遊びに行くことになった時は、ドリンクを注ぐ際に、他の人と同じものを出してくれているか確認しておきましょう。

5.ボゴダ在住の人や日本人宿で情報をもらう

本当に心配な方は、ボゴダ在住の日本人、もしくは日本に住んでいたことのあるコロンビア人と繋がっておきましょう。

ボゴダには日本人宿や、日本語学校がいくつかあるので、一度訪れれば、歓迎してくれますし、現地の情報を丁寧に教えてくれます。

https://www.booking.com/hotel/co/tadaima-hostel-bogota.ja.html

http://www.bogotaacj.com/company.html

現地に行かれる際は、最新の情報を集めつつ、最低限の対策をして、楽しく滞在してください。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-北米・南米, 現地生活情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2022 All Rights Reserved.