海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

東南アジア・インド 現地生活情報

【フィリピン】現地での服装はどうする?犯罪やスリ防止の対策あれこれ

更新日:

まず最初に、日本から出国する前に必ずチェックするのが滞在先の「治安」だと思います。今回は、フィリピンの治安について話していきたいと思います。

1.フィリピンの概況

インターネットから調べられる渡航先の治安はまず外務省のホームページから検索してみましょう。

そして、フィリピンを調べると渡航先について「十分注意してください。」「不要不急の渡航はやめてください。」「渡航は止めてください。」と場所によって色分けされています。(図の通り)

外務省 海外安全ホームページ

(https://www.anzen.mofa.go.jp)

まぁ、パッと見ても黄色のマークが付いてる時点で危ないんだなと分かります。

では、どうすればスリに遭う確率が減るのか?11年フィリピンに住んできてスリに一度も合わなかった方法を教えていきたいと思います。

2.服装

フィリピンに来るとわかりますが、現地の方が主に着ている服はT-シャツや短パンにサンダルといった服装が多いです。中には、仕事柄スーツを着ている方達もいます。

現地の人にとっては「外国人、特に日本人=お金を持っている」という考え方の人が多いです。

私も実際、耳が痛くなるほど「お金いっぱい持ってそう」とか「1ヶ月のおこづかいどれくらい?」とか「奢って」と未だに言われます。まあ、その都度そんなことないよって言い返すんですが、もし日本人がスーツを着て時計を身につけ鞄を持ち歩いてたらどうでしょう?

現地の人から見ればいいカモです。

注意

まずは、出張でも現地の人に近い服装で行動することが重要です。

現地の人みたいに服装を変えられれば1番いいのですが、ちょっとなぁと思う方もいるでしょう。

その場合は、ピアス、 ネックレスそして時計など貴重品は着けない!スマホを持ちながら歩かない、という点を気を付けて下さい。

スリからしてみればスマホやネックレスなんて嬉しいお宝です。引っ張って奪えばいいのですから。

私の知り合いの方で街で歩いていると突然ネックレスとピアスを取られたうえに、ピアスを取った際に耳たぶに傷が付いて病院で縫わなくてはいけなくなったこともありました。

3.バックの持ち方

バックの持ち方ってなんだよと思われると思いますが、これが一番重要になってくるんです。

注意ポイント

バックは何のバックでも前掛けにしてください。リュックサックでもです。

そして、ファスナーもきちんと閉じてください。ボタンやファスナーがついてないバックはあまりお勧めしません。

相手はスリのプロです。 バックを前に持ってくることで自分は警戒してるぞと相手に伝わる上、簡単には取らせないと思わせる事ができます。

また、現金を持つ必要のない場合は1000ぺソから2000ペソまでにした方が万が一とられたとしても被害は最小限にとどめられます。貴重品は家かホテルにおいたほうが安全だといえます。

4.一人での行動

外出時の場合、まだ慣れないうちは単独行動はオススメしません。

色々観光したい、1人でいたいなぁって思うときもあると思いますが、できるだけ現地に長く住んでいた日本人や外国人の方、又は現地の方で信頼できる方たちと一緒にいることをオススメします。

何故ならスリの人達は大体グループでいます。なのでスリをしやすい単独行動をしている人に狙いを定めます。

もう一つ、気をつけて頂きたいのが「ストリートチルドレン」。お店や車の外などどこからでもお金をくれと言いながら近寄ってきます。

子供だからといって油断してはいけません。相手もグループで行っているプロ集団です。

この場合は細心の注意を払いつつ無視が一番です。 たまに暴言を吐いて来る子供もいますが徹底的に無視です。子供を叱りたくなる気持ちも分かりますが、フィリピンは子供に対して寛容で万が一子供に怪我などがあった場合はすぐに大人の責任になります。

なのでここはフィリピンで日本じゃないんだってことを頭に入れて行動しましょう。

5.交通について

 

(トライシクル左 と ローカルバス右)

フィリピンでは電車、バス、タクシー、ジプニー、トライシクルがあります。

出張者の場合は、原則はタクシー移動とし、バスやトライシクルなどはトラブルの元ですので、利用すべきではないでしょう。

タクシーも流しのタクシーは利用せず、ホテルやレストランで配車してもらうほうが車両の追跡が可能ですので、犯罪の牽制となります。

更に最近では、Grabタクシーを使う事も運転手の素性が分かるので有効です。

Grabは金額が乗る前に設定してあり運転手の名前と顔もわかります。そして、自分が乗っているタクシー情報を友達や家族にメール出来る機能も付いています。

流しのタクシーでは、金額をぼったくりされる可能性が大きいのとタクシーの中で起こる犯罪も多数存在するのであまりオススメしません。

左の写真はジプニーです。

ジプニーは日本で言うバスみたいなもので降りるときは「パラ」(降ります)といってどこでも降りることができます。

交通費がとても安くフィリピン人の方はよくジプニーを使います。ルートがジプニーによって違うのでそれだけ気をつけましょう。

フィリピンのバスは主に長距離に使うことが多いです。トライシクルはタクシーの様に場所を言えばどこにでも連れて行ってくれますが 雨の時などはドアがないトライシクルもあるので不便ですし雨に濡れます。

トライシクルやジプニーは、あくまで参考情報です。日本からの出張者は、原則タクシーで移動するようにしましょう。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

海外在住中に転職するために|転職エージェント各社紹介 3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-東南アジア・インド, 現地生活情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2021 All Rights Reserved.