海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

北米・南米 現地生活情報

【ロサンゼルス】現地在住者のおすすめレンタカー会社とレンタカーを借りる際の留意点

更新日:

ロサンゼルスにビジネス出張をする際に、レンタカーを利用したい場合はどうすればいいのでしょうか?

今回は、ロサンゼルスの移動手段、おすすめのレンタカー会社、レンタカーの予約方法、実際レンタルする時にチェックしておくポイントなど、ビジネスに役立つロサンゼルスのレンタカー情報を紹介します。

今回の記事は、現在もLAに在住のbouheさんに記事を書いていただきました。現地の生の声をお届けします。

1.ロサンゼルスの主な移動手段

ロサンゼルスは大都会ですが、バスや電車などの公共機関はあまり便利ではありません。

その為、ロサンゼルスに出張で来た場合はタクシーやレンタカーを利用する事が多いです。

短期滞在の場合や、運転が苦手な方は、ウーバー(Uber)やリフト(Lift)などの配車アプリを使っての移動がおすすめです。

そうでない方も、前もってスマートフォンにダウロード等しておくと便利です。

日本では高級なイメージのウーバーですが、ロサンゼルスでは通常のタクシーよりもウーバーなどの配車サービスアプリを使った方が安いです。(各都市によって若干違います)

また、配車前にアプリ上で料金の確認が出来るので、普通のタクシーと違いぼったくり被害に遭う事もなく安心です。

レンタカーをする必要がある方には、ここから先に詳しくロサンゼルスのレンタカー事情を紹介していきます。

2.おすすめのレンタカー会社

主にロサンゼルス国際空港周辺に多くのレンタカー会社がありますが、その中から、日本語の通じる日系レンタカー会社と、格安で借りられるアメリカの人気レンタカー会社を分けていくつか紹介していきます。

日系レンタカー会社

日系のレンタカー会社は日本語が通じる、また困った時にも日本語で対応してくれる良さがあります。

予約サイトも日本語なので英語が苦手な方にはおすすめです。

参考

・さくらレンタカー(https://www.sakura-rentacar.com/jpn/home

・ワンズレンタカー(https://www.ones-rent.com/static/la/

・OKレンタカー(http://www.okrentacar.net/jp_rates.html

アメリカの人気レンタカー会社

英語に自信がある方はアメリカのレンタカー会社を利用してみましょう。

参考

・エンタープライズ/Enterprise(https://www.enterprise.com/en/home.html

・スリフティ/Thrifty(https://www.thrifty.com/

・ハーツ/Hertz(https://www.hertz.com/rentacar/reservation/

・バジェット/Budget(https://www.budget.com/en/home

3.レンタカーの予約の方法や流れ

ロサンゼルスでレンタカーをする場合は、前もって予約をしておきましょう。

もちろん現地で適当に入ったお店でレンタルもできますが、かなり割高になる事が多いので事前にチェックしておくと良いでしょう。

予約は以下の方法があります。

各レンタカー会社のホームページで予約

日系、アメリカのレンタカー会社、ともに各会社のオンラインサイトで予約可能です。

保険代込みの値段も確認しましょう。

最近では、無料の会員サービスがある会社も増えていて、会員に入っておくと、現地で待ち時間なしで車をピックアップする事が可能です。

英語版のエクスペディアで予約

旅行の予約に便利なエクスペディア(Expedia)というサイトがありますが、こちらのサイトのアメリカ版(英語)では『ホテルとレンタカー』など旅行サービスを同時に予約すると格安になるバンドルサービスがあります

エクスペディアのバンドル検索ページURL: https://www.expedia.com/Vacation-Packages

ココがポイント

エクスペディアを使う利点は、予約の際にいくつかのレンタカー会社の中から、値段や車種などを比べて選ぶ事ができる所です。

エクスペディアなど外部サイトで予約をした場合、「保険に加入しますか?」というオプションが必ず出てきますが、ここでの保険はあくまで外部サイトでの保険加入で、レンタカー会社の持っている保険とは違います。

レンタカーの保険はレンタカー会社のものに入るのが一番信頼できるので、外部サイトでは保険加入せずに、実際レンタカーをする際に保険に加入をするようにしましょう。

4.レンタカーのレンタル時にチェックすべきポイント

レンタカー店に着いたら、予約者の身分証明書(ID)とクレジットカードを出して予約手続きを進めます。

この時チェックして欲しいのは次のポイントです。

ポイント

・保険加入をするかしないか(全加入:フルカバレッジ/Full Coverageがおすすめ)

・ガソリン代を前もって払うか、返却前に自分で入れるか

・希望の車種を決める*あれば予約車以外の車もレンタル可能

・車についている傷の確認

・緊急時の連絡先の確認(事故や車の故障時に連絡する電話番号)

・返却場所の確認

・同乗者で運転する人がいる時は、その人の登録をする*有料の場合もあります(アディショナル・ドライバー/Additional Driver)

英語でのレンタルをされる方は、このような点に気をつけて、レンタカーの手続きをしましょう。

返却時は車に傷がないかをチェックするだけなのですぐに終わりますが、ホリデイシーズンは混むので、早めの返却をおすすめします。

返却時のトラブルは滅多にないとは思いますが、借りた直後に数枚車体の写真を撮っておくと更に安全です。

5.まとめ

今回はロサンゼルス・おすすめレンタカー会社とレンタカーを借りる際の留意点を紹介しました。

ロサンゼルスは車社会のため、移動時に車は必須です。

前もって準備する事で安くレンタカーをすることができるので、出張前にはレンタカーの予約を忘れないようにしましょう。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-北米・南米, 現地生活情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2022 All Rights Reserved.