海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

東南アジア・インド 現地生活情報

【ベトナム】現地ローカルスタッフをマネジメントする上での注意点と付き合い方

更新日:

初めてベトナムに赴任される方で、現地スタッフとどう接していいかわからない、という心配をされている方は多いと思います。日本の文化をどこまで持ち込んでいいのか、誰もが考えることです。

今回は、そんな心配を和らげる記事として、在ホーチミンで日系企業向けにビジネスを展開されいるyouさんに、現地スタッフとの付き合い方の注意点を記事にして頂きました。

1.対等に付き合う

それでは、筆者が実際にベトナム人と接して学んだ付き合い方を3つご紹介します。

1点目は、ありきたりかもしれませんが、若くても、役職が下でも、「対等」な人とみなして付き合う、ということです。

まず、ベトナム人は非常にプライドが高い点は理解してください。

つまり、指示の出し方や距離の取り方には注意が必要です。

ポイント

よくあることは、日本人が、ベトナム人スタッフを無意識に「見下す」ことです。この態度をとれば、スタッフは、指示されたことは最低限こなすでしょうが、それ以上の協力を得ることは難しくなります。

実は、この点は、どの国においても海外進出時の鉄則のように言われてきたことなのですが、この手の失敗事例はあとを絶ちません。特に、日本人の年配の方にこの傾向が強いように思います。

実務を回すことができるのはスタッフ以外にいませんよね。そもそも言葉が通じない国で、日本人ができることなど限られている点、合理性と効率性は異なる点は十分に理解するべきでしょう。

日本人が考える合理性を実行すれば、現地では効率的に進まないことは少なからずあります。自分の考えは一旦脇に置いておき、スタッフがどのように考えているのか耳を傾ける時間を取ることは大切です。

2.仲間として認められる

2点目は、仲間として認められる、ということです。

それは、仕事だけで十分というわけではありません。例えば、ある製造企業の例ですが、出張者が来れば、必ずスタッフとの食事会をしています。コミュニケーションの機会と手段を多様化することで、この企業の運営は他の日系企業と比べて極めて安定しています。

ポイント

この企業のベトナム人マネージャーが社員は「家族」と言っていたことを思い出します。これがベトナム人のスタッフに対する感覚であり、少なからずスタッフが役職者に期待することです。

仕事とプライベートを完全に分けている日本人の感覚では、理解しずらい点かもしれません。ただ、情的な付き合いも求められる点は理解しておいてください。

各スタッフの性格、考え方を含め、彼らの背景を知ろうと努力し、常に気にかけておくこと、適切に業務をフォローすること、コミュニケーションを密にとることは、スタッフとの関係構築には必要なことです。

3.あまり近寄りすぎない

3点目は、上記と矛盾するかもしれませんが、近寄り過ぎない、ということです。

「情」は必要な要素ですが、他方、特に高収入を得るベトナム人の特性として「利害損得」を日本人以上に意識しています。得になることは進んでやっても、一切の損は引き受けたくないと考えます。

長期的に得になることも、短期的に損になるなら、それは嫌がります。

スタッフに情を持ち込み、必要な経験を積ませたいと思っても、それが過剰な要求と取られたり、周囲とのバランスを欠く接し方であれば、去っていくケースも多々あります。

 

ベトナム人スタッフとの付き合い方は、上記3点は意識しておくとよいでしょう。日系企業の中では、距離を柔軟に調整できる方がうまく組織を運営されているように思います。

以上、ベトナムでの現地スタッフの接し方について、ご参考になれば幸いです。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-東南アジア・インド, 現地生活情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2022 All Rights Reserved.