海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

北米・南米 現地生活情報

邦人のメキシコ出張・旅行時の注意点 ビザ・治安・食事などあれこれ

更新日:

2015年頃からメキシコに拠点を出す日系メーカーが増加していますね。それに伴い、現地に駐在者を置く企業も、メキシコに出張に行くビジネスマンも随分と増えたように感じます。

今回は、米国駐在中のRYUさんに、メキシコ出張時に経験した内容についてご紹介頂きました。メキシコと一口に言ってもかなり広大な国であり、場所によって状況が違います。今回、日本人出張者が多い地区のアメリカ国境付近と、一つの都市アグアスカリアンテスを例に挙げてご紹介致します。

なお、メキシコ出張に関しては、メキシコシティで旅行会社をされている日本人の「メヒカーナ」さんにインタビューした別記事もあります。こちらは現地ホテルのお勧め記事がメインになりますが、合わせてご覧ください。

1.ビザについて

メキシコへ日本からの出張のほとんどの方が米国を経由されると思います。基本的には陸路の場合は米国のテキサス州もしくはカリフォルニア州から車での入国、空路では米国の空港からの入国になると思います。

まず注意が必要なのがビザになります。特に陸路の国境一部地域ではメキシコ入国の際にビザの購入(数千円)が必要になります。このビザは6ヶ月間有効で、その間に何度でもメキシコに出入国ができます。

しかしながら、その期限が切れる前に必ず返却をしなければならないという決まりがあります。そのため、次回メキシコ出張に6ヶ月以内に確実に来る見込みが無い場合は、出張から戻る際にメキシコのイミグレでこのビザを返却しなくてはなりません。これを怠ると罰金が発生しますので注意が必要です。

空路の場合は基本的に機内などで配布される簡単な出入国書のようなカードに必要事項を記載し、最後にまた空港のイミグレで出張の度に提出していれば問題ありません。

2.治安について

次に一番心配なのがメキシコの治安状況についてです。特に危険と言われているのが米国国境付近の都市になります。

それら国境付近都市は麻薬密輸入、不法密入国者などを取り仕切るメキシコマフィアのお膝元であり、大きな組織から小さな組織までマフィア同士の抗争が頻繁に起こります。

銃撃戦に発生することもあり、巻き込まれる可能性もあります。

彼らは抗争で武装資金を集めるために、一般人に対しても車ごと強奪、誘拐したりしてきますので非常に危険です。渡航前には必ず事前に、日本人出張者の渡航を控える通達が政府や領事館から出ていないかなど確認することが必要です。

また、可能であれば一番身近な情報を持っているメキシコ出張先の取引先の方から情報を得るのが一番確実です。

国境付近以外の都市につきましても決して治安が良いとは言えませんので、日本とは違う、外国であるという意識を持って行動しなくてはなりません。ホテルについてもローカルホテルの宿泊は避け、国際的に名の通ったチェーンのホテルに滞在することをお勧めします。夜間の街の一人歩きなどは絶対に避けるようにしてください。

メキシコ人は基本的に陽気でフレンドリーであり、日本人にとっても非常に親しみが持てる気質の方々が多いです。しかしながら、ここで油断していると思わぬトラブルに巻き込まれるので、軽はずみな行動は決してしないようにご注意下さい。

3.食事、移動、滞在中について

最後に横断的にいくつかご案内します。まず、ビジネス上でどうしても気になる服装ですが、フォーマルなスーツやネクタイの着用は避けて、ある程度カジュアルな服装を心がけてください

日本企業含む現地企業の方々も気にされないと思います。むしろ日本と同じ格好で訪問すると心配されることさえあります。移動時のタクシーについても、出来る限り流しのタクシーを利用せずにホテルや空港で手配できるものを利用して下さい。

次に出張時の楽しみの一つでもある「食事」についてご紹介致します。

衛生面、治安面を心配される方も多いと思いますので、安心安全なのは大きな有名チェーンホテル内のレストラン、もしくはショッピングモール内などのレストランをお勧め致します。特にホテルのレストランであれば、飲食後に移動の心配も無く、衛生面でも安心ですので特にお勧め致します。

メキシコではメキシコ料理だけでなく、ブラジル料理、アルゼンチン料理、スペイン料理などのレストランも数多く存在しており、日本人の出張者にはとても美味しく人気があります。日本人の口には合わないような独特な味の料理は比較的少なく、肉を中心とした料理が多く、何方様も楽しめると思います。日本人が多く住んでいる都市では日本食レストランもあるようです。

米国と同様路上での飲酒は法律で禁じられているのでご注意下さい。

次に言語ですが、基本的にメキシコはスペイン語圏になっています。そのため、ビジネス以外の日常会話はスペイン語しか通じません。もう少し英語が通じると良いのですが、基本的に街の買物、ローカルレストラン、タクシー運転手などほとんど英語が通じません。そのため、簡単なスペイン語単語帳などを持っていくと同時に、簡単なレベルのスペイン語会話例文を覚えておくと良いと思います。

支払いについて、通貨はペソです。一部米ドルが使える所もありますが、基本的にはペソに両替して現金を持っておいた方が良いです。高級ホテルや高級レストランなどでも日本のクレジットカードが利用できない場合があるのである程度の現金は用意するようにして下さい。タクシーなども現金しか受け付けてくれません。メキシコではトラベラーズチェックの使用はできませんので注意して下さい。また、レストランやタクシーなど利用時には15%前後のチップが必要となります。

最後にメキシコの気候についてですが、国土が広く地域によっても違うのですが、全般的に言える事は乾燥していること、気温の寒暖が激しい、ということです。場所によっては一日の気温で20度以上の差が出ることもあるので、服装についても時期を見ながら事前準備をするように心がけて下さい。春夏でも軽くはおれる服を持っていくことをお勧め致します。

皆さんのメキシコ出張が、安全で実のある旅になりますように!

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-北米・南米, 現地生活情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2022 All Rights Reserved.