海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

東南アジア・インド 現地生活情報

【シンガポール】お酒の飲みすぎに注意!アルコールに関するトラブルで逮捕、拘束!

更新日:

シンガポールでは文化的に、アルコールに対する規制がとても厳しく、もともとアルコールの販売が夜中の12時だったものが、2013年のリトルインディアでの暴動以来、10時半に切り上げられ、更に公共の場での飲酒に関する規制もかなり厳しくなりました。

参考

また飲食店でのアルコールの提供も、基本10時半までとなっており、それ以降にアルコールを提供する場合には、特別なライセンスを申請する必要があります。

そんな中、日本人にまつわる犯罪は、お酒の好きな日本人特有の、アルコールにまつわるものが多いと思われます。以下実例をご紹介します。

シンガポールでの邦人のトラブル実話

酔って大暴れ

2015年、日本人サラリーマンが酔って駅で暴れ、駅員など3人を平手打ちして逮捕。罰金6000ドル。ローカルの新聞にも掲載されている事件です。

日本人コミュニティ内では、裁判官の前で、ムスリムへの改宗をして二度とお酒を飲まないことを誓い、罰金刑だけで終われたと聞きます。

また、別件ですが、2017年頃、日本人ホステスが酒に酔ってマンションロビーで暴れ逮捕されました。仮釈放中に再度つかまり、38週の禁固刑。2回目に逮捕された際の新聞記事を観ましたが、この女性の交際相手が住むマンションのロビーで、「彼氏が中で浮気をしている」と酔って騒ぎ、取り押さえに来た警官の手を噛み公務執行妨害で逮捕されたとのことです。

さらに別件で、酒に酔って暴れた事件があります。

2018年頃、日本人サラリーマンが酔ってタクシーの運転手への暴行で、公務執行妨害罪で逮捕、という事案がありました。8週間の禁固刑を言い渡され犯人は現在も服役中です。(2017年以来、飲酒による暴行事件の処罰がさらに厳しくなったそうです。

日本でもそうですが、正気を失うまで飲んではダメですね。

特に外国であれば、なおさら。現地法に従って裁かれても文句は言えませんので注意しましょう。

わいせつ事件?

2016 年頃、日本人駐在員が、飲み屋の集合商業施設内のトイレにて、わいせつ罪にて逮捕。どのような処罰になったかは不明ですが、建物内の防犯カメラにより、現行犯逮捕だったようです。

また別件ですが2018年頃、出張中の日本人経営者が、ある飲食店にて、現地法人の部下たちと宴会中、シンガポール人の男子学生アルバイトスタッフのお尻を冗談で叩いたところ、男子学生が警察に通報し、日本人経営者は、2週間警察に拘束されました。

軽い冗談のつもりが逮捕されてしまうケースもあります。

海外では、セクシャルに関するおふざけは厳禁と言えるでしょう。

シンガポールは監視社会?

シンガポールの街中には、交番は全く存在しませんが、防犯カメラがあらゆるところに設置されております。そのカメラにより、犯罪も監視されているようです。

ドラッグでの逮捕歴のあるシンガポール人の元同僚の話では、ドラッグをしているところがカメラに写っていたため捕まったと言っておりました。

注意ポイント

また先日聞いたばかりの話ですが、ある駐在員の方の同僚宅に、ある日公的な職員が来て「女性をよく連れ込んでいるようですが」と尋問されたとのことでした。

また驚いたことに、こちらに長く住んでいる知人ですが、家の中で上半身を裸になっていたところ、近所の人に通報されて警察に連れていかれたことがあると話していました。

シンガポールでは公共の場、もしくは家の中であっても公共の場から見える場合は、逮捕の対象になってしまうそうです。

上半身裸でジョギングしている人を良く見かけるので、不思議な気もしますが、状況によるのかもしれません。

日本では犯罪扱いされないようなことが、シンガポールでは積極的に逮捕され処罰の対象になります。

特に出張中の接待で飲酒をする際などは、最新の注意が必要ですので、くれぐれも気を付けていただきたいと思います。

皆さんのシンガポール出張時の参考になれば幸いです。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

海外在住中に転職するために|転職エージェント各社紹介 3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-東南アジア・インド, 現地生活情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2021 All Rights Reserved.