海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

東南アジア・インド 現地生活情報

【ベトナム】ホーチミンでの安全、安心のおすすめタクシーは?配車アプリは使える?トラブル防止策他

更新日:

近年経済成長の著しいホーチミン市内では現在日本のODAによる資金援助により中心部から郊外をつなぐ地下鉄を建設中です。

2020年の開業が待ち遠しい限りですが、その建設に伴い市内中心部では大規模な交通規制があり、車数や人口の増加に伴って深刻化している交通渋滞に拍車をかけています。

今回はそんな移動する人であふれるホーチミンでのタクシーの利用方法を紹介します。

1.安全なタクシー会社のご紹介

流しのメータータクシーで、安心とされる会社は2つです。

ビナサンタクシー(VINASUN TAXI) http://www.vinasuntaxi.com/

※公式ホームページより

メーター式のタクシーで、車体横の電話番号は38. 27 27 27と表示されています。

流しのタクシーがつかまりにくくなっていますので、電話かもしくは専用のアプリをダウンロードしてタクシーを呼ぶことができます。

(ステッカーも張っていますが、白と緑の車体、272727の番号が目印です。)

マイリンタクシー(Mai Linh Taxi ) https://mailinh.vn/

※公式ホームページより

メーター式のタクシーで、車体横の電話番号は(028)38 38 38 38と表示されています。

この会社も電話やアプリを使ってタクシーを呼ぶことができます。また自動車だけでなくバイクタクシーも展開しています。

なお、両社とも車体の大きさによって代金が異なりますが、初乗り12,000VND(ベトナムドン)前後で、メーターは12.0と表示されます。

グラブタクシー(Grab Taxi)https://www.grab.com/vn/

昨今、流しのタクシーを捕まえることが難しくなってきました。携帯アプリの利用が現地では主流になってきており、メータータクシーにありがちな遠回りされた、メーターの読み方を間違えた等、これまで多発していたトラブルも回避できるようになってきました。

主なタクシー予約アプリは、上記のタクシー会社に加えてGrab Taxi が利用できます。

日本にも進出しているUBERを吸収して市場をほぼ独占しているのが、シンガポール資本のグラブグループです。

周辺で待機しているタイプ別の車種や、バイクから希望の車体を選び、出発地と目的地を選択し、金額を確定させてタクシーを呼ぶことができます。

アプリでは予約できたタクシーの所在地と出発地までの経路や時間が確認でき、乗車後も目的地までの経路をアプリで追うことができるため、トラブルを招くことはほとんどありません。

車種は一般的なセダンやSUVとなっておりタクシー用の派手な装飾はないため、社用車のように使えます。

支払いは、クレジットカードでアプリを通して支払い、レシートはメールで受け取れますので経費の精算も後日可能です。

なお、UBERと、GRAB、ベトナムではどちらが利用しやすいか、配車アプリの比較動画がありましたのでご紹介します。(現地の人の感想です。)

2.タクシートラブル回避のコツ

ベトナムでもタクシーにまつわる料金トラブルなどは、少なくなりましたが、発生しています。

以下のポイントに留意して、タクシーを利用するようにしましょう。

最近は少なくなりましたが、今でも悪徳タクシーは先に挙げたビナサンタクシーやマイリンタクシーの車体に似せてペイントを施し、表示する番号だけ変えて営業していることがあります。

注意

乗車の際は、車体横の電話番号が正しいか都度確認しましょう。

また、市内の住所は、地図上で正しく表示されない場合や、同じ通り名で地区が異なる場合、同じような通りの名前、通り名が番号の場合など、一筋縄ではいかない場合があります。

目的地を伝えるもしくはアプリで指定する場合は、できるだけ省略せず、正確に記載し、全てあっているか確認するとトラブル回避ができます。

また口頭で目的地を伝える場合は、ベトナム語の発音が難しく、正確に伝わらない場合がありますので運転手に住所を見せるとよいでしょう。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

海外在住中に転職するために|転職エージェント各社紹介 3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-東南アジア・インド, 現地生活情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2022 All Rights Reserved.