海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

海外経験を活かす(海外→日本)

海外在住者が帰国して就職するための準備と方法-海外在住中にすべきこと

更新日:

海外から帰国し日本で就職する際に問われるのは「海外で何をしてきたのか」です。この実績がはっきりしていなくては、海外勤務経験があっても日本での就職に活かせません。

海外での就職後、多くの人は数年~数十年で帰国します。帰国後の就職では、海外での経験・実績が重要なポイント。自分が海外でどのような仕事をして、何を強みとしているのかをアピールできるよう、日ごろから実績を作るよう心掛けましょう。実績は自信となり、就職への不安を軽減してくれます。

帰国前に日本での就職先を決めておかなくては、帰国後に就職が決まるまでの期間を無職で過ごさなければなりません。いつ仕事が決まるか分からない不安と、貯蓄を取り崩す日々はストレスとなります。そのため、企業に就職する場合は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントを活用すると、コンサルタントの協力によって、情報収集から再就職までのすべてが海外で完結できます。Skypeやzoomを使った面接が一般的になり、わざわざ一時帰国しなくても転職ができる時代です。帰国前にできるだけの準備をして、帰国後すぐに安心した生活が送れるようにしましょう。

海外から帰国して本当に就職できるのか

海外勤務滞在中での考え方そしてその姿勢が大きく影響するといえます。なぜならばそれらは次の転職へのチャンスを多く得る為のベースとなり、キャリア形成に大きく寄与するからです。例えばどの様なスキルが次の転職に有利になるかと日ごろから考え具体的な行動を起こすことが考えられます。もっともスキルは一つだけではなく幾つものスキルを磨けられます。つまり信念に基づき具体的な行動を起こすという姿勢によって帰国してから再就職の可能性を高め自信を深められます。

海外駐在先で成果を上げた人はハングリーさが評価されやすい

駐在先の環境にもよりますが、成果を上げやすい環境になっている必要があります。環境が整っていない場合は、成果を出しやすい環境作りから始める必要があるといえます。例えば特に現地母国語が英語ではない海外では現地語を学ぶ姿勢を見せる事で、現地人との距離を近づけられます。専属の通訳者がいない場合で、英語が得意でない相手とのコミュニケーションでは第三者のサポートが必要なこともあり、何らかの形でそのサポートを得られるように働きかけたり、現地語をある程度理解できるようにしたりする努力は必要です。

語学力よりも駐在先で上げた成果が見られる

しかしながら、言葉は手段であって実務上の実績とは別物と考えなければなりません。英語や現地語がいくら達者であれども、それら言語の先生などそのものを生業としているのでなければ、その事と実務上の実績とはキッチリと切り分けるベキです。雇用契約書などにはジョブディスクリプションなどは記載されていないケースが多く、成果に関しては何をもって成果なのか最初の時点で確認しておくべきと言えます。なぜならば、自分でコレは成果となる仕事だと思い込んで取り組んでいても実際は、会社の求めている成果ではなかったと言われてもあとの祭りです。

キャリアの振り返りは常に必要-スキル・強みを把握して伸ばす

いずれ帰国するのであれば、具体的な帰国プランを設定して、それに合わせる形で帰国して再就職できるようにするのがオススメです。帰国プランに合わせ再就職するのであれば何年も前から再就職の準備をしていくと成功の確率は上がります。日本に拠点のあるグローバル企業で海外勤務先にも拠点があればその拠点から電話会議システムを通して要請があれば面接もできますし、現在は自宅からリモート面接も可能なため応募できる所があれば思い切って応募して面接に漕ぎつけることを先ずは目指すべきです。もし面接にたどり着き内定を獲得できたとしても最終判断で断る事もできます。この方法のメリットはレジュメ作りや面接慣れすることで転職できやすい体質づくりができることです。転職の切れ目なく日本への切符を確実に手にするには、つねに転職へのフットワークを軽くしておく必要があります。レジュメは最低数カ月に一度程度で更新しブラッシュアップしていくことで再就職先の選択の幅と成功確率があがるのです。

語学力を身につける-海外経験=語学が一般認識

語学力を身につけることはプラスになりますが、特別な理由がない限り英語以外の言語はあまり仕事に生かせると考えないほうがよさそうです。間違いなく現地が英語を母国語としない国であったとしても、英語によるコミュニケーション能力を継続的に伸ばすことは一生無駄になる事はなく非常に有用です。英語を母国語としない海外でも海外だからこそ他の外国人に負けまいと英語を伸ばさなくてはと考える人も多いのではないでしょうか。とくに日本人は諸外国と比較し英語が不得意で劣等感がある人が多いので。英語がある程度自在に使えるようになると応募できる企業も日本国内であっても少なく見積もっても2倍以上になり、かつ第三国での再就職の可能性も格段に増える為とても有利になります。

帰国する前に転職エージェントを活用して無職期間を作らないようにしよう


▲帰国前の就活スケジュールのイメージ

助走期間は3年程度とっておいた方がいいでしょう。例えば、現地目標滞在期間を5年と見積るなら滞在して2年経過後から、複数の転職エージェントに登録していき、用意していたレジュメをたずさえ転職マーケットでどの程度自分の需要があるのかを徐々に知っておくべきです。社会情勢も毎年変わって行くため、タイミング悪く経済危機と重なると容易に再就職先が見つからない可能性もあるからです。

海外在住でも登録できるおすすめエージェント3選-ニーズ別に選ぼう

海外から帰国してスムーズに就職するためには、まず転職エージェントを見つけるところから始めなくてはなりません。
技術職や専門職など、高いスキルをもっている人や、高収入を目指したい人など、それぞれのニーズに合ったエージェントを見つける必要があります。

海外在住でも登録できる、広く認知されている3つのエージェントの特徴を見てみましょう。

1. 管理職・技術職・専門職転職のエキスパート-JACリクルートメント


JACリクルートメント

JACリクルートメントは一定水準の高さのキャリアを所有していないと、案件を紹介してもらえない可能性が高いです。特に自動車業界など特定の分野における技術の専門性や高いマネジメントスキル、そして英語でのコミュニケーションスキルなどの語学力が求められます。そしてエージェント担当は特定の分野ごとに割り振られていて一定数との企業と連携し求める人材をヒアリングしています。その為企業の求める人材とのマッチングがあまりとれないと担当者が判断した場合は紹介してもらえないわけです。レジュメは経験値をキチンと認識する為に特定のフォームにて提出するように要求されます。その為に採用後のミスマッチが発生しにくいと考えられます。

2. 高収入案件が多数あり求人件数も多い-ビズリーチ


ビズリーチ

ビズリーチも同様にハイキャリア所有者向けのエージェントといえます。所有スキルとの関連もありますが収入もある程度高水準で無い場合は、審査が通らない可能性が高くなります。明確な基準を設けている訳ではありませんが、およそ年収700万円程度がその境界の目安。通常は会員登録して求人案件を確認する事は無料で行う事ができますが、応募する場合は会員にならないと基本的には応募はできません。時々キャンペーンで限定的な案件数の案件に応募できます。ビズリーチではプランとしては無料プランと有料プラント区分されており、次の様に明記してあります。

有料プラン(プレミアムステージ)

無料プラン(スタンダードステージ)

全てのスカウトの閲覧・返信、求人の閲覧・応募が可能です。ビズリーチを最大限活用して、転職活動を進められます。

「プラチナスカウト」のみ閲覧・返信が可能です。また応募については、公募・特集求人などの特別な求人のみ可能です。

タレント会員 30日間コース 3,278円(税込)の一括払い

ハイクラス会員 30日間コース 5,478円(税込)の一括払い

(引用:ビズリーチとは/ビズリーチ)

3. 女性の転職に強い総合型転職エージェント-パソナキャリア


パソナキャリア

女性の転職に強いだけではなく、年収や業界を問わない20代から定年近辺までの万人向けのための優良エージェントといえます。またレジュメや面接対策などのサポート体制が整っています。しかし案件数としては再大手のDODAやリクルートエージェントには及びません。ある程度時間が経過すれば一定数の案件が新たに出て来るので他のエージェントと併用することでこの問題を解決できるのではないでしょうか。

海外で働いた期間があるだけでキャリアアップは望めない-ポイントは意識化

応募先の企業が求める人材は、100社100様であり求めているものが採用側のキーパーソンによっても状況が異なってきます。その為、重要な考え方としては海外で仕事を経験する事でどの程度国内のみで仕事してきた人との差別化ができるかが一つポイントといえます。

常に差別化を意識して仕事をする

海外勤務期間中は、常に国内で働く人との差別化を意識しながら、仕事に取り組むとよいでしょう。
例えば、海外で仕事している場合は国内で仕事する場合と勝手が違い、コミュニケーションが思い通りにいかない場合があります。
そのような障壁や問題とどのように向き合い解決したかについては、間違いなく人間的に成長しており、転職でも多かれ少なかれプラスになるでしょう。
仮に同じような状況に直面したときには、比較的容易に解決することができるはずです。

また、一つの問題を解決する方法は幾つもあり、例え同じような状況でも別の解決アプローチがあり得ます。さまざまな問題解決手法も身に付くため、同じような境遇にある人を経験に基づきしっかりサポートすることもできるようになります。応募先の企業ではどのような人材が欲しいのか、明確な人材像を確認しましょう。

常にチャレンジ精神を意識して仕事をする

常にチャレンジ精神を意識して仕事をすることは、とても大切です。
海外勤務に限った話ではありませんが、漫然と仕事をこなすだけではなく、さまざまなことにチャレンジすることで課題が発生します。解決困難な問題に直面したときに、どのように向き合ったのかという姿勢と解決方法は、必ず糧になります。そのようなチャレンジ精神と経験をアピール材料とすれば、内定を直ぐに獲得できずとも、諦めずに何度も応募し続けることで内定獲得のチャンスが増えるでしょう。どこに何度応募しようと個人の自由で、法律的に権利としても守られています。そして、内定獲得できた段階で内定を受理するか断るかを判断すればよいのです。

海外から帰国して就職するなら転職エージェントの活用がおすすめ

採用側は採用人材の新しい職場における適応性を考えますが、職場で多国籍人材が多い企業の場合には、さまざまな価値基準を持ち合わせている人材が入り混じっています。多様なバックグラウンドのある職場、そして職務経験が豊富にある人材は、そうでない人材と比較して有利になるのです。

帰国前の転職活動をより有利にするために、転職エージェントを活用し、あなたの強みをアピールしていきましょう。

他の人と差別化できる海外で得た自分だけの体験は、今後のあなたの力になります。

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

海外在住中に転職するために|転職エージェント各社紹介 3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-海外経験を活かす(海外→日本)

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2021 All Rights Reserved.