海外経験を活かして年収アップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

東南アジア・インド 現地生活情報

【マレーシア】出張時に食べておきたい!クアラルンプールで食べれるおすすめのマレーシア料理

更新日:

次回の出張はマレーシアなんだけど、マレーシア料理って何だろう?

と疑問に思っている方もたくさんいらっしゃるかと思います。

そもそもマレーシア料理っておいしいのか?どんな料理なのでしょうか?

今回は、出張時に楽しんでいただける、おすすめのマレーシア料理を紹介します。

1.板麺(パンミー)

パンミーとは、小麦粉・卵・水でこねたうどんのような麺です。

麺の種類もいくつかあり、細いうどんに近いもの、平たくきしめんのようなもの、ちぎれた餃子の皮のようなものなどがあります。

パンミーには、スープとドライの2種類あります。

スープは、透明なスープに麺が入っているうどんのような見た目です。味はあっさりしていて、二日酔いの日に食べたくなるようないつでも食べれる味です。

ドライは、まぜそばのような内容で温泉卵・肉ダネ・小魚の揚げたもの・謎の葉っぱ・しいたけなどをお箸でぐるぐる混ぜてから食べます。

ポイント

写真は、「JoJo little kitchin」というチェーン店のドライチリパンミー(平たい麺)です。

お値段は約10リンギ(270円)

ここのお店はチェーン店なので結構色々なところにあり、味もすごくおいしいのでおすすめです。

辛いのが苦手な方や自信のない方は、店員さんに「ノーチリ!」と言えばチリがないものを提供してくれます。チリは各テーブルにあるので後から足せます。(写真右のビンに入っている赤いもの)

ちなみに写真のものは、ノーチリ・ノーベジ(謎の葉っぱ抜き)のドライチリパンミーの画像です。

謎の葉っぱは、本当に謎でその辺の木から取ってきたような葉っぱが入っています。少し苦味がありますが、特にまずいというわけではないので一度食べてみるのもありです。

パンミーは両方とも日本人に人気があるので、非常におすすめです。

2.チキンライス

あのオムライスの中に入ってるやつではないですよ。

マレーシアのチキンライスは、茹でた鶏と鶏の出汁たっぷりの茹で汁で炊いたご飯のセットのことです。茹でた鶏には甘辛いソースがかかっており、鶏肉をご飯に乗せながら食べます。

茹で汁で炊いたご飯と鶏肉のコンビネーションが抜群で毎週食べたくなる一品です。

参考

クアラルンプール近辺で有名なところは、チャイナタウンにある「南香飯店」です。

ただ、こちらのお店は営業時間が10:00-15:00なのが少々難点です。チキンライスはショッピングモールのフードコート・屋台・空港でも食べれるのでご安心ください。

参考:フォートラベル 南香飯店

https://4travel.jp/overseas/area/asia/malaysia/kuala_lumpur/restaurant/10425728/

3.肉骨茶(バクテー)

こちらも日本人に人気のあるマレーシア料理です。

シンガポールにもバクテーはありますが、マレーシアのバクテーは味付けが違います。

特に出張者が来たときには、必ず連れて行くほど人気です。

バクテーとは、スープとドライがあり、両方とも豚肉がメインの料理です。両方ともおいしいのである程度の人数(3人以上)で行き、二つとも注文して両方とも楽しむのがスタンダードです。

スープとドライどのように違うのかをご説明します。

まずスープですが、醤油ベースのスープの中に漢方が入っており、そのスープで豚肉を煮込んだ薬膳料理です。漢方が入っているので、少しクセがあるのですが日本人受けは抜群です。

次にドライですが、豚肉・オクラ・唐辛子などを甘辛いソースであえて土鍋で炒めたものです。熱々の土鍋の状態で提供されるお店もあります。味は唐辛子が入っているのでピリ辛で、ご飯にすごく合います。

どちらか片方だけというのはもったいないので、両方挑戦することをおすすめします。

4.ナシレマ

マレーシアの国民食といわれている料理で、ココナッツミルクで炊いたご飯に揚げた小魚・鶏肉・ピーナッツなどをサンバルソースと呼ばれる赤い辛味ソースと混ぜながら食べます。

国民食と呼ばれるだけあって、ナシレマを食べるお店を探すのに苦労することはないと思います。

お店によって、ご飯以外のラインナップが変わったり、自分で選んでアレンジできるお店など様々です。現地の日本人におすすめのお店を聞くとあ、そこがおいしいよと教えてくれるかもしれません。

5.番外編

こちらではご飯ではないけれども味わってほしいものを2つ紹介します。

まず1つ目はホワイトコーヒーです。

このホワイトコーヒー簡単に言うと、すっごい甘いカフェオレです。ただ何ともいえないおいしさがあり、はまる人はめっちゃはまります。

「Old Town White Coffee」というお店が一番有名なチェーン店で、空港やショッピングモールなどどこにでもあります。ちょっとカフェに行こうかなと思ったときに、スタバではなくこちらも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

(Old Town White Coffeeの店舗外観)

2つ目はKFC(ケンタッキー)です。

ケンタッキーなんてどこも一緒と思うでしょう。

しかし、マレーシアのケンタッキーの鶏肉は世界一おいしいといわれています。

その理由は、イスラム教の国というのが関係してるそうで、イスラム教の鶏肉の処理方法がおいしい鶏肉の秘訣らしいです。

そんなKFCでおすすめのメニューが「cheesy wedges」(写真左)

はいポテトです。鶏とちゃうんかいという突込みが飛んできそうですが、このポテトにかかっているチーズソースが本当においしいんです。

めちゃくちゃジャンキーなメニューですが、ジャンキー大好きという方は是非お試しくださいね!

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

-東南アジア・インド, 現地生活情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2022 All Rights Reserved.