海外経験を活かしてキャリアアップを実現するための情報サイト

海外勤務のすすめ

海外で働く(日本→海外) 駐在者向け情報

海外駐在が不安な人に!海外駐在を前向きに考えられる駐在のメリット5選

更新日:

古くは、大手メーカーや総合商社の社員が中心であった「海外駐在員」でしたが、日本企業の海外進出の加速とともに、中小企業などでも駐在員を置くケースが増えています。

駐在員と言えば、「選ばれたもの」というイメージがありますが、駐在が一般化してきたためか、「海外駐在に行きたくない」という方も増えているように感じます。

駐在の辞令がでて、気分がドンヨリしてしまっている方もいるのではないでしょうか?

そんな方のために、今回は、前向きに駐在を考えられる、駐在のメリットについてご説明します。

1.海外駐在に行きたくない人が前向きに考えられる 駐在のメリット

?それでは、駐在に行きたくなる(?)ような、駐在の魅力をいくつか挙げてみましょう!

1.所得面での優遇

まず、最初に挙げられるのが「所得面」、「手当て」のメリットです。

よく言われますが、駐在員は日本で働くより高給取りになります。

会社の都合で、海外勤務を命じられる従業員に対して、ほとんどの企業が、「海外勤務手当」「住居手当」「「家族手当」「教育手当」「危険地手当」などを提供しています。

そのため、一般的に年収・給与は、1.5倍程度になるとも言われています。

ただ、昨今では国内勤務者とのバランスから、海外駐在者が過度に利益を享受しないような規程を定める企業も増えています。

この辺りは会社の方針になりますが、一般的には駐在員の金銭的メリットは大きいでしょう。

2.語学力の向上

現地の言語を使って仕事をするため、語学力の向上が期待できます。

企業によっては異なりますが、多くの場合、現地の人と一緒に働くことになるので、英語や現地の言語を使ってコミュニケーションを取ることになるからです。

現地の他企業との取引や交渉、生活も必然的に現地語となり、帰国する頃には丁々発止でビジネスができるくらいの語学力は身につくと考えられます。

3.マネジメント経験

駐在員は、日本の代表として、現地子会社で現地スタッフをまとめ上げる役割を期待されています。

そのため、若くても駐在員となれば何かしら役職が付き、現地スタッフの部下を持つことになります。

また、「外国人従業員のマネジメントを経験できる」「外国事業所の立ち上げや経営戦略に携わる」ことは、日本にいるだけではなかなか経験できません。

つまり、グローバル時代に、世界中のどこでも生きていける人材へと成長するチャンスとなります。

このため、駐在員は帰国後も大きなチームを任せられたり、別の国で、さらに重要なポジションに就くことも多いのです。

4.人脈が広がる

駐在員は、日系企業の看板を背負っていることで現地の有名な方々と出会う機会が増えます。

会社の代表として社交の場に参加し、政財界の重要人物と出会うこともあります。

また、仕事を通じて、一緒に働く日本人スタッフや現地スタッフとのつながりを深めることもできますから、国内勤務と比べて人脈が広がることが期待できます。

国内にいたときにはコンタクトを取らなかった部署との連絡を取る機会も多くなりますので、社内のネットワークも広がるということもあるでしょう。

また、その人脈を将来的に仕事に活かすことがあるかもしれません。

5.視野が広がる

海外での生活は、日本とは全く違う新しい環境になります。

オフィスや同僚や仕事関係の付き合い、現地などの友人など、人付き合いも含めた大きな変化が起こることでしょう。

むしろ、新しい環境は自分を変える大きなチャンスになると思います。

異なる文化の中に身を置くことで、広い視野を持つことが期待できます。

例えば、現地で売りたい商品を、日本で当然と考えてきたマーケティング戦略が通用しなかったけれど、現地の人の考え方や行動パターンを分析した結果、適切な戦略を見出すことができたという事例もあるようです。

つまり、所変われば品変わるという、ことわざ通り、身をもって実感することができるのです。

2.そもそも、海外駐在の最大のメリットは?

ここまでは、海外駐在のメリットを並べてみました。

お気づきのかたもいらっしゃると思いますが、

海外駐在の最大のメリットは、「駐在経験は年収アップに繋がる!」という点だと思います。

前述の通り、重要な海外のミッションを経験した駐在者は、帰任後に重要なポジションに就くケースが一般的です。

駐在することは、自分の年収を上げる機会になるということです。

また、これは自社だけの話ではありません!

実は、海外経験者の転職市場での価値は、非常に高いのです。

赴任国へ進出したい企業にとっては、喉から手が出るほど欲しい人材なので、海外経験者が転職エージェントに登録すれば、様々なオファーを受けることになります。

個人的には、駐在はステップアップの機会、会社が与えてくれた機会と思って、大きな問題がない限りは「赴任すべき」だと思っています。

経験上、きっと将来いってよかったと思えると思います。

3.まとめ

いかがでしたか。

ここまで、海外駐在に行きたくない人のために、前向きに考えられる駐在のメリットをご紹介しました。

海外勤務は、国内ではなかなか経験できないキャリアを積むことができ、ビジネスだけではなく、一人の人間として大きな成長につながる可能性があるという点では、非常に魅力的だといえます。

海外勤務を言い渡される方は、企業側が優秀な人材と認めて抜擢することが多いです。

もし駐在の辞令があった際は、自信をもってトライしてみてください。

それでは!

海外経験者におすすめの転職エージェント 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントです。世界8ヶ国の提携先企業とネットワークを結んでおり、元々外資系ということもあるため、海外経験を活かせる案件は多数保有しています。JACリクルートメントの強みでもあるハイクラス層向けの求人が多くなっているため、国内外の部長職以上のポジションが期待できます。海外経験を活かす転職の際は、押さえておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、海外帰任後の収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて使うと良いでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

1

転職エージェントに登録しても、結果的にうまく使いこなせない方も多くいらっしゃいます。 それは、ご自身の転職への本気度、切迫度にもよりますが、実はエージェントとうまく付き合うコツがあるのです。 ・とりあ ...

海外駐在帰りの人は転職市場で引く手あまたであり市場価値が高い 2

結論から言えば、海外駐在員は、転職市場では非常に高い評価を得ることができます。 その理由は、駐在先での外国人のマネジメントや現地での交渉などの経験は、同地に進出している企業や、同業企業は、喉から手が出 ...

海外在住中に転職するために|転職エージェント各社紹介 3

日本帰国後の仕事探しを、海外在住中から活動するためには転職エージェントの利用が必須です。 在住者に対応している転職エージェントは多数ありますが、自分にあったエージェントを選択することが重要です。転職に ...

4

皆さんは駐在希望者の人気No.1の赴任先をご存知ですか? 2013年の英国人材紹介会社のハイドロジェン社の調査によると、トップ3は、 1位)米国 2位)英国 3位)オーストラリア  という順のようです ...

5

「海外勤務のすすめ」では、海外経験者の転職活動に最適なエージェントを、随時調査していますが、今回は、海外案件や外資系求人が得意と言われる「JACリクルートメント」の口コミ、評判を集めてみました。 海外 ...

6

海外駐在後、日本に戻って半年以内に転職または退職する人が多いと言われています。 海外経験者が実際どれだけの人が赴任期間終了後すぐに退職しているのでしょうか。 ポイント 実は、4人に1人の割合で帰任後2 ...

-海外で働く(日本→海外), 駐在者向け情報

Copyright© 海外勤務のすすめ , 2021 All Rights Reserved.